切り方に問題が!? 巻き爪になる主な原因3つ

【相談者:20代女性】
足の親指の爪の端が指に食い込んで、ひどい時は化膿するほどで痛くてたまりません。でも病院に行くと一度、爪を剥ぐと聞いたので怖くて行けずにいます。いつもきちんと短く切っているのに、どうして食い込むのでしょうか? 対処法があれば教えてください。

a 角を落として短く切るのはNG!

こんにちは。健康管理士のSAYURIです。

巻き爪の痛み、たまらないですよね。実は私も以前はよく巻き爪になり、化膿して腫れたために靴も履けない時がありました。確かに、以前は爪を一度剥いでしまう治療法が行われていましたが、今は爪を伸ばしながら巻く癖を矯正していく治療が主流となっているようです。

今回は、私が巻き爪を改善した時にアドバイスしてくださった、皮膚科の先生のお話をまとめてみました。

141211sayuri

巻き爪の主な原因3つ

(1)深爪

伸ばすと食い込んで痛いから、といった理由で爪を短く角を落として切ると、かえって爪が食い込みやすくなってしまいます。

(2)爪の乾燥

爪の水分が少なくなると、縮んで小さくなった爪が柔らかい皮膚を巻き込み、食い込みの原因になってしまいます。

(3)つま先への負担

・先が細くなった靴ばかりを履いて指先を締め付けることが多い
・立つときの重心がつま先にかかっている
・サッカー、ダンス、剣道などのつま先に負担のかかるスポーツ

なども原因の一つと考えられています。


その他、

・遺伝
・加齢による新陳代謝の悪化で爪が硬くなる
・爪の水虫『爪白癬』

なども巻き爪の原因といわれています。爪白癬は再発性しやすく、放置すると、爪がどんどん分厚くなってしまうこともあります。早めに皮膚科を受診した方がいいでしょう。

巻き込まない爪の切り方

角を落として切るラウンド型ではなく、角を残すスクエア型にして、指先のラインまでの少し長めをキープすることがポイントです。伸ばしている時に巻き込むのを避けるために、爪の両端に小さく丸めた清潔な脱脂綿を詰めておくといいでしょう。

市販のグッズもうまく利用しましょう。ある程度爪が伸びたら、巻き爪対策のワイヤーやテープなど、さまざまなグッズも市販されているので、自分に合いそうなものをチョイスしてうまく活用してみましょう。

【関連コラム】
「巻き爪」の予防法と対処法

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする