女性からの再告白を成功させるベストなタイミングと外せないポイント

勇気を出して好きな男性に告白したのに、振られたら悲しすぎて、なかなか立ち直れません。
諦めたくても、なかなか諦めきれなくて「再告白をしようかな」と考える女性は、意外と多いようです。

しかし告白は、ただでさえ勇気がいります。
そのうえ、振られてからの再アタックとなると、最初の失敗が頭をよぎって、もっと臆病になってしまいがち
とはいえ「もうだめなのかな」と思っても、やっぱり簡単に好きな気持ちは消えません。

そこで再告白をする前に、しっかりと状況を整理して、ベストな再告白のタイミングをはかりましょう。
ここでは、再告白が成功するパターンや、成功させるポイント、やってはいけない行動もお伝えします。

なぜ振られたのかを考える

振られると自信をなくしたり、落ち込んで自分を全面否定するケースもあります。

しかし、よく考えてみましょう。
告白は、好きになった本人の「わたしはあなたが好き」という感想です。

「好きだから、彼氏になってほしい」と考えるのは、甘えやエゴといえます。
相手は、拒否する権利も、好きになる権利もあるのです。
そのため、男子は告白を受け入れないケースもあります。

相手の好みや外見的な要素は少なからずあるでしょうが、それがすべてで断るのではありません。

男性が女性からの告白を断る理由は、どのようなものがあるのかチェックしていきましょう。

振られてからの再告白はアリ?ナシ?成功のコツ5つ

(1)付き合っている人or意中の人がいる

相手に彼女がいる場合はもちろん、意中の人がいる場合です。
誠実な男性ほど、どんなにかわいい人や、魅力的な人から告白されても断ります

仮に彼女とうまくいっていなくて、別れを考えていたとしても、いったんは保留にする人が多いようです。

このような場合は、強引に押し切らないで、待ちましょう。

(2)女性として意識したことがなかった

恋愛においては、相手に「女性」として意識されていることが、最初のステップです。
相手にとって恋愛対象でなかった場合、今すぐに付き合うというのは難しいでしょう。

とくに職場での同僚や先輩後輩の間柄だったケースでは、仕事に追われて、男女としての意識をしていないことがあります。

相手に女性としての意識を持ってもらうためには、接し方を考えましょう

普段から、女性らしい振る舞いをするなど態度に気をつけたり、相手を気遣い褒めることも大切です。
しかし、わざとらしくすると逆効果にもなります。
日頃から自然に伝わるようにしていきたいですね。

(3)忙しくて恋愛にベクトルが向いていない

女性はマルチタスク、男性はシングルタスクといわれ、男性は女性のように別々のことを同時進行させることを苦手とされています。

男性は、目の前にあることを、ひとつずつ解決する方が多いようです。
この男性ならではの特徴をひも解くと、さまざまなことがみえてきます。

社会人になると仕事が忙しくなり、男性は集中して目の前にある仕事を片付けたいと考えます。
このタイミングで告白をされても、好き・嫌いの前に恋愛を考える余裕がないケースがあるのです。

また、恋人ができると、時間の配分がひとりのときとは変わるため、これまでと同じようにはいきません。
そのため、恋愛のような悩みは抱えたくないのです。

男性は「恋人ができても今はかまってあげられない」と分かっているため、お互いのためにならないという理由で断るのです。

こういった場合は「今はとりあえず無理」と保留にしていると考えられます。
将来的にはわからないので、あきらめずに相手が落ち着くまで待ってあげましょう

(4)告白のときにセリフで失敗しているかも?

告白のときに、自分の気持ちを伝えることに、一生懸命になりすぎていなかったか思い返してみましょう。

「わたしは好きだから」
「無理でも考えてほしい」

このように、相手の状況や感情を無視するような一方的なセリフは、相手に悪い印象を与えてしまうことがあります。

男性には「こっちの気持ちは考えてないのかな?」と思うため、わがままな女性と思われてしまうことも。

告白をする側と、される側には気持ちの温度差があります。
告白をするときは、相手に恋人にしたいと思わせるような態度が必要です。
もし「わがままな印象を与えてしまったかも」と思ったら、あとからでも挽回しましょう

(5)嫌われている

振られた理由が「嫌い」では、再告白は期待できません。
脈なしです。
「嫌い」という感情を「好き」に変えるのは、超難関といってもいいでしょう。

ただ、嫌われるには理由があります。
自分の行動を振り返って、素直に悪い部分は直すといいですね。
自分でわからない場合は、周りの意見を聞いてみるとよいでしょう。

自分を振りかえれない人は、この恋だけでなく、次の恋でも失敗してしまう可能性があります。

再告白で成功する確率があがる?

さきほどの振られた理由で、嫌われていないければ、再告白で成功する可能性があります。

男性は、一度振っても再アタックされたことで、気持ちが揺らぐことは意外と多いようです。
そもそも「好き」という気持ちが嫌なわけではありません。

振られたあとに再度告白することで、本気度合いが伝わり「こんなに自分を好きになってくれたんだ」と思うことがあるそうです。
いったん振ったのに、それでも告白してきてくれることは、人生において何度もあるわけではありません。

一度振られてしまっても、時間をかけることで男性に好かれた成功例があります。
片思いはつらいものですが、あきらめるにはまだ早いといえるでしょう。

初回の告白が意識するきっかけになる

男性は「好き」と伝えられたことがきっかけで、はじめて女性を意識することがよくあります。

片思いされていることに、全く気が付いていないケースはよくあることです。
そう考えると、告白をされて戸惑うのは自然のことですし、振られたとしても意識付けに成功したといえるでしょう。

男性は、なんとも思っていなかった女性でも「好き」と言われると気になってしまいます
「モテ期かも?」と内心うれしくなる男性もいるようです。

女子からの告白はインパクト大

また、「告白は基本的に男がするもの」と思い込んでいる男性は意外と多く、女性から告白される経験がある男性はそんなに多くないようです。

ほかの女性よりも一歩リードしていることは確実といえるでしょう。
積極的な思いをぶつけた勇気は無駄になりません。
「告白してきてくれた女性」として強烈な記憶に残るため、忘れられなくなるのです。

つづいて、再告白はどのようなタイミングがよいのでしょうか。

ベストな再告白のタイミングとは

再告白のタイミングをみていきましょう。

振られてすぐの再告白は、失敗するケースが多いようです。
一般的には、最初の告白から2~3か月たってからといわれています。
少なくとも、お互いが冷静になれるような、冷却期間が必要といえるでしょう。

では、もっともよいタイミングとは、いつなのでしょうか。

タイミングを計るには、できるだけ相手の気持ちを考えて行動することが大切です。

(1)相手が落ち着いた環境で、彼女がいないとき

相手が仕事やプライベートで多忙でないことと、フリーであることが大前提です。

「そろそろ恋愛も悪くない」と相手が考え始めるときは、ベストなタイミングといえるでしょう。
このタイミングを見逃さないためにも、相手の話しを日頃から聞いておく必要があります。
「最近の調子はどう?」と聞いてみるのもよいですね。

男性から軽い恋愛の話を振ってきたら、恋愛に前向きな気持ちになっている可能性が高いといえます。
相手の環境が落ち着き、余裕ができたことのサインです。

(2)相手との間に信頼関係ができた

一度の告白ですんなり成功するよりも、一度失敗した方がよいこともあります。
再告白までの期間に温めた関係が、その先もよい結果に結びつくためです。

好きな気持ちだけで付き合っても、信頼がなければその先は長く続かないでしょう。
しかし、信頼関係があれば、何度でもよい関係に戻ることもできるのです。

また、相手が結婚などを視野に入れて、長い目で考えたときに大切なことがあります。
「この人にそばにいて欲しい」と思えるか、そうではないかで変わってくるのです。

なんでも相談できる信頼関係があったうえで、再告白してくれる一途さに、グッと心が揺れるでしょう。

(3)最初に告白したときよりも魅力的になれてから

再告白をするなら、どんな小さなことでも構わないので自分の魅力をアップしておきましょう

再告白のときに相手は、はじめの告白を受けたときのことを思い出します。
そのときよりは、少しでも変化を持たせたいものです。

外見はイメチェンを狙って髪型や服装を変えたり、女性らしい言葉遣いを意識します。
内面は、思いやりをもてるように行動するなどで、普段から滲み出せるとよいですね。
相手の好きなことを知っているなら、それに対して詳しくなるというのもよい方法です。

一度目は、ただ相手に自分を意識してもらうための告白だったかもしれません。
しかし再告白は、女性としての魅力をしっかり伝えましょう。

(4)二人きりでも居心地がよい雰囲気を作れたら

一度振られてしまうと、なんとなく気まずかったり、ぎこちなくなりがちです。
そこで、恋愛を意識しないように、普段は複数で会うようにして、少しずつ自然に振舞えるようにしましょう。

ふたりっきりになっても、お互いが自然でいれるようになれば、相手との距離は狭くなってきたと考えてもよさそうです。

不自然にならないように、相手の好きな趣味を、一緒に楽しむ機会をつくるなど、相手が上機嫌でわくわくできる展開を考えましょう。

「この子と一緒にいると楽しいな」と相手に感じてもらってからが、再告白のタイミングです。

相手の意識が変わってから、恋愛を意識させる雰囲気を出すと、相手もふいをつかれてドキッとするかもしれません。

振られてから再告白までにできること

再告白を成功させるには、振られてからの行動が大きなポイントになります。

(1)失恋を引きずらない

男性は、女性を振ることに罪悪感を抱きます。
振られた女性だけでなく、振った男性も気まずいし、そのあとの付き合い方に戸惑うこともあるのです。

告白したその場ではなくても、LINEやメールで「いきなり告白してごめんね」や「振られたけど友達でいたいな」と明るくフォローしておきましょう
そうすると、相手も気まずさが少し軽くなり、ホッとします。

男性は、女性が振られてつらいはずなのに、前向きな言葉をかけてくれることで、健気さを感じたり印象アップにつながるのです。
空気を重たく感じさせないことで、魅力が上がるかもしれません。

(2)程よく自然な距離感をキープ

振られてからは、程よい距離感でいることが大切です。
まったく接点がなくなると、再告白の成功率は下がります。
しかし、ベタベタと付きまとうと、まるでストーカーのような扱いになることも。

そこで、ほかの友だちと同じように、挨拶をしたり、どうでもいい話をできるような距離感でいましょう。

恋愛トークはNG

ここで大切なポイントは、恋愛トークをしないこと
告白した事実があるため、お互いの空気に緊張感を出してしまうからです。

男性にとって告白されたときの状況が、自然と薄れるくらい、身近な友達を目指してみましょう。

そのためには、恋愛と関係ない部分で相手と接して、「人間的に素敵だな」と思われることや、信頼を勝ち取ることがポイントです。

相手のことを第一に考える

LINEやメールの内容は、恋愛ではなく共通の話題や、相手が喜ぶことを送りましょう。

用がないのに毎日連絡したり、返事がないからと何度も連絡するのはNGです。
重い女と思われ、男性の気持ちが離れやすくなるので注意しましょう。

ごく自然な関係性を作ることが再告白の成功への近道といえます。
相手とつかず離れずの程よい距離感で、焦らずにゆっくりと関係を育んでいきましょう。
過去にこだわらないで、新しい気持ちで接していくといいですね。

(3)聞き上手でよき相談相手になる

男性は自分の好きなことを、楽しそうに興味津々になって聞いてくれる女性を好みます。
聞き上手の女性に、心を開きやすい傾向があるのです。

このときに気を付けたいのは、自分の話はしないで、聞き上手に徹することが大切です。

相手の心に入るためには、話を聞きながらうなずいたり、質問をするなどしっかりとしたリアクションをとっていきまあしょう。
すると男性は「この子と話していると気分がいいな」「もっと話したい」と思います。

そもそも男性同士は、なんでも言える間柄ではないようです。
プライドや面子もあり、言えない話は大人になるほど出てきます。
異性だからこそ、打ち明けられる話もあるので「なんでも言えるよき相談相手」を目指しましょう

いつの間にかなくてはならない存在になっていれば、再告白は成功できる確率が高まります

(4)「好意の返報性」という心理を利用する

人は「自分のことを好きな人がいる」とわかると、急にその相手を気になり「自分も相手のことが好きなのかもしれない」と思いやすいといわれています。

これは心理学用語で「好意の返報性」といわれているものです。

好意の返報性を使うには、「見返りを求めない好き」という気持ちが大切
「好きだから付き合ってほしい」のではなく、無償の愛です。

ただし、露骨に「好き」と言うのではなく、なにかと気にかけて、相手の助けになるように動きましょう。
「〇〇くんのそういう性格好きだな」のように、露骨な恋愛モードではなく、よい部分を褒めつつ、さりげなく伝えるのもよい方法です。

(5)自分磨きをする

振られてから再告白までの期間は、振られた理由を考え、その理由をクリアできるように自分を磨きましょう

自分の趣味や仕事など、夢中になれるものを探し、チャレンジすると魅力がどんどんアップします。

一生懸命に打ち込む女性は、キラキラ輝いてみえるものですし、自然と笑顔が増えるためです。
なにかに夢中になることは、自分自身のスキルアップや勉強にもなるので、オススメします。

また、見た目を変えるなど、パッとみてわかりやすい変化をつけるのもよいですね。

続いて、やってはいけない行動はなにか、みていきましょう。

やってはいけないNG行動

振られてからの期間は、次のチャンスをつかむための大切な時間です。
ここで失敗してしまうと、再告白の成功は難しくなるかもしれません。

振った相手からされると、男性が思わず拒絶したくなるNGな行動は、しっかり把握しておきたいですね。

(1)むきだしの好意やアピールを続けるのはNG

一度振られた相手に対して、悲観的にならないことはよいことです。

ただ、振った相手の気持ちも考えないで、猛烈に好意のアピールを繰り返すと、他人の気持ちを想像できない、空気が読めない人と思われるケースがあります。

何度もアピールされると「うざい」と思われ、人によっては「ストーカー気質でもあるんじゃないか」と恐怖心まで感じることも。
「ちょっと信じられない」「怖い」というのが実際の感情なのです。

振られた後のアプローチは、慎重にしましょう。

(2)情報収集のために周りを巻き込むのはNG

振られてから、相手好みの女性になるために、努力をするのはよいことです。

しかし、相手の周りにいる人たちに、相手の好きなタイプや、過去の恋愛遍歴、最近仲のよい女性はいるのかなどと、根掘り葉掘り聞きまわるのは失礼すぎます。

なにかのついでに、さりげなく聞くのであれば問題ありませんが、不特定多数に同じことを聞いて回ると、当然ですが好きな人の耳に入りイメージダウンにつながります。

情報収集はさりげなく行い、多くの人を巻き込みすぎないように気を付けましょう。

(3)悲劇のヒロインはメンヘラ扱いされるかも

落ち込みすぎて、振られたことを、周囲の友人たちに言いまくったり、精神的に参っているような内容の投稿を、SNSにあげてしまうのはNGです。

確かに、誰かに想いを共感してもらうことで、気持ちが楽になります。
しかし相手には、精神が不安定な重い女性というイメージがつき、ともすればメンヘラ扱いされることもあるのでやめましょう。

男性は、精神的に不安定な人を相手にすることが苦手です。
一度見た行動から「この子はつらいことがあるたびに、同じ行為をしそう」と感じ、距離をとりたくなるのでしょう。

(4)接点がないのに、再告白をするのはNG

告白をされた後、まったく接点のなかった相手から、数か月後に再告白されたら男性は、戸惑うことが多いようです。

まったく接点がない人からの再告白は、男女関係なく「前回、告白されてからずっと、どこかで見られていたのかな」と思い、少し怖くなります
そうならないためにも、振られた後は、自然に友達としてそばにいることが大切なんですね。

再告白を成功させるには思いやりが大切

一度振られてからの再告白は、不可能ではありません。
再告白だからこそ「こんなに思ってくれていたのか」と一途さが心に刺さり、本気の気持ちが伝わることもありますし、結婚まで至った体験だもあります。

振られてからは、自分のことではなく、相手の気持ちや状況に重きをおいて、思いやることが大切です。
相手を思いやれる女性は、大切な人だと感じる男性は世の中に多くいます。

自分磨きをしながら、ゆっくり再告白のタイミングを待ちましょう。

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (3)

恋愛jpをフォローする