勇気を出して好きな男性に告白したのに、振られたら悲しすぎて、なかなか立ち直れません。
諦めたくても、なかなか諦めきれなくて「再告白をしようかな」と考える女性は、意外と多いようです。

しかし告白は、ただでさえ勇気がいります。
そのうえ、振られてからの再アタックとなると、最初の失敗が頭をよぎって、もっと臆病になってしまいがち
とはいえ「もうだめなのかな」と思っても、やっぱり簡単に好きな気持ちは消えません。

そこで再告白をする前に、しっかりと状況を整理して、ベストな再告白のタイミングをはかりましょう。
ここでは、再告白が成功するパターンや、成功させるポイント、やってはいけない行動もお伝えします。

なぜ振られたのかを考える

振られると自信をなくしたり、落ち込んで自分を全面否定するケースもあります。

しかし、よく考えてみましょう。
告白は、好きになった本人の「わたしはあなたが好き」という感想です。

「好きだから、彼氏になってほしい」と考えるのは、甘えやエゴといえます。
相手は、拒否する権利も、好きになる権利もあるのです。
そのため、男子は告白を受け入れないケースもあります。

相手の好みや外見的な要素は少なからずあるでしょうが、それがすべてで断るのではありません。

男性が女性からの告白を断る理由は、どのようなものがあるのかチェックしていきましょう。

振られてからの再告白はアリ?ナシ?成功のコツ5つ

(1)付き合っている人or意中の人がいる

相手に彼女がいる場合はもちろん、意中の人がいる場合です。
誠実な男性ほど、どんなにかわいい人や、魅力的な人から告白されても断ります

仮に彼女とうまくいっていなくて、別れを考えていたとしても、いったんは保留にする人が多いようです。

このような場合は、強引に押し切らないで、待ちましょう。

(2)女性として意識したことがなかった

恋愛においては、相手に「女性」として意識されていることが、最初のステップです。
相手にとって恋愛対象でなかった場合、今すぐに付き合うというのは難しいでしょう。

とくに職場での同僚や先輩後輩の間柄だったケースでは、仕事に追われて、男女としての意識をしていないことがあります。

相手に女性としての意識を持ってもらうためには、接し方を考えましょう

普段から、女性らしい振る舞いをするなど態度に気をつけたり、相手を気遣い褒めることも大切です。
しかし、わざとらしくすると逆効果にもなります。
日頃から自然に伝わるようにしていきたいですね。

(3)忙しくて恋愛にベクトルが向いていない

女性はマルチタスク、男性はシングルタスクといわれ、男性は女性のように別々のことを同時進行させることを苦手とされています。

男性は、目の前にあることを、ひとつずつ解決する方が多いようです。
この男性ならではの特徴をひも解くと、さまざまなことがみえてきます。

社会人になると仕事が忙しくなり、男性は集中して目の前にある仕事を片付けたいと考えます。
このタイミングで告白をされても、好き・嫌いの前に恋愛を考える余裕がないケースがあるのです。

また、恋人ができると、時間の配分がひとりのときとは変わるため、これまでと同じようにはいきません。
そのため、恋愛のような悩みは抱えたくないのです。

男性は「恋人ができても今はかまってあげられない」と分かっているため、お互いのためにならないという理由で断るのです。

こういった場合は「今はとりあえず無理」と保留にしていると考えられます。
将来的にはわからないので、あきらめずに相手が落ち着くまで待ってあげましょう

(4)告白のときにセリフで失敗しているかも?

告白のときに、自分の気持ちを伝えることに、一生懸命になりすぎていなかったか思い返してみましょう。

「わたしは好きだから」
「無理でも考えてほしい」

このように、相手の状況や感情を無視するような一方的なセリフは、相手に悪い印象を与えてしまうことがあります。

男性には「こっちの気持ちは考えてないのかな?」と思うため、わがままな女性と思われてしまうことも。

告白をする側と、される側には気持ちの温度差があります。
告白をするときは、相手に恋人にしたいと思わせるような態度が必要です。
もし「わがままな印象を与えてしまったかも」と思ったら、あとからでも挽回しましょう

(5)嫌われている

振られた理由が「嫌い」では、再告白は期待できません。
脈なしです。
「嫌い」という感情を「好き」に変えるのは、超難関といってもいいでしょう。

ただ、嫌われるには理由があります。
自分の行動を振り返って、素直に悪い部分は直すといいですね。
自分でわからない場合は、周りの意見を聞いてみるとよいでしょう。

自分を振りかえれない人は、この恋だけでなく、次の恋でも失敗してしまう可能性があります。

再告白で成功する確率があがる?

さきほどの振られた理由で、嫌われていないければ、再告白で成功する可能性があります。

男性は、一度振っても再アタックされたことで、気持ちが揺らぐことは意外と多いようです。
そもそも「好き」という気持ちが嫌なわけではありません。

振られたあとに再度告白することで、本気度合いが伝わり「こんなに自分を好きになってくれたんだ」と思うことがあるそうです。
いったん振ったのに、それでも告白してきてくれることは、人生において何度もあるわけではありません。

一度振られてしまっても、時間をかけることで男性に好かれた成功例があります。
片思いはつらいものですが、あきらめるにはまだ早いといえるでしょう。

初回の告白が意識するきっかけになる

男性は「好き」と伝えられたことがきっかけで、はじめて女性を意識することがよくあります。

片思いされていることに、全く気が付いていないケースはよくあることです。
そう考えると、告白をされて戸惑うのは自然のことですし、振られたとしても意識付けに成功したといえるでしょう。

男性は、なんとも思っていなかった女性でも「好き」と言われると気になってしまいます
「モテ期かも?」と内心うれしくなる男性もいるようです。

女子からの告白はインパクト大

また、「告白は基本的に男がするもの」と思い込んでいる男性は意外と多く、女性から告白される経験がある男性はそんなに多くないようです。

ほかの女性よりも一歩リードしていることは確実といえるでしょう。
積極的な思いをぶつけた勇気は無駄になりません。
「告白してきてくれた女性」として強烈な記憶に残るため、忘れられなくなるのです。

つづいて、再告白はどのようなタイミングがよいのでしょうか。