顔立ちは変化する!? 元々ブサイクでも美男美女になれる生き方

【相談者:20代男性】
中学生のころ、好きな女子に告白したら、「ブサイクはイヤ」みたいなことを言われて、ずっと心に残っています。そのせいか、僕はいまだに恋人ができません。美容整形も考えます。人間としてブサイクはどう生きればいいのでしょうか?

a 思春期に受けた暴言は傷つくものですね!

ご質問をありがとうございます。スピリチュアル専門家の加藤かとるです。

あなたのお悩みは、ご自分の容姿に自信がないということでしょうか。思春期に美醜を判断されたような経験をすると、傷つきますよね。美容整形も考えていらっしゃるのですね。メスを入れてストレスがなくなるのなら、それもいいかもしれませんね。筆者は美容整形容認派ですよ。

141112katou

生まれつきの美しさは20代前半までしか通じない!?

世間では、“美しい人が得をする”というような考え方をしている人が多いですよね。誰もが美人やイケメンは優遇されて、すべてから許されるような効能があると、錯覚をします。そう、錯覚なのです!

そもそも、“生まれつきの美しさが通用するのは、20代前半まで”です。年をとればシワもできるし、加齢による衰えは否定できません。アラサーを過ぎて必要な美しさは、目の大きさや鼻の高さではありません。その人が持つ態度や姿勢が、人への印象を大きく決定します!

顔立ちは変化するもの! まずはポジティブになって!

人間の表情は、その人のパーソナリティから形成されます。人相を視る占い師の先生は、こうおっしゃいました。

『表情や性格によって、顔立ちは変化し始めます』

『どんなにハンサムでも不平不満ばかり言葉にする人は、口のはしが変に曲がるものです。また、依存気質の人は、目線の危うさがあります。目の焦点がぼんやりするため、頼りない印象を与えてしまいがちです』

このように、感情や気質によって、顔つきの変化は読み取られます。

『逆に、人をちゃんと尊敬し、努力する人は、目線に迷いがありません。恋人を本当に愛している男性の口元は、両方の口角がバランスよく上がり、頬を押し上げて顔の筋肉を美しく見せます』

恋愛が人をキレイにするというのは、男女両方に共通するメリットです。人生経験が顔を形成するのです。顔立ちとは、“その人が創り上げていく一種の責任”なのです。

シャネルの名言から希望を持ちましょう!

有名なフランスのファッションデザイナー・シャネルの名言に、このようなものがあります。

『20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績』

デザイナーとして多くの人と接してきた、シャネルならではの言葉ですね。生まれつきの美貌は一生のモノではないのです。しかし、努力によって自分の姿をチャーミングに見せることもできるのです。

あなたも、思春期に受けたダメージからそろそろ卒業しませんか? 社会人として、一人の男性として、自分の顔立ちを構築し始める時期が来たのですよ。過去に「醜い」と言われたなら、これから逆転してください。それこそが真の人生というものなのかもしれませんね。

【関連コラム】
ブサイクなのにモテる男の共通点3つ
ブサメンの恋愛課題3つ
コンプレックスを抱える男性こそが持つ強烈な魅力とは

●ライター/加藤かとる(スピリチュアル専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする