デスクワークで貧乳に? 美しいバストラインになるブラのつけ方とエクササイズ2つ

【相談者:20代女性】
胸が小さすぎること、カタチが悪いことがコンプレックスです。胸が小さいと思われるのが恥ずかしくて、恋愛にも積極的になれません。形の良いふっくらしたバストに憧れていますが、もともと小さい人は無理なのでしょうか。

もし、美胸になれる方法があれば教えてください!

a 美しいバストラインは毎日のケアでつくれます!

こんにちは。美容・健康ライターのHARUNAです。

胸のコンプレックス、著者も同じく悩んでいます。上向きのふっくらしたバストは女性の憧れですよね。けれども、毎日のデスクワークで体が固まるとバストが垂れたり、左右でサイズの違いが出てしまったりするのだとか……。

今回は、20代~30代のアンダーウェアショップで働く女性たちにお話を伺ってみました。多く挙がった意見をまとめてみましたので、参考にしてみてください!

141110haruna

まずは、正しいブラジャーのつけ方から

正しくブラをつけていないことで、サイズが小さくなってしまうこともあります。大きさ自体を変えることは難しいですが、美しいバストラインを引き出すためにできることはあります。正しいケアで美胸を目指してみてください!

(1)肩ひもを両肩にかけ、ワイヤーがバストのふくらみの下に当たるように位置を合わせます。
(2)前かがみになり、ホックを留める。ホックの上のラインが肩甲骨(けんこうこつ)のすぐ下にくるようにします。
(3)脇から中心にバストを寄せて、しっかりとカップにおさめます。
(4)肩ひもを指が1~2本入るように調整します。最後に、軽く動いてみて肩ひもがずれないか確認します。

上手にブラがつけられない場合は、一度、専門店を訪れて正しいブラのサイズ、つけ方を教えてもらうようにしましょう。正しくつけたら、自分で思っていたカップよりサイズが大きかった! なんてことも多いようです。

美胸を手に入れるためのエクササイズ!

デスクワークなど、同じ姿勢で仕事や家事を続けていると、肩こりからバストラインが崩れてしまうことがあります。

アンダーウェアショップのスタッフさんがオススメする美胸エクササイズをご紹介します。こまめに肩をまわしたり、エクササイズを取り入れたりして、理想のバストラインをつくりましょう。

肩甲骨をほぐすエクササイズ

まず、四つんばいになり、息を吸いながら5秒かけてあごを上げ、腰をそらします。次に、息を吐きながら、5秒かけて頭を下ろし、肩をほぐすイメージで背中全体をできるだけ高く上げます。目はおへそを見るイメージで。これを5セットほど繰り返します。

胸まわりの筋肉を整えるエクササイズ

大胸筋を鍛えて、上向きのバストをつくります。

まず、まっすぐに立った状態で、あごを引き、両手は体の横にストンと落とします。次に、首と背筋を伸ばして、そのままの状態で、ぐいっと肩をできるだけ上に引き上げます。肩を引き上げたまま、思い切り後ろ(背中側)に腕を引き、左右の肩甲骨を寄せて、胸をぐっと張ります。そのまま肩を下ろして、力を抜きます。

これを3セットほど行います。デスクワークで固まった筋肉をほぐす効果もあるので、休憩の際に試してみてください。


お話を聞いて一番多かった意見は、「ブラのサイズが合っていない」「つけ方が間違っている」という声でした。お店で採寸&ブラ選びをしてもらうことも大切ですね。

また、肩こりや姿勢の悪さも胸の形が崩れる原因だそう。普段からストレッチを心がけて姿勢を正してみましょう!

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする