全然アテにならない! 合コンで女が連れてくる「かわいい子」の基準

【相談者:20代男性】
「クリスマスまでには彼女が欲しい!」と周りに宣言したところ、女友だちから、「かわいい子紹介するよ!」と言われ、何度か会ったり合コンしたりしているのですが、僕はそんなに面食いでもないはずなのに、かわいいと思えない子ばかりです。

女の“かわいい”はアテにならないと言いますが、なぜですか?

a 女性の“かわいい”はコミュニケーションツールの1つ。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

男性なら、「かわいい子紹介するよ」と言われたらワクワクしますよね。ところが、実際に会ってみると……というお話は本当によくあります。

では、なぜこんなガッカリが起こるのか、今回は心理学から紐解いていきたいと思います。

141204sayuri

男性の“かわいい”は外見最優先

男性は外見が自分の好みである、整っている、美しいというのが“かわいい”という表現に値すると思っています。他の部分で女性に対してかわいいと感じるのは、“隙がある”とか“ちょっとドジなところがある”といった場合のようですが、そこは「隙があるところが、かわいい」「ちょっとドジなところがかわいい」と、きちんと表現するのが男性に多く見られる特徴です。

ところが女性は、“小さい”“幼い(または幼い雰囲気)”であったり、顔のパーツが赤ちゃんのように真ん中に集中しているものだったりに関しては母性を感じるので、そういった物や人を全て「かわいい」と一言で表現してしまうのです。

女性は『三項関係』で会話する

心理学で『三項関係』と呼ばれるものがあります。これは、“人対人”という二項の関係ではなく、人対人の間に物や、もう一人、人を入れてそれに対しての感情を共感する関係のことです。こうした三項関係によって信頼関係を高めようとする傾向が女性に強く見られます。

以前は、その共感する感情表現が、「家庭的だね」とか「雰囲気がいいよね」「小柄だね」といった具体的なものだったのですが、現在は語彙が少なく、全てが「かわいい」という表現になってしまっているのも事実です。「かわいい」を連発する女性を、「バカっぽい」と感じる男性の意見があるのも、この語彙の少なさを感じているせいかもしれませんね。

そして、この三項関係の怖さは、「かわいい」といった肯定の共感より、噂話や陰口といった否定の共感の方が、信頼関係が強くなるという点です。そのため、女性が「かわいい」と言っているものや人に関してその場で否定すると、あとで自分が何を言われるか分からないという点には要注意ですね。

女性は「かわいい」と言っている自分が好き

実は、友だちや物に対して、「かわいい」と言っている女性の深層心理には、“かわいいと言っている自分がかわいい”というものがあります。「かわいい」と言っている自分をかわいいと思って欲しい、かわいいと言って欲しいという、ひとつの『承認欲求』がそこにはあるのです。


女性の言う「かわいい」には、美しさや愛らしさだけではなく、「小さい」「バカっぽい」「間抜けな」「家庭的な」「個性的な」「優しさを感じる」「雰囲気がいい」「仲良くしたい」などといった本当にさまざまなものが含まれていることを理解した上で、会話をした方がいいでしょう。

【関連コラム】
友達と全身お揃いの“双子コーデ”をする女の心理

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする