カロリーだけじゃない? 食事制限をしても痩せない原因3つ

【相談者:20代女性】
食事にはものすごく気をつかっているのに、全然やせないしキレイになれません。カロリーだって計算して食べ過ぎないようにしているし、野菜もしっかり食べているのに……。

a やせない原因はカロリーオーバーとは限らない。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

摂取カロリーに気をつかったり、野菜をしっかり食べているなんて素晴らしいです! たしかに、太りすぎる原因の1つはカロリーオーバー。必要以上に食べ続けていれば太ってしまいますから、食事に気をつかうことは大切です。

ただし、“美しいボディラインをデザインする”なら、カロリーオーバーだけにとらわれてはNG。美しいカラダを育てるためには体内活動を活発にし、キュッと引き締まった筋肉を育てる必要があります。

体内活動が活発ならば、食べた栄養をしっかりと使って脂肪を燃やしたり、筋肉や肌の新しい細胞をつくり出したりすることが可能。スマートで美しい身体を育てることができます。

この体内活動を減退させる要因は、“食事だけ”とは限りません。『サニーヘルス株式会社』が提示している、“肥満の5大原因”から、食事以外の太る原因を3つご紹介します。あなたのダイエットをジャマしている犯人はどれ……?

141111nao

(1)基礎代謝の低下

基礎代謝とは、呼吸や体温の調整など“生命を維持するため”に消費されるエネルギーのこと。基礎代謝は消費される全エネルギーの約70%を占めていますから、太りにくい身体を育てるためには基礎代謝をUPさせることが重要です。これが低いと、“あまり食べていないのに太りやすい”体質に……!

基礎代謝は加齢や運動不足で減少してしまいます。食事の改善だけでなく、運動も取り入れることがメリハリボディを育てるカギです。

(2)便秘の慢性化

便秘が慢性化しているということは、体内に老廃物を溜め込んでいるということ。すると、余剰な脂肪分・糖分を含むカスが長時間大腸へ停滞するため、水分と一緒に体内へ再吸収されてしまいます。

量は個人差がありますが、多い人は5~7kgも便があると言われているそう。どんなに食事に気をつかっても、不要なものを排出できなければ、スッキリ美人にはなれません。

(3)ホルモンやバランスの乱れ

身体だけでなく、“心”が健康であることもダイエットに重要な要素です。ストレスを溜め込んでいると、解消させるために食べ過ぎてしまったり、逆に食欲が無くなったりと食事のバランスが悪くなりがち。また、体内の活動の司令塔は脳ですから、心が元気でないと体内の活動も停滞してしまいます。

特に自律神経(体内リズム)の乱れは代謝の良さに大きな影響を及ぼします。“活動モード”と“休養モード”の切り替えがうまくいかないと、体内へ余分なカロリーが吸収されやすくなり、太りやすい体質へと変わってしまいます。心も身体もハツラツと過ごすことが体内活動を活性化させるポイントです。

身体は人生を映す鏡

いかがでしょうか。人の身体の材料は、食事から取り入れた栄養素。美しい肌や引き締まった筋肉を育てるためには、食事に気を使うことは必要不可欠です。ただし、取り入れた材料をしっかりと使えているか、不要なものは排出できているか、ということも同じくらい重要。毎日の生活習慣や生活リズム、心のバランスも美容に欠かせない要素です。

まさに、身体はその人の人生を映し出す鏡ですね。

食事をしっかりと管理してもメリハリボディが手に入らない場合は、それ以外の原因にも目を向けて、必要なトレーニングを選びとってくださいね。

【関連コラム】
健康的に筋肉を作る食事の摂り方
ポッコリお腹を解消するポイント5つ
間違ったダイエットによる健康リスクと正しい痩せ方

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする