ご予算は一人10万円以下! 貧乏カップルでも楽しめる海外旅行プラン4つ

【相談者:20代男性】
今度、彼女と長期休暇を合わせて旅行に行きたいと思っています。一人あたり10万円以下で彼女と楽しめるところはどこでしょうか?

a 値段を比べる手間を惜しまないこと。

こんにちは。菊乃です。

今回、海外進出コンサルタントの古津慶典さんにインタビューしました。これまでに行った国は31か国。多いときは年間半分を海外で過ごす古津さんに、旅行の質を落とさずに10万円以内で海外旅行を楽しむコツを教えてもらいました。

海外旅行代金の10万円の内訳は、ざっくりと4つに分けられます

・手数料
・チケット代(飛行機のチケット)
・サーチャージ代(燃料代+空港使用料)
・現地の滞在費(ホテル、観光、現地交通費、お土産代)

この中で唯一、0円にできるのは手数料です。一般的に、ツアーを利用するよりも、チケットとホテルを別々で手配するほうが安くなります。調べるのは手間ですが、素敵な旅行プランを彼女に提案してみましょう。

ただし、韓国や香港はツアーの方が安い場合があるので、比較しながら決めること。人気があって競争が激しい地域、ホテル代の高い地域は、“団体割引”が適応されるツアーの方が安くなる傾向があります。

チケット代とサーチャージ代を合計で5万円以内にしたい。そうなると、フライトが4時間程度の地域になります。台湾、ベトナム、フィリピン、パラオ、中国、韓国など。時期によっても値段に変動があるので、調べておきましょう。

サーチャージ代というのが、使う空港、発着時間で大きく変わってきます。現在増えている格安航空会社『LCC』は、空港使用料を抑えることで価格を下げています。発着が安い地方空港だったり、成田空港でも設備が簡素で外れのターミナルから発着したり、発着時間が早朝深夜などのちょっと不便な時間であることが多いです。

“4時間の移動だけ”と割り切って、ここはLCCを使ってみましょう。チケットは『サクラトラベル』『トラベルjp』などの比較サイトで予約できます。

ホテルを予約する際は、『エクスペディア』や『agoda』といった日本語でホテル予約できるサイトがあります。「迎えに来て欲しい」など細かい要望も、agodaならスカイプを使って日本語で相談することも可能です。

旅先で楽しむためには、文化の違いも知っておきたい。日本のサービスは、“言わなくても分かる”“期待を越える”ことを指すのに対し、海外の場合は、よほどの高級ホテルではない限り、“言われたらやるのがサービス”だという認識です。たとえば、ホテルでシーツが汚いとしたら、日本の場合はホテルの失態。しかし、海外なら申し出ない限り交換しないことも遭遇する。

また、日本ではあまり値切る文化はない。ところが、海外では、「あっちの店は○円だったけどいくら?」と言って値下げ交渉するのは嫌がられない。同じものなのに、外国人向けのお土産屋と地元の人が行くスーパーでは、値段が倍違うということもしばしばある。

141111kikuno

アクティブに楽しみたいカップルにおすすめの地域

済州島(チェジュ島/韓国)

世界自然遺産もあるリゾートエリア。カジノ、グルメ、エステ、温泉、ゴルフと楽しみ方は幅広い。日本語も比較的通じる。

香港・マカオ

買い物、グルメ、観光と楽しめる香港。輸入品に税金がかからないので、日本より安いアイテムも多い。マカオはヨーロッパっぽい雰囲気で、豪華な雰囲気を楽しむことができる。

のんびり異文化を楽しみたいカップルにおすすめの地域

花蓮・太魯閣(カレン・タロコ/台湾)

風景、料理、自然、風景を楽しめる台湾の東側の地域は、台湾でも人気の観光スポット。アミ族の伝統舞踊が有名。自然も多い。台北から特急で2時間30分程度で到着する。台北から花蓮行きツアーも多い。

パラオ

時期によっては10万円以上する場合もあるのが難点だが、珊瑚礁が美しい楽園のような太平洋の島国。親日で旧日本領のため、日本語も通じるところが多い。

141111kikuno2

【取材協力/古津慶典】
海外進出コンサルタント。『株式会社慶コーポレーション』代表取締役。化学メーカー、コンサルティング会社で海外進出や新規事業立ち上げに関わり、2012年に独立。中小企業のアジア進出をサポートしている。

【関連コラム】
金欠でもカップルで海外旅行を楽しむアイディア
若いうちに海外旅行を経験しておくといい理由とは?

●ライター/菊乃(彼氏づくり専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする