脇の臭いは毛の有無によって変わる?

こんにちは、フードライターの大塚朝香です。

ムダ毛が多いと、「そこから臭いが発せられる」こんな話を聞いたことはありませんか? ここでは、「毛の有無によって臭いは変わるのか?」ということを考えていきましょう。

141006otsuka

そもそも臭いはなぜ発生するの?

“臭い”にもいろいろなものがありますが、ここでは分かりやすく、“腋附近の臭い”について見ていきましょう。

私たちは腋の臭いというと、汗が原因なのではないかと考えてしまいがちです。これももちろん、間違いではありません。ただ実際には、汗そのものが臭うというよりは、それが雑菌と混ざり合ったり皮膚の油などと混ざり合って臭いが発生する、と考えるほうがより正確なのです。

臭いが発生するその理由

このことから分かるように、「雑菌が繁殖しにくい環境」を作ることにより、臭いは格段に軽減されます。また、汗がムダ毛に絡みつくと、タオルなどで拭き取ってもきちんと拭きとることができず、汗が皮膚に残ってしまいます。

これによって臭いがさらにきつくなる、ということも、ムダ毛を処理することによって避けられるようになるのです。このため、“臭いの軽減”ということを考えれば、きっとムダ毛を処理しておくのが理想的と言えるでしょう。

かつては、「感染症予防のために、手術前は手術部位の毛を剃る」としていましたが、現在では、「むしろ剃ったときの方が感染症になるリスクが高まる」とも言われています。「臭いが少なくなるということは、それだけ菌が少なくなるということ。手術前に自分で剃っておこう」とまで考えるのは拡大解釈にすぎると言えそうです。

ムダ毛処理は安全性を重視して

臭いを軽減するためにムダ毛を処理する場合は、安全性を重視して行いましょう。

カミソリや毛抜きを使う方法が一般的ですが、このときは必ず切れ味の鋭い新しいものを使用します。また、アフターケアも忘れないようにします。もし、このときに肌を著しく傷つけてしまうと、逆に肌の調子を悪くさせてしまう可能性もあります。

これでも改善しないという人は、一度病院に行ってみましょう。なぜならば、外科手術を必要とするワキガの可能性が考えられるからです。


「臭い」というのは、非常にデリケートな問題であり、なかなか周りの人に聞けないものです。だからこそ、自分でできる対策は行っておきたいものですね。

【参考リンク】
エビデンスに基づく感染防止 | 大久保憲(PDF)

●ライター/大塚朝香(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする