美やせ習慣の基礎! ダイエット中の体をいたわる食事の摂り方3つ

【相談者:20代女性】
すらりとしたスッキリ体型を維持したいのですが、ダイエットに効果的な食品や美容に良い食品など、情報が多くて何をしたら良いのかも、どうすれば足りるのかもわかりません。“これだけは気をつけたい基本のセット”のようなものはありませんか?

a ダイエット時に体をいたわるポイントを3つご紹介します。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

バランスよく栄養を摂取した上で、健康的な太らないカラダを育てる食事法セットについて、2回に分けてご紹介しております。今回は第2回。“太らない食べ方10か条”に取り入れられている、体をいたわるポイントを3つご紹介します。

141119nao

美やせ習慣は体への“いたわり”

いかがでしょうか。10か条の中に実践しているものはありましたか? “キレイにやせる食べ方10か条”では美しく健康的な体を育てる3つのポイントが上手に盛り込まれています。

(1)体内リズムに合わせる

朝の食事は重要です。1日の最初の食事ですから、体を動かすエネルギーを補給する必要がありますし、体内スイッチをONにしてエネルギーを使いやすい状態に整えたいもの。

フルーツや野菜を摂取することで、体内のはたらきを活性化することが可能です。“キレイにやせる食べ方10か条”では1に組み込まれていますね。

(2)体に負担をかけない

冷たいものや刺激の強いものを食べ過ぎたり、間食をして24時間内臓を忙しくはたらかせたりしては体に負担がかかり、エネルギーを消費する余裕がなくなってしまいます。エネルギー消費を促すためには、内臓の負担を減らす工夫も大切です。

また、前後の食事内容に気を使って栄養バランスをとることも負担をかけずに健康を保つ秘訣です。特に糖質は必要ですが、摂りすぎると体内をサビさせる原因になるため要注意! “キレイにやせる食べ方10か条”では、2、3、4に組み込まれていますね。

(3)加工品や調味料を工夫する

加工品には添加物が含まれていますし、調味料を使いすぎるとカロリーオーバーにつながるだけでなく、濃い味付けが食欲を増進させて食べ過ぎを招いてしまいます。塩分の摂り過ぎもむくみを引き起こしますのでNG! “キレイにやせる食べ方10か条”では、5、6、8、9、10に組み込まれていますね。

ポイントをおさえれば自然と実践できる

“キレイにやせる食べ方10か条”は、10個も覚える必要があって、全てを実践できるか不安? しかし、3つのポイントを知って体をいたわるための工夫を考えれば、自然と実践できると思いませんか?

「これは効果がありそう!」「あれなら効くかも!?」とあれこれ別々に実践してもなかなか効果は上がりません。基本をおさえて基準を決めておけば、自信をもって実行できますよね。

体をいたわるための3つのポイントを基準にして、生活習慣を見直してみてください。“キレイにやせる食べ方10か条”も、自然と全て実行できてしまうかも。

【参考文献】
・『モデルBODYをつくる「美やせ習慣」ダイエット ~カリスマ・ウォーキング講師が教える 歩いて、食べてマイナス15kgの秘訣~』清水春名・著

【関連コラム】
・(前編)美のカリスマに学ぶ「キレイにやせる食べ方」10か条
間違ったダイエットによる健康リスクと正しい痩せ方
食事制限だけでは痩せないカロリー以外の原因3つ

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする