恋人に本音が言えない人の心理と対策

【相談者:30代女性】
私は元々自分の意見や気持ちを他人に言えないタイプなのですが、恋愛をすると余計に言えなくなってしまいます。本当のことを言うと迷惑なのではないか、嫌われるのではないか、と不安が先に立ち、本音をいつも飲み込んでしまいます。最初はそれでも何とかやっていけるのですが、付き合いが長くなると、どうしても私の中にストレスが出て来て、溜まったものが一気に吹き出す形で恋愛が終息してしまいます。こんな私ですが、上手に本音を伝える方法があれば教えてください。

a 本音を言えないのは傷つきたくないから。

ご質問ありがとうございます。恋愛カラーセラピストのKIMIです。

恋愛をすると、お相手に気を使ったり、合わせたりする場面も多かれ少なかれ出てきますよね。それらはあくまでお相手を思いやるという気持ちから発せられたもの。それがストレスに繋がることはあまりありません。

しかし、あなたのように、嫌われるのが怖くて本音が言えないのは、相手を思いやっているのではなく、自分が傷つきたくないという防御からくるものです。

防御するということは即ち自分のハートにシールドを張ること。確かにシールドを張れば傷つくことは無いかもしれませんが、せっかく自分に向けられた愛まで跳ね返してしまうことになります。

141212kimi

“真実を伝える”ということは?

防御することも時には大切ですが、恋愛の醍醐味はハートを最大限に開き、愛する人と交流を図ること。それにより、身も心も一つに溶け合う恋愛ならではの素晴らしい一体感を感じることが出来ます。

本音を言えないとは、つまりあなたの真実が愛する人に伝わらないということです。それは、本当のあなたではなく、ダミーのあなたです。どんなに、美辞麗句を並べても、ダミーから発せられる言葉に響くものはありません。

真実を伝えるということは、自分のハートから出た感情を素直に表現することです。

嬉しさ、喜び、愛しさ、などポジティブな感情はもちろん、悲しみ、苦しみ、切なさ、などのネガティブな感情も包み隠さずに、表現することが重要なのです。

しかし、ポジティブな感情はともかく、ネガティブな感情の表現にはやはり抵抗がありますよね。もちろん、ネガティブな感情を感じたまま衝動的にぶつけるのは良くありません。こういう場合は、ネガティブな感情を一旦文章にして、客観的に見ることをオススメします。

つまり客観的に見ることで、最初に感じた荒ぶれたネガティブな感情が理性によりろ過されます。そして、ろ過された後の感情を、冷静にお相手に伝えるのです。

楽しみにしていたデートをドタキャンされた!

例えば、久しぶりのデートを彼が急な仕事でドタキャンしたとしますね。

そのとき、本音を言えないあなたは物分りよく、「そっか、仕事なら仕方ないね。また次回楽しみにしてる」などと言うでしょう。

しかし、あなたの本音は、「えー‼︎ なんで? せっかく楽しみにしてたのに! それも1か月ぶりのデートだったのに! こないだ買ったこのワンピース、あなたに褒めてもらいたくて着て来たのに……。もー、なんでよ!」みたいにネガティブな感情がマーブル状に渦巻いているはず。

そこで、そのネガティブな思いを一旦文字にすると、最初に感じた荒ぶれた怒りの下から純粋な悲しみという感情が抽出されるのです。

そのときの悲しみこそ、あなたの心が感じた真実です。次にあなたはその悲しみをお相手に伝えることをしなければなりません。「今日は会えなくて本当は悲しかった」と。

この真実の言葉を聞いて、あなたの愛する人はあなたを嫌いになったり、迷惑に思ったりするでしょうか? そんなことありませんよね。あなたの真実を知って、よりあなたを愛しく大切に思うはずです。

カラーセラピーアドバイス

本音を言いたいとき、真実を伝えたいときには“ブルー”が役立ちます。ブルーには“真実のコミュニケーション”というキーワードがあるからです。また、ネガティブな感情を客観的に見るときには“イエロー”。イエローはあなたを理性的にしてくれます。

あなたが次の恋愛では、きちんと真実を伝えることができますように。

【参考文献】
・『癒しの光』バーバラ・アン・ブレナン・著

【関連コラム】
積極的にアプローチする“肉食系女子”に対する男子の本音
威圧的な態度をとる恋人の心理と対処法
好き同士なのに喧嘩が絶えないカップルが歩み寄る方法

●ライター/KIMI(恋愛カラーセラピスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (13)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする