実は需要アリ! 年下男性から結婚対象として見られる女性の特徴

【相談者:30代女性】
彼氏いない歴が3年を超えてしまいました。年齢的にも自然な出会いが難しいかもと思い、本気で婚活を考えています。私が過去にお付き合いした男性は全て年下でしたので、婚活でも年下男性をターゲットにしたいのですが、“結婚”を前提に考える場合、やはり男性側は“年上女性”を対象にはしないのでしょうか。

a 年上女性に求められているものをきちんと認識できればOK!

こんにちは。婚活カウンセラーの上枝まゆみです。

過去の恋人が全て年下だったということですから、アナタはとても包容力があってしっかりしている女性だということが想像できます。

男性は、どこか子どもの部分が抜けきらずに大人になっているところがありますから、アナタのような“安心感のある落ち着いた女性”に憧れている人は少なくないと思いますよ。

141107ueeda

実際のアンケートデータを確認してみましょう

『マッチ・ドットコムジャパン株式会社』が、全国の25~34歳の独身男性240名を対象に、年上女性との恋愛や結婚に関する調査を行い、興味深い結果を発表しています。

調査内容のハイライトは以下となります。

・9割が「年上女性も結婚対象」
・3人に1人が「年上女性との交際経験アリ」
・5人に1人が「何歳差でも気にしない」
・年上女性に期待するのは「包容力」……32%
・結婚したいアラフォー独身芸能人……1位/深津絵里、2位/中谷美紀、3位/石田ゆり子

特に気になる、「年上女性で、結婚対象として考えられるのは何歳上までですか?」という質問への回答は、

・年上は考えにくい……9.2%
・1歳上まで……2.0%
・3歳上まで……18.8%
・5歳上まで……37.1%
・10歳上まで……10.8%
・15歳上まで……0.8%
・年の差は気にしない……21.3%

となっていますから、3歳~5歳年下の男性をターゲットに見据えると、成功率が高いかもしれません。

著名な“姉さん女房カップル”から、対象男性をイメージしてみましょう

パッと思いつくのが、“三浦皇成さん&ほしのあきさん”、“松山ケンイチさん&小雪さん”、“イチローさん&福島弓子さん”、“松坂大輔さん&柴田倫世さん”、“田中将大さん&里田まいさん”といったところでしょうか。

ここで雰囲気がつかめると思いますが、年上女性と結婚している男性は、一途に仕事に打ち込むタイプです。年上妻の包容力と安心感に、仕事以外の部分をすべて任せられるから、自分は仕事だけに集中することができる、といった理由かもしれませんね。裏を返せば、妻は一歩下がって目立つ立場にはありませんが、陰でしっかりと夫の手綱を握っているということでしょう。

それを踏まえると、仕事以外の部分がピュアで、女性を見下したりしない男性と出会えれば、良い夫婦関係が築けそうですね。

最低限年上女性に求められる“容姿”の条件があります

男性から見て、年下の女性であれば少しくらいお化粧が下手でも愛嬌や素直さでいくらでもカバーできます。しかし、年上の女性に対しては、そのあたりはシビアだと思っておいた方が良いかもしれません。

“美人”であるとか“モデル体型”であるとか、そこまでの完璧さは求めないにしても、実年齢よりも老けて見えたりしたら、速攻アウトの覚悟が必要。逆に、実年齢より2歳でも3歳でも若く見えたら、それだけでアナタの容姿的魅力が数段にアップします。

若見えの基本は、“姿勢”です。背筋がシャンと伸びているとお腹も引っ込んで、歩く姿も颯爽感に溢れますよね。

それから、“肌”も大切です。欠点を隠そうとするファンデーションの厚塗りは、老け顔の元。普段の食事やストレス管理に気を配って、素肌のトラブルを軽減させ、薄いファンデーションでもなんとかなる素肌を目指しましょう。

●ライター/上枝まゆみ(婚活アドバイス専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、婚活で年下男性に結婚相手として見られる方法として、「データ的には年上女性の需要はあるので、容姿に気を配りましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「年下男性との結婚」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

年下男性に結婚相手として見られるための必須条件5つ

160517tissue

(1)尊敬される魅力を持つ

外見で年下の女性に勝つことは難しいもの。そこで、年上女性ならではの内面の豊かさを武器にしましょう。

これまでの人生経験によって身に付いた包容力やコミュニケーション能力、思いやりや気配りの力、仕事のキャリアなど、年下男性から尊敬される魅力を持つことが必須です。

(2)結婚を焦らない

男性は一般的に、「早く結婚したい!」と焦っている女性に恐怖感を感じます。それが、年下男性、しかも20代であればなおさら。

女性は適齢期になれば、結婚前提でのお付き合いを望む方も多いと思いますが、あまりにそれを感じさせてしまうと、男性は引いてしまいます。

それに、付き合ったらすぐに結婚を迫られると思えば、男性側もアプローチすることを躊躇しかねません。

年下男性との結婚を望むのであれば、結婚を焦らないのが賢明です。

(3)若々しさをキープする

見た目も中身も若々しく健康的でいることは重要な条件です。

年齢が表れやすい肌や髪のケアをしっかり行い、実年齢より5歳は若く見える状態を保ちましょう。

また、体力や体型を維持するためにも、食事や生活習慣に気を配り、体の中から健康的になることも大切です。

ただし、若く見せたいからといって若作りは禁物。メイクやファッションでムリをすると、余計に老けて見えるのでご注意ください。

(4)卑屈にならない

よく、「もう年だから」「私なんておばさんだから」なんて言う人がいますが、年齢に対する卑屈な言動は年下男性を困らせるだけ。

謙虚さを出したつもりでも、ネガティブでマイナスなイメージしか与えません。

自分の年齢に卑屈にならず、堂々としているようにしましょう。

(5)柔軟性を持つ

人生経験が豊富になると、物事に対する価値観が凝り固まってしまっていることも。

年下男性との会話で理解できないことがあっても、「そういう考えもあるんだ」と理解し、否定ばかりしないようにしましょう。

柔軟な考えや価値観を持つようにすると、世界もまだまだ広がっていきますよ。

また、フットワークの軽さも必須。どこかへ遊びに行こうと誘われたとき、「めんどくさい」「家でいいじゃん」などと言ってはダメ。

普段から部屋に引きこもっているのではなく、いろいろな場所へ出かけて、いろいろな人との交流を楽しみましょう。

フットワークが軽いと、それだけでもイキイキと輝いて見えます。

年下男性が年上女性に期待すること5つ

160502anketo

(1)包容力がある

年下男性は、年上女性に対して大きな包容力を持って接してくれることを期待しています。

たとえば、ちょっとやそっとのことで怒らない、束縛しない、甘えさせてくれる、仕事などの悩みや立場も理解してくれる、など。

連絡が来ないからと言って返信を急かしたり、常に行動を把握しようとしたりするような女性はNGです。

(2)積極的にリードしてくれる

同じ年齢や年下の女性相手では、自分がリードしなくてはとプレッシャーを感じる男性も少なくないもの。

しかし、年上女性が相手であれば、女性側が積極的にリードしてくれることが多いため、男性は気が楽です。

何か問題が起きたときにも、年上女性ならテンパることなく、余裕のある対応をしてくれる……そう期待する男性が多いようです。

(3)価値の高い存在である

仕事においても恋愛においても経験が豊富な年上女性は、年下男性にとって一筋縄ではいかない、なかなか思い通りにならない存在。

簡単に手に入らない、思い通りにならないと思うからこそ、価値の高い存在になるのです。

(4)経済的に余裕がある

年上女性はお金に余裕があるため、デート代などを気にしなくても大丈夫と考える男性が多いようです。

(5)一緒にいると退屈しない

年上女性は人生経験が豊かな分、話題も豊富ですし、コミュニケーションスキルも高いもの。

そのため、年上女性は話すだけでなく、相手の話もしっかり聞いてくれると考える年下男性が多いようです。

話題が豊富で学ぶことや得るものもたくさんあり、自分の話もきちんと聞いてくれる。そんな年上女性と一緒にいれば、退屈することはないでしょう。

年下男性との結婚における注意点3つ

160511inoue02

(1)浮気されるリスクが高い

男性は基本的に若い女性が好きだと言われています。

もし女性が30代で男性が20代だった場合、結婚してから10年後には40代と30代。20年後には50代と40代です。

40代の男性が、50代の妻よりも20代、30代の女性に惹かれてしまい、浮気をする……というのはないことではありません。

年の差が離れれば離れるほど、浮気されるリスクは高くなるのではないでしょうか。

(2)お互いに不満がたまりやすい

結婚生活が長くなると、年上女性は年下男性に対して、喧嘩をしたときや不満を感じたときなどに、つい「年下のくせに」と思ってしまいがち。

それを言葉に出さないまでも態度に出てしまったら、男性も立場がありません。

また、年上女性は年下の男性を母のような気持ちで支配し、コントロールしたくなります。

しかし、男性はやはり女性に立ててもらいたい、尊敬されたいと思っているので、両者のあいだで亀裂が生じてしまうのです。

お互いに相手が思ったように接してくれないことで不満がたまりやすいと言えるでしょう。

(3)夫として成長してもらえない可能性がある

男性はいつまでたってもマザコンなのだそう。そのため、年上女性に甘えてしまい、女性も世話をついつい焼いてしまうため、年下男性は結婚しても夫として成長しない危険性もあります。

子どもができても一家の大黒柱としての自覚が持てなくなる可能性も。

甘えるのが好きな男性の場合、結婚してからもずっとそのまま成長しない可能性があるので要注意です。

年下彼氏に結婚を意識させるコツ5つ

160504ranking

(1)包容力を発揮する

年下男性が年上女性に期待するものとして「包容力」を挙げましたが、結婚を意識させるためにも包容力は大切。

何かでミスしたりうまくいかなかったりして男性が凹んでいるときには、叱るではなく慰めてあげる、帰りが遅くても怒らずねぎらいの言葉をかける。

優しさで男性を温かく包み、癒しの存在となることで年下彼氏に「ずっと一緒にいたい」と思わせることが可能です。

(2)男性に「俺は必要とされている」と思わせる

年上女性は良い意味でも悪い意味でも「一人で何でもできる」と思われてしまいがち。

あまりにしっかりしすぎていると、年下彼氏から「俺がいなくても大丈夫」と思われてしまいかねません。

たまには、男性に甘えたり頼ったりすることも必要です。

自分が苦手な分野では、彼氏を頼って「あなたが必要」という姿を見せましょう。

また、か弱い姿を見せるのも効果的。彼氏を「俺が守ってあげなくちゃ」という気持ちにさせることが、結婚を意識させるのにも有効なのです。

(3)ダラダラと同棲をしない

同棲をしてしまうと一緒にいることが当たり前になってしまい、男性は「このままでいっか」と思ってしまいがち。

一緒に暮らすためには結婚するしかないという状況を作るためにも、同棲はしない方が良いでしょう。

(4)彼氏のお母さんを気にかけてあげる

男性は自分の母親を大切にしてくれる女性に安心感を抱くものです。

「お母さんは元気にしてる?」などと気遣ってあげることで、「結婚しても親と良好な関係を築いてくれそう」と思わせることができます。

(5)出産までのリミットがあることを理解してもらう

結婚を焦ったり急かしたりするのはよくありませんが、彼氏が結婚を決意してくれるまでずっと待っていたら、いつになるかわかりません。

そのため、子どもを産みたいという思いがあるのであれば、彼氏に出産のリミットを伝えることも必要でしょう。

女性の年齢にもよりますが、たとえば、30代前半の女性の場合、2〜3年くらい付き合っていても彼氏が結婚を全く意識していないようであれば、女性には出産可能な年齢があることを伝えてみるのもいいでしょう。

それを聞いた上でもなお結婚の話がいつまでも出ないようであれば、キッパリと別れることも必要かもしれません。

奥様が年上の芸能人

染谷将太さん

俳優・染谷将太さんの奥さんは、女優の菊地凛子さん。菊地さんの方が染谷さんより11歳年上です。

お二人は2015年の元旦に結婚を発表。電撃婚であることと、染谷さんが当時まだ22歳だったこと、菊地さんの方が11歳も年上だったことから、大きな話題となりました。

向井理さん

俳優・向井理さんの奥さんは、女優の国仲涼子さん。国仲さんの方が向井さんよりも3歳年上です。

お二人は2014年に結婚。女性からの絶大な人気を誇る向井さんの結婚に、ショックを受けた女性も多かったですよね。

濱田岳さん

俳優・濱田岳さんの奥さんは、モデルの小泉深雪さん。小泉さんの方が濱田さんより9歳年上です。

お二人は2011年に結婚。身長差19cm(濱田さんの方が奥様より低い)ということでも話題になりました。

松山ケンイチさん

俳優・松山ケンイチさんの奥さんは、女優の小雪さん。小雪さんの方が松山さんより8歳年上です。

お二人は2011年に結婚。人気者二人の結婚は、世間で大きな話題となりました。

まとめ

「年下男性に結婚相手として見られるための必須条件」や「年下男性が年上女性に期待すること」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

年下の男性との結婚に憧れる女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●追記/恋愛jp編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (17)
  • うーん (9)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする