揉め事を回避! 国際結婚する前にパートナーと話し合うべきこと3つ

【相談者:20代女性】
国際結婚が決まりました。私の両親へは既に紹介して、近々彼の両親にも会いに行く予定です。今は日本に住んでいて、国際結婚の手続きなどはなんとかできそうですが、具体的に彼と結婚前に話し合っておくべきことって何でしょう?

これを話し合っておくと、後々揉め事にならない、ということなどあれば教えていただきたいです。よろしくお願いします。

a 国際結婚前に話し合っておくべき3つのこと。

はじめまして。国際恋愛専門家のCocoです。

ご婚約、おめでとうございます! 国際結婚の手続きは、日本人同士の結婚と違い、手続き方法がややこしく、とっても大変ですが、二人で力を合わせて頑張ってくださいね!

手続き以外に、ぜひ話し合っておくと良いよ! という点を、国際結婚している私の知人たちに聞いてきました。今回は、その中でも多かった3点をご紹介させていただきますね!

141112coco

(1)結婚後はどこに住むのか。そして、老後は?

結婚後、どちらに住むのかは、お互いが当たり前のように承知済みだと思い、話し合っていないカップルが多いようです。例えば、日本で知り合い、お互い日本で仕事もしていて、結婚後も当然日本に住むと思っていたところ、彼は当然のように結婚後は母国に帰ると思っていたということもよくあるようです。

また、今は一時的に日本に住んでいるけれど、いずれは生活を母国に移すのか、老後はどうしたいと思っているのか、はっきりとした計画を立てなくても、お互いの描いている人生設計をよく話し合っておくべきですね。

子どもが生まれたら、二人だけの問題ではなく、お子様の教育にも関わる問題です。国によって教育も様々ですので、ベストな選択ができるよう今から色々とリサーチしておくのも良いかもしれません。

(2)結婚後の仕事はどうするのか

女性は、結婚したら仕事をどうするのかもしっかり話し合っておきたいことです。世界中どこに行っても続けられる仕事や、現地で自分にもできそうな仕事が見つかれば問題はありません。

しかし、日本で積んできたキャリアを生かしたい場合や、何かの職種にこだわる場合、相手国に移住して、同じ職があるとは限りません。実際、「相手の国にも同じ仕事があるだろうと思って移住してみたら、なかった」という話も聞きます。

仕事をするのであれば、同じ職種が移住先の国にも存在するのかどうか、という点から調べておきましょう。

(3)親の老後はどうするのか

親が元気なうちは、なかなか具体的なことまで考えていなくても、いつかはやってくる親の老後。日本に住んでいれば、パートナーのご両親の老後をどうサポートするのか、相手の母国に住んでいれば、日本に残してきたご両親の老後のサポートはどうするのかが問題になります。

また、国によって親の老後のサポートの仕方も違います。シンガポールを例に出すと、結婚後は奥様の家庭よりの生活になるのが普通で、親の老後は娘が面倒を見るという、長男が親の面倒を見る家族が多い日本とはちょっと違ったスタイルです。

結婚後は家族と家族の付き合いになりますので、今からしっかりと話し合っておくと良いですね。


いかがでしたでしょうか。

以上3点が、国際結婚をしている方からの意見で多かった、「国際結婚前に話し合っておくべき3つのこと」でした。ご参考になれば幸いです。

彼と素敵な結婚生活を送って、いつまでもお幸せに。

【関連コラム】
国際結婚で離婚しないための事前チェックポイント7つ
国際結婚で考えておくべき老後の過ごし方
国際結婚して海外へ移住する際にありがちなトラブル3つ

●ライター/Coco(国際恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする