アラフォーの婚活が厳しい理由とは

【相談者:30代女性】
交際経験のないまま三十路を越えて、アラフォーになってから婚活を始めました。でも、出会う男性みんなワケアリで、なかなか結婚を考えられません。条件の良さそうな男性はいないし、散々な目に遭っています。私はどうすればいいのでしょうか?

a 自分の市場価値を知ろう! すべての権利を持っているわけではない。

ご質問をありがとうございます。西洋占星術研究家の加藤かとるです。

あなたのお悩みは、結婚相手を探しているのに、ワケアリなタイプにばかり遭遇し、なかなか結婚を決意できるお相手に出会えず、これからどうしようかということですね。

こう言うのは厳しいかもしれませんが、あなたが知るべきことは、“世間的に置かれているあなたのポジション”と“自分の相場”です。

あなたの質問文を拝読いたしますと、まるで“自分がすべての選択権と決定権を握っている”かのような印象を受けてしまいます。しかし、それは本当に真実なのでしょうか? 選んでいるつもりが、実は選ばれていることに気づいていないだけなのではありませんか?

141217katou

みんなワケアリのままアラフォー婚活するもの

まずお伝えしたいことは、「アラフォーで婚活する人はみんなワケアリ」ということです。条件の良い人は、みんな20代から30代前半までに売り切れています。

アラフォーくらいの年代になると、加齢や社会的情勢の変化によって、若い人と同じようにはいきません。どこか傷を抱いて、結婚を目指しているのがアラフォーの婚活です。

国勢調査の衝撃的な結果! 恋愛経験の少ない人は注意!

2010年の『国勢調査』によると、以下のような結果が出たそうです。

『40歳を超えると(伴侶を得る)状況はますます悪化する。男性は全体の0.4%、女性は0.5%で、45歳以上では、男女とも全体の0.1%しか配偶者を見つけられなかった。晩婚化というより、35歳を過ぎてからの結婚は、男女ともに不可能に近いことが分かる』

衝撃的な結果ですが、現実はこのような数字によって表されています。

なお、結婚コンサルタントの大橋清朗氏は、結婚氷河期に至った理由について、『昔に比べて独りでいることに世間も寛容になったなど、時代の影響も大きい』としたうえで、最近の35歳以上の未婚男女には大きな特徴があると話します。

『35歳を過ぎて結婚していない方の多くは、20代に恋愛よりも趣味や仕事に没頭した方です。いままで交際した経験が少ない分、自分が見えていない方が非常に多い。男性なら、若くてかわいい女性を、女性なら、年収が高くてイケメンなど、自分よりスペックの高い方を求める傾向にあります。結局は「自分の相場が分かっていない」のです』

異性から結婚相手としてどう見られているのか、ご自分を見直してみるのも“自分磨き”になって良いかなと思います。

選択肢を広く持とう! 長い目で人生を見つめてみて!

結婚には様々な試練や変化があります。結婚とはまさに“人生のあるスタート地点”です。そこに憧れのような夢を抱くより、早めに現実を知って、結婚以外の選択肢を知っておくのもアリかなと思います。

結婚に求められるのはやはり、“適応力”です。頑なに理想を維持するより、愛せるお相手を見つけて、長い目で人生を見つめられるような余裕も必要かなと、筆者は考えました。

【関連リンク】
年下男性の結婚対象になる女性の特徴
素敵なアラフォー男性が独身のままでいる本当の理由3つ
海外旅行先で恋の出会いをつかむ下準備5つ

●ライター/加藤かとる(西洋占星術研究家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (13)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする