マメ男は最強!? 中距離恋愛中の彼氏持ち女性を略奪する方法4つ

【相談者:20代男性】
こんばんは。初めて相談メールをします。ある女性を好きになりました。会社の同僚で、同い年の女性です。部署異動で知り合い、仕事の相談を受けるうちに何度かデートをする関係になりました。「付き合いたい」と伝えると、「私も○○君(僕のこと)が好きだけど、彼氏がいるから迷ってる」と言われました。

彼氏とは3年ほど付き合っているとのこと。彼と自分とは面識がなく、学生時代に知り合った相手のようです。彼女は東京に住んでいて、彼は仕事の関係で静岡ですので、“中距離恋愛”と言ったところでしょうか。頼み込んで写真まで見せてもらいましたが、いい男で、有名企業に勤めていて、スポーツマンです。自分が勝っている点と言えば、距離くらいしか思い当りません(彼女の家のごく近所に住んでいます)。

迷っている彼女をこちらに振り向かせるにあたり、どうすべきか、良いアドバイスをぜひお願いします。

a もう勝ったも同然。彼女はあなたの“本気”を待っています。

こんにちは! 結婚相談所で夫をゲットした熱き仲人、結婚相談所きららマリッジ代表・山本結子です。

このコラムでは、私の友人である“合コンは常に一人勝ち、10代のころから彼氏が途切れたことのない最強のモテ女”Tさん(現在アラフォー)と、ディスカッションの上で、皆様からのご質問に回答させていただいております♪

Tさん:「これはね、質問者さんが勝てないわけがないわ」

山本:「私もそう思う」

Tさん:「距離の近さは最強なのよ。だってね、会う頻度が一番肝心なの」

山本:「会う頻度と、連絡の頻度ね。しかも質問者さんは距離が近いだけじゃなくて、会社まで同じなんだものね」

Tさん:「奪えなかったら男が廃るわよ。ではアドバイス行ってみましょう!」

141204yamamoto

(1)3つの“マメ”で彼女の心を掴め!

同じ部署なんだから、毎日顔を合わせるわけです。そこで、1つ目はマメな“えこひいき”。彼女だけに特別に優しくすることで、優越感をくすぐります。簡単なことでいいのです。「お疲れ」の言葉と共に、彼女にだけコーヒーを買ってきてあげるとか、重そうな書類を持ってあげるとかね。

2つ目は、マメな“デート”。会社で会っているだけではダメ。1週間に1度は2人だけで過ごす時間を持ちましょう。

そして3つ目は、マメな“愛情表現”です。「大好きだよ」そして、「僕が幸せにするから、僕のところにおいで」。愛情は態度で伝えるだけでは不十分。ハッキリと言葉にすることが大切です。

(2)彼女の心が弱るタイミングを見逃すな!

仕事を一緒にしていれば、彼女が失敗したり、ピンチに陥るタイミングにもリアルタイムで遭遇することができる。そのときこそチャンスです。持てる力と知恵の全てを結集して、彼女を助けてあげましょう。まるでナイトのように。

(3)他の女とも適度に仲良く!

“都合の良い男”になることだけは避けなくてはなりません。そのためには、他の女とも仲良くしていることを適度に匂わせること。

たとえば、彼女に昼休みにランチを一緒にと誘われたら、こんなセリフがベストですねぇ。「ああ、ごめん。今日は他の部署の○○さん(女性)に声をかけられているんだよ。今ちょっと難しい仕事をしているらしくてね。前に僕がやった仕事と似ているから、少しは助けになれるかも知れないし」。

「私だけに優しい」と思っていたあなたが、他の女にも優しいと気付いた瞬間、彼女の心に『独占欲』が芽生えるのです。

(4)押してダメなら引いてみな!

(1)〜(3)をやっても彼女が煮えきらない場合には、思い切って引くこと。今まで彼女からの電話にもメールにも電光石火の如きスピードで応対していたあなたが、“つながらない1日”を作るのです。彼女から何回メールが来ても、返信してはダメ。

これは効果テキメンだと思います。彼女があなたの大切さに気づき、「付き合って」と言ってくる可能性も大いにありますね。


Tさん:「くれぐれも“優しいだけの男”になってはダメね」

山本:「そうだね。都合のいい男にされてしまうだけ。“優しいけれど、いつどこにいってしまってもおかしくない男”にならないといけないね」

Tさん:「あとは、彼氏の存在を意識し過ぎないこと」

山本:「そう。距離が近いというだけで質問者さんは勝ったも同然なのだから。自信を持って取り組んで欲しいね(笑)」

彼女は「迷っている」と言った時点で、「OK」をしたも同然。私たちが男なら当然のようにそう捉えます(笑)。彼女はあなたの本気のアプローチを待っているのです。

奪うのですから、本気で幸せにしてあげてくださいね。心から応援しています。

【関連コラム】
彼氏がいる女性を振り向かせる心理作戦
彼氏がいる女性を略奪するアプローチ方法3つ
「遠距離彼氏」と「身近な男性」同時に二人の人を好きになる心理

●ライター/山本結子(婚活・恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする