名作ぞろい! 聖なる夜に観たい“クリスマス映画”3選

【相談者:20代女性】
この時期になると、『Love Actually』や『The Nightmare Before Christmas』などのクリスマス映画が観たくなります。NINOさんのオススメするクリスマス映画(洋画)を教えてください。マイナーなものでも構いません。

a クリスマスに観たい映画3選。

こんにちは。恋ゴコロ専門家のNINOです。

クリスマス映画はたくさんありますが、有名どころからマイナーものまで、厳選したクリスマス映画を紹介します。

141208nino

(1)『Elf』(邦題:『エルフ~サンタの国からやってきた~』)

“Elf(エルフ)”とは、とがった耳と緑色の服が特徴の妖精で、サンタクロースの助手としても活躍しています。日本では劇場未公開の作品ですが、全米で大ヒットを記録したクリスマス映画です。

■ストーリー

あるクリスマスの日。孤児院にプレゼントを届けに行ったサンタは、袋に紛れ込んだ人間の赤ちゃんをサンタの国に連れて帰ってしまう。サンタの国で“バディ”と名付けられ、エルフとして育てられた人間の男が、本当の父親に会いにニューヨークに戻ってくる。


エルフとして育てられたため、人間界のことを全く知らず、子どものように純粋無垢な中年男のバディが巻き起こす騒動に抱腹絶倒です。映画の所々にギャグ要素をちりばめながら、最後はほっこりと泣けるような心温まる演出になっています。

クリスマスの要素をふんだんに盛り込んでいるので、クリスマス気分が盛り上がること間違いなし!

(2)『Home Alone 2』(邦題:『ホーム・アローン2』)

天才子役として名立たる賞を総なめにした『マコ―レ・カルキン』が主演を務める、大ヒットファミリーコメディーの第2弾です。

■ストーリー

クリスマスに家族そろってマイアミ旅行に行くはずが、家族とはぐれて単身ニューヨークに辿りついてしまった少年。クリスマスを満喫しながら、前作で対決した泥棒と再び出くわし、泥棒を撃退すべく奮闘する。


ニューヨークのクリスマスの雰囲気を感じることができるだけでなく、ホームレスのおばさんやおもちゃ屋のオーナー、ホテルのスタッフなど個性的なキャラクターとの出会いも見所です。泥棒を徹底的にやっつける場面は、やはり「犯罪はいけない」という教訓も兼ねているのでしょうか。

コメディ要素も入れつつ、家族の絆や慈愛、人との出会いなどクリスマス・スピリットを描いた、家族で楽しめるクリスマス映画です。

それにしても、父親のクレジットカードを使って豪遊するとは、末恐ろしい子ども(笑)。

(3)『It’s a Wonderful Life』(邦題:『素晴らしき哉、人生!』)

数多くのクリスマス映画の中でも、異彩を放つ不朽の名作です。自分は生まれてこなければ良かったんじゃないか。そんな風に感じている人にぜひ観てもらいたい作品です。

■ストーリー

人生に絶望した男が、クリスマスの夜に川に飛び込んで自殺を図ろうとするが、彼の前に翼を持たない守護天使が現れる。生まれてきたことを後悔する男に、天使が“彼が存在しなかった場合の世界”を見せる。


この映画を観ると、「情けは人の為ならず」ということわざを思い出します。いつも人のために尽くしてきた彼だからこそ、あの結末に繋がったのでしょう。

自分の存在は、時にちっぽけに思えてしまうけれど、実は多くの人の人生に影響を与えているのだと気付かされます。人は「誰かに必要とされている」と実感することが、生きる希望になるんですね。

人と人との繋がりは大事だと、改めて実感させられる映画です。

【関連コラム】
クリスマスの夜をロマンチックに演出する映画4本
クリスマスに絶対好きな人と見るべき映画BEST5!

●ライター/NINO(恋ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする