逆に喜ばれる!? 甘えベタでもうまく人に頼る方法

【相談者:20代女性】
私は他人に頼ることが苦手です。つい強がってしまって他人に甘えることができません。男の人は頼られることが好きと聞いたことがありますが、何でもかんでも頼ってばかりの女の人って嫌われるんじゃないでしょうか?

でも、上手に頼ってラクしている女の人を見ると、正直羨ましくなるときもあります。ああいうのを見ると、「私も少しは見習った方がいいのかな?」とも思いますが、相手に上手に頼るにはどうしたらいいのでしょうか?

a 迷惑をかけない人間は立派だけど、ずっと誰にも頼らず1人で生きていくの?

ご相談ありがとうございます。毎週木曜日掲載“恋愛言語専門家”東野まどかです。

あなたはきっと、“相手に頼ること=相手に迷惑をかけてしまうこと”だと思っているのではありませんか?

確かに、他人に頼れば、その分相手は負担が増えます。頼られた相手は、あなたのために時間を割くことになります。でも、それは相手がそうしたいと思って実行してくれることです。あなたは優しい人だから、相手に負担をかけてしまうくらいなら、自分でやったほうが良いと思ってしまうのでしょう。

しかし、人と人は関わらないと人間関係は育ちません。迷惑をかけない人間は確かに立派です。でも、誰にも頼らずに1人で生きていくのは、少し寂しくありませんか?

お互い近くにいる人間同士で迷惑をかけたり迷惑をかけられたり、そんなことがあった方が、恋愛も人間関係もきっと楽しいですよ。

141120higashino

まず初心者は“他人に質問をすること”で相手に頼ってみる

では、上手に相手に頼るにはどうしたらいいのでしょう?

コツは、相手の得意なことを頼むことです。慣れていないあなたは、“他人に頼み事をすること”がまず難しいと思います。まずは、相手の得意なことに関して“他人に質問をすること”から始めてみてください。

たとえば、パソコンに詳しい先輩に、エクセル関数の使い方を教えてもらうとか。ほんの1、2分で解決してしまうような簡単なことで構いません。まずは、他人に質問をして教えてもらうことから始めましょう。

アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、“人間の欲求は5段階のピラミッドのようになっている”と説いています。

・「生理的欲求」→本能的な欲求、食べる、寝る、排泄
・「安全・安定の欲求」→住む場所の確保、安定した収入
・「所属と愛の欲求」→会社に所属する、家族や恋人を持つ
・「承認の欲求」→所属する集団や他人に認められたい
・「自己実現の欲求」→あるべき自分になりたい

人間には、他人から“褒められたい”そして“認めてもらいたい”いう欲求があります。これを『承認欲求』と言います。相手に質問をして教えてもらうことで、相手の“承認の欲求”を満たしてあげるのです。

淡々と仕事をしている毎日、上司に怒られたり得意先に文句を言われたり、怒られることはあっても他人から褒めてもらえる機会なんてほとんど無いのです。教えてもらったらぜひ、「助かりました! ありがとうございます」と言葉のプレゼントをしてあげてください。きっと相手も喜んでくれますよ☆

【関連コラム】
“マズローの5段階欲求”に学ぶ、恋人が求めていること
甘え方がわからない! 甘え上手になるための3ステップ

●ライター/東野まどか(恋愛言語専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする