万能!? レーザーが美容に活用できること3つ

こんにちは、フードライターの大塚朝香です。

レーザーというと、あなたは何を思い浮かべるでしょうか? プリンター? 遊び道具? シミ抜きの方法? 脱毛に使うもの、というイメージを持っている方もいるかもしれません。

この記事では、”レーザーでできる美容方法”について見ていくことにしましょう。

140910otsuka

レーザーを使う、その基本的なお約束

まず初めに言っておきたいのですが、レーザーを使用できるのは、原則として医師免許を持っている人だけです。そのため、病院での施術が基本となります。

エステサロンなどで行えるのは、レーザーよりも数段弱い力を持つ『光(フラッシュ)』を使ったものだけです。レーザーはとても強い力を持っているため、医療行為と位置付けられているのです。

このため、レーザーを利用した施術を希望する場合、病院に行かなければなりません。

(1)脱毛はレーザーの得意技

上記でも挙げましたが、レーザーは脱毛も大得意です。

黒い色素だけを攻撃する波長を持っているため、肌にダメージを与えません。金属アレルギーの人であっても、安心して使うことができます。

痛みはあるものの、光脱毛の約3倍程度の効果を持つと言われており、スピーディーに脱毛することが可能です。

(2)美白の敵である『シミ』これもレーザーで撃退できる

もう1つ、レーザーの効果としてあげられるのが、“シミ抜き”でしょう。

シミというのは、色素が異常な形で発生していることで起きます。レーザーは、この“異常な色素”だけを攻撃することができ、その結果として、シミを消すことができます。

レーザーはシミ消しにおいてもっとも効果的な手法の1つとして考えられており、美白化粧品が効果を示さないシミ(短時間に強烈な紫外線を浴びることによってできるシミなど)も消してくれると言われています。

(3)シワ対策にもレーザーは有効

レーザーで“シワ消し”もできます。しかし、レーザー自体がシワを消す働きがあるというわけではありません。

レーザーを当てることによって、コラーゲンの生成などを活発にさせることにより、シワを消す、という方法です。

「コラーゲンを食べてプルプルの肌になろう」という謳い文句を掲げた宣伝を目にすることは多いと思います。しかし、経口摂取でコラーゲンを摂っても、アミノ酸に分解されて体に吸収されるだけですから、体内のコラーゲンが増えるということはありません。

このような対策とは違い、レーザーの照射による方法の場合、確実にシワ対策ができると言われています。

【参考リンク】
レーザー治療ってなぜ効くの? | レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック

●ライター/大塚朝香(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする