足のむくみをリセット! スッキリ美脚になれる習慣術3つ

【相談者:20代女性】
足のむくみがひどすぎて悩んでいます。夕方になると、靴が履けない! ってくらいにむくんでしまいます。特に、寒い季節はむくみやすくて困っています。痛いと感じるほどむくむときもあります。すらっとした足になりたいのですが、毎日こんな調子では難しいですよね。

むくみはどうしたら治りますか? むくみやすい体質も改善したいです。

a 足のむくみ、放っておくと下半身太りに。

こんにちは。美容・健康ライターのHARUNAです。

夕方のむくみ、本当に困ってしまいますよね。むくみとは、本来なら心臓に戻るはずの血液中の水分が、組織のすきまに過剰に溜まってしまった状態のこと。

放っておくと、『セルライト』になって下半身太りにつながってしまうので、注意が必要です! 毎日のケアでリセットしてむくみを改善していきましょう。

141126haruna

(1)まずは、むくみにくい生活習慣を!

むくみやすい体質は、過剰な水分や老廃物を抱えた血液が、心臓まで戻るために必要な“筋肉”が不足している状態です。つまり、運動不足ということです。

ウォーキングやジョギングで下半身の筋力をアップさせる必要があります。普段、デスクワークの方は、意識して足を動かすようにしましょう。

また、睡眠不足もむくみの大敵です。起きている時間が長いほど、水分が滞りやすくなります。まずは、十分な運動、睡眠を意識してみましょう。

(2)塩分、脂肪分のとりすぎに注意

塩分は水分を抱え込むので、味の濃い食事が好きな方はむくみやすくなります。塩分はなるべく控えるようにしましょう。

また、女性の場合は、排卵後~生理中はホルモンの影響でむくみやすくなります。そのタイミングで脂質が高いこってりしたものを食べると、老廃物がセルライトに変わりやすいので、特に注意が必要です。

トマト、キュウリ、アーモンド、バナナなど、『カリウム』を含む食材には利尿作用があり、むくみを解消する効果があるので、意識して食べてみてください。

(3)むくみを解消する簡単ケア

むくみが気になる方の多くは、足に合わない靴を履いていると言われています。たとえば、窮屈なパンプスやブーツ。足を締め付けて血行を悪くして、めぐりを妨げます。

できれば、足の指周りに余裕がある靴を。難しい場合は、オフィスの中では楽チンシューズに履き替えるのも◎。それも無理……という方は、定期的に靴を脱いで、思いっきり足の指を広げて、グー・チョキ・パーの動きをしましょう。足の冷え改善にも役立ちますよ。

むくんでしまった足には、次の順番で、簡単なマッサージケアを行いましょう。

(a)イスに座り、ひざの裏の真ん中辺りを両手の指全体で押します。その状態でつま先を15回上下に動かします。
(b)ふくらはぎの裏側全体を包み込むように両手で押して、真ん中から外側にはじくようなイメージでほぐします。
(c)ほぐしたリンパを下から上にすり上げます。

入浴後に行うと血行が良くなっていて効果的です。就寝前に1日のむくみを解消させる習慣を心がけて、下半身太りにならないように気をつけましょう!

【関連コラム】
美容研究家が伝授する、お酒を飲んだ時の「むくみ対策」
セルフマッサージで“リンパ”を流すコツ2つ
ペットボトル2本でできる! 太ももお尻の筋トレメニュー

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする