お金と時間の無駄! パチンコにハマる理由と脱依存する方法3つ

【相談者:20代女性】
彼氏がパチンコ(パチスロ?)をやめてくれなくて困っています。休日や仕事終わりにも行っているようで、お給料はほとんどパチンコ資金に。勝っているのか負けているのかもよくわからないのですが、ご飯もあまり食べていないようです。どうすればパチンコをやめてもらえるでしょうか。

a 誰でも『依存症』になる可能性が。悩んだら専門家に相談を。

ご質問ありがとうございます。放送作家の坂上小豆堂です。

僕も以前担当している番組で、“パチンコ依存”について特集したことがあるのですが、パチンコ・パチスロ依存は誰にでも起こりうる問題。いわゆるハマってしまう、ハマりすぎてしまう人もいるのです。

141216sakagami

なぜパチンコ・パチスロにハマるのか?

(1)環境……パチンコ屋さんは身近なところにあり、年中、朝から晩までやれる環境にある。
(2)お金……短時間で苦労せず大金を得ることができる。
(3)脳内物質の働き……近年、研究が進み、よく言われているのがこの脳の働きです。

パチンコで大当たりすると、脳から大量の『ドーパミン』や『β-エンドルフィン』といった神経伝達物質が分泌されます。

『ドーパミン』は、パチンコで興奮すると大量に放出され、人はその気持ちよさを得たいがために、またパチンコをしたくなります。『β-エンドルフィン』は、放出されるとストレスを緩和し、安心させる働きを持ちます。大当たりすると大量に放出され、その“ほっとした”感を求めて、パチンコをし続けてしまうのです。

どちらも『脳内麻薬』と言われる物質で、それが依存の原因とされています。

“遊び”を超えた『依存』かどうかをチェックするには?

パチンコ・パチスロの依存問題を解決したい人のために設立された、非営利相談機関『リカバリーサポート・ネットワーク』のHPに、こんなチェック項目が掲載されています。

次のうち、ひとつでもあてはまれば『依存』かもしれません。

・パチンコをするためにウソをついた。
・使ってはいけないお金を使ってしまった。
・負けを取り返そうとして止められなくなった。
・やり始めると、時間や金額がわからなくなってしまう。
・パチンコをするためにお金を借りた。
・パチンコが原因で大切な人とケンカになった。

相談者さんの彼氏はどうでしょうか。この団体では、本人や家族からの無料電話相談(通話料別)も受け付けています。もし、切羽詰まっているのなら、相談してもいいかもしれません。

普段の生活でパチンコとの距離をあける

番組の取材で依存症だった人たちに、「なぜ脱却できたか」を聞くと、いくつかパターンがありました。

(a)別の趣味を見つけた

ランニングを始めてから逆にランニング中毒になり、パチンコに行きたくなくなった、というもの。実際、ランニングなどをすると、『ドーパミン』を抑える『セロトニン』という脳内物質が出るようです。

(b)別の価値観を持った

新しく付き合った彼女がグルメで、美味しいものをたくさん知るようになった。すると、パチンコに5000円使うなら美味しいご飯を食べようと考えるようになった、というもの。

(c)別の口座を作った

給料が入ると、すぐ別の口座に3万円移して、自分で下ろせないようにした、というもの。


一概には言えないと思いますが、“お金”と“時間”の面において、“パチンコより大切なもの”ができれば少しずつ離れていくことができるのではないでしょうか。一緒に山に登るなど、あなたと何かする時間を増やしてみては?

もちろん、困ったら専門家に相談してみてください。

【関連リンク】
結婚に向かない男性の見極めポイント3つ
“ギャンブル依存症”の彼氏とは別れるべき?
パチンコ好きな彼氏に貯金をさせるには?

●ライター/坂上小豆堂(放送作家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (5)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする