汚腸婦人が7割も? 便秘を解消してブサイクボディを改善する方法5つ

【相談者:20代女性】
ファッション雑誌は研究しているし、服にもお金をかけているのに……。ニキビなどの肌荒れが絶えないし、むくみはひどいし、せっかくのオシャレを活かせません。どうしたらいいでしょうか。

a 内面の輝きなくして外面の輝きはなし! 生活習慣の見直しを。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

ファッションやメイクには気をつかっているけれど、肌は荒れがち、むくみ放題……。もしかして、“汚腸(おちょう)婦人”になっていませんか?

腸内に老廃物を溜め込んでいては、肌の調子も代謝も悪くなる一方。気がつけばファッションでは隠しきれないブサイクな体を育ててしまいます。

141125nao

おしゃれなのにもったいない! “汚腸婦人”が増加中!

『小学館女性インサイト研究所』が、美容雑誌やファッション誌を愛読している20~30代の女性147人を対象に行った「腸の健康について」の調査から驚きの事実が判明しました。

「身だしなみに気を使っているほうだと思う」と回答した“おしゃれ女子”は93%。美容・ファッション雑誌を読み込んでいるだけあって、アウタービューティーへの情熱は抜かりない様子。

一方、インナービューティーに関してはサボり気味。「あなたの普段の腸の状態は?」という質問に対して、「ときどき便秘」「主に便秘がち」「ひどく便秘」と答えた人は73.4%と、7割以上の女性が便秘の悩みを告白。

見た目のキレイさには熱心ながらも、腸の状態は汚い“汚腸婦人”が圧倒的に多いという結果に……! しかも、「便秘を解消し、腸をキレイに保つための対策をしていますか?」という質問に、「常にしている」と答えた人は、わずか38%。ほとんどの女性がアウタービューティーにはこだわっても、インナービューティーへの取り組みは甘いことが判明しました。

美しさは腸内から! 便秘を放っておくとブサイクな体に……

「体内は見えないから大丈夫!」「便秘は放っておけばOK!」などと便秘を甘く見ていませんか?

慢性的な便秘は、いつも体内に老廃物を抱えている状態。長時間経過すると、腸壁から毒素が再吸収されてしまいます。これがニキビや吹き出物などの“肌荒れ”のモト。いくらメイクを頑張っても隠しきれない吹き出物やメイクのりの悪さに悩まされることに……。

また、腸内に老廃物が溜まれば、栄養を吸収しにくく代謝もDOWN。太りやすい体を育ててしまいます。体内循環も滞り、むくみに悩まされる可能性も! 体内に毒素や老廃物を溜め込んでおいても良いことは1つもありませんね。

便秘解消のポイント5つ

『久保クリニック』院長の松本千鶴先生によると、定期的な排便に有効な生活改善ポイントは次の5つ。

(1)適度な運動をする
(2)繊維質を多く含む食事をとる
(3)規則正しい生活を心がける
(4)ビフィズス菌や乳酸菌を含むものをとる
(5)水分をしっかりとる

ビフィズス菌や繊維質の多い野菜は、腸内の善玉菌の好物。積極的に食生活に取り入れたい食品です。

また、腸はストレスに弱いため、適度な運動やストレス解消のための活動を上手に取り入れることも大切。規則正しく食事を摂ったり、睡眠時間を一定にしたりと、生活リズムを整えるだけでも体内活動がスムーズになり、便秘解消につながります。

今すぐ取り入れられる生活改善ポイントはありましたか? せっかくおしゃれをしても、美しくなければ意味がありませんよね。ポッコリお腹やむくみ、肌荒れに悩まされない“内側から輝く美人”になってくださいね。

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする