「食べないダイエット法」が太る理由

【相談者:30代女性】
OLをしているダイエッターです。昔は2〜3日食事量を減らすだけですんなり体重が減ったのに、最近はあまり食べなくても体重が減らなくなってしまいました。お腹周りのお肉やたるみが気になります。野菜やヨーグルトだけで過ごしたり、食事を酵素ドリンクに置き換えたりしているのですが、全く効果がありません。

30代になったらダイエット法も変えなければならないのでしょうか。

a 気をつけて! 食べないのに痩せない体になっているかも!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

オフィスワーカーの場合や、運動不足を実感している場合、とにかく“食べない”ことでスリムな体型をキープしたい、と思ってしまいがち。

しかし、過度な食事制限が原因で、さらに太りやすい『低代謝スパイラル』に陥っている可能性があります。私たちの体は食べたものからできています。必要な栄養が不足すると、痩せないだけでなく、たるみやしわなど様々な“ブサイク要素”を増やしてしまうんです……!

141216nao

“食べないのに痩せない女性”が急増中!

『ウーマンウェルネス研究会supported by Kao』が、全国の20代〜60代の女性1,030人に行った、“女性の生活習慣と健康意識”についての調査によると、8割もの女性が、「お腹の脂肪」や「代謝の低下」「脂肪のつきやすさ」を気にしていることが判明。

このうち、「過去1年間にダイエットをした経験がある」と答えた女性は、56%にのぼりました。彼女たちにダイエット法を聞くと、「運動せずに、“食事制限だけ”のダイエット法に取り組んだ」という人が65%も。

恐ろしいことに、81%もの人が結局はダイエットに失敗したり、リバウンドしたりしていることが判明しました!

過度な食事制限が引き起こす『低代謝スパイラル』

この調査結果に対して、『ウーマンウェルネス研究会』のメンバーである、整形外科医・スポーツドクターの中村格子氏は、以下のように述べています。

『生活習慣の乱れや食事制限に頼ったダイエット法により体内の筋肉量が落ちていく「筋肉枯れ」が代謝低下をもたらし、結局は脂肪燃焼に至るどころか太りやすい体質をつくる「代謝低下スパイラル」が問題である』

“代謝”とは、食事から取り入れたエネルギーや栄養素を体内で使ったり、消費したりすること。余分な脂肪をなくしたいなら、今体内にあるエネルギーを消費する必要がありますよね。「だったら、食事をとらなければ体内の脂肪を使ってくれるのでは?」と考えがちですが、実はここに落とし穴が。

代謝を高めるためには、エネルギーを消費してくれる“筋肉”と体内を動かす“栄養”が必要不可欠です。

運動をせずに食事だけ減らせば、一時的に体重を落とすことが可能ですが、食事からとれないエネルギーを補うために筋肉を削ってしまいます。また、体内活動をスムーズにするためには栄養が必要ですから、栄養不足が続けばそれだけ体内の活動量が低下することに……。

“食べない”だけで体重を減らすと、結果的に体内の代謝を低め、消化や吸収の力も弱めてしまいます。すると、食事からとった栄養も使いこなせず溜め込むことに。この状態が続くと、食べないのに“痩せにくい”、食べると“太りやすい”体質、『代謝低下スパイラル』に陥ってしまいます。

食べていないのに痩せない……そんな場合は、体内が低代謝状態になっている可能性大!

メリハリボディは“食べて”育てる!

世の中には、『置き換えダイエット』や『酵素ドリンクファスティング(プチ断食)』など、食べる量を減らしてスリムな体型を育てる方法がたくさん出回っていますが、ダイエット中でも体内代謝に必要な栄養をしっかりと補給しなければ、健康的で引き締まった体は手に入りません。

また、食事制限だけでは体重や体脂肪を減らすことはできても、体を引き締めることは不可能。体にメリハリをつけるのは筋肉です。代謝UPにも筋肉が重要ですから、運動やストレッチを取り入れてくださいね。

置き換え食品も、ファスティングに用いられる酵素ドリンクも、工夫次第ではダイエット効果を飛躍的に上げることができるもの。一時的に食事量を減らして内臓を休ませ、老廃物を排出させることは、ダイエット効果を加速させるために非常に効果的です。

気をつけたいのは、食べない期間を“長期間続けること”。1週間前後のファスティングや置き換え食品などで日頃の食べ過ぎをリセットしたら、筋肉を育てる『たんぱく質(肉や魚、卵、大豆食品など)』や体内のはたらきを活性化させる『ビタミン(野菜や果物)』をしっかり摂取しながら、筋肉を育てる運動を取り入れることが重要です。

痩せたいからと過度な食事制限を続けては、どんなに頑張ってもキレイになれない残念な体質になってしまいますよ……!

【関連コラム】
毎朝のりんごから始める“新ダイエット法”
冬の体調不良を解消するヨガのメリットとは
美容のために守るべき“食事のルール”5つ

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする