炭水化物ダイエットとは?

こんにちは、フードライターの大塚朝香です。

いろんなスタイルのダイエットが次々に“発明”される現在、「炭水化物ダイエット」という名前のダイエット方法を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これは、「低炭水化物ダイエット」「糖質制限ダイエット」などの呼び名でも知られています。

今回は、このダイエットに着目していきましょう。

炭水化物ダイエットの基本

炭水化物ダイエットというのは、ごはんやパンといった炭水化物を抜くことによってダイエットをしていくものです。食事をおかずのみにして主食をとらない、というやり方が基本です。

炭水化物ダイエットの場合、おかずには制限を設けていないことがほとんどです。肉や油分をとることも禁じられていませんし、量にも特段制限を設けません。また、現在は、「まったく炭水化物をとらない」というスタイルではなく、「1日に摂取する炭水化物の量を減らす」という考え方をしている専門家がほとんどです。

140701otsuka

「炭水化物」とは何か

炭水化物の代表例は、上でも挙げたように、ごはんやパンです。しかし他にも、パスタやシリアルといったものもここに加わります。「炭水化物ダイエット」のときには考慮されないこともありますが、ジャガイモやカボチャなどもここに含まれることがあります。

つまり、ポテトグラタンやミートソーススパなども、炭水化物ダイエットのときには控えるべきなのですね。

炭水化物ダイエットが流行る理由とは

炭水化物ダイエットがここまで流行ったのは、やはり「手軽であること」が挙げられます。面倒なカロリー計算が必要なく、しかもおかずの節制が必要とされないため、ストレスもたまりにくいです。

また、炭水化物はグラムあたりのカロリーが非常に高いです。

一例なのですが、白米はお茶碗1杯(140グラム)で235キロカロリーもあります。これは、鶏肉ひき肉とほぼ同じカロリーです。

魚と比べるともっと顕著な差が出ます。白身魚のたらを、3尾~4尾食べるのに相当します。

このように、炭水化物を抜くことにより1日の摂取カロリーを気軽に減らすことができるため、炭水化物ダイエットは流行ったのだと思われます。

●ライター/大塚朝香(フードアナリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする