あなたは何色? 人からの印象がわかる“イメージカラー”12色

【相談者:20代女性】
先日の女子会でイメージカラーの話題になりました。面白かったのは、ほとんどの友達が私の好きな色をイメージカラーとして捉えてくれていたことです。

ただ、中には、「え? 何でその色?」みたいな意外な色をイメージしている友達もいて、すごく面白く、また興味深く感じました。

今度、彼にも同じ質問をする予定ですが、人によって受け取るイメージカラーは違うのでしょうか?

a 関係性により微妙に異なるイメージカラー。

ご質問ありがとうございます。カラーセラピー専門家のKIMIです。

お尋ねのように、周りの人たちが自分をどう見ているのか、手っ取り早く知る方法として、「私を色で例えるなら何色?」と質問してみるのが一番です。

ただ、イメージカラーはあくまでも外側の“イメージ”です。その人の立ち振る舞い、雰囲気、印象など、外面的なことを例える色なので、その人の本質的な部分や深い内面の色とのギャップがある場合があります。

ですので、イメージカラーを他人に尋ねた場合、あまり関わりの無い人たちは見た目の雰囲気だけで色をイメージし、恋人や親友、身内など内面を良く知っている場合は、補色となる対照的な色を複数挙げるなど、関係性によってイメージカラーが変化してくる場合があります

141107kimi

色に含まれるプラスとマイナスのキーワードとは?

このコラムでも、何度も色についてのキーワードを書いていますが、色にはプラスだけではなく、マイナスのキーワードも含まれています。

今回は、代表的な12の色のプラスとマイナス両方のキーワードをご紹介したいと思います。

【プラス】
行動的、エネルギッシュ、自信家、情熱家、男性的、現実的、革命的、体力のある

【マイナス】
短気、がさつ、破滅的、破壊的、衝動的、単純、支配欲が強い、執着心が強い

【特徴】
情熱的な赤がイメージカラーの人は、好奇心旺盛で新しいもの好き。持ち前の行動力とチャレンジ精神で、明るくポジティブに突き進みます。

その反面、情熱が裏目にでると怒りっぽくなったり執着心が強まったりして、少し厄介なところもあります。

色の持つ心理作用としては、気分を高揚させる、闘争心を高める、時間の経過を早く感じさせる、食欲を増進させるといったものがあります。

オレンジ

【プラス】
社交的、陽気、無邪気、お洒落が好き、センスが良い、女性らしい、料理や食べ物に感心のある、芸術や美しいものが好き、セクシュアリティを抑圧しない

【マイナス】
向こう見ず、大胆過ぎる、慌てん坊、快楽主義、お節介過ぎる、依存症になりやすい

【特徴】
オレンジがイメージカラーの人は、明るく社交的でみんなを楽しませるのが好き。開放的でくよくよ悩まないタイプです。

赤色と黄色の中間色で、この2色のイメージからいいとこ取りをしているのがオレンジなのです。

見る人に親しみを感じさせる色なので仲間意識が芽生えやすく、緊張を和らげる効果もあるそうですよ。

黄色

【プラス】
知性的、論理的、個人主義、ロジック思考、意志の強さ、陽気、ユーモアのある、満足感、希望

【マイナス】
支配的、皮肉屋、ずるがしこい、神経質、理論武装、意地悪、嫉妬深い、平気で嘘をつく、執念深い

【特徴】
光を連想させる黄色は、子どもが好む色でもあります。かわいらしく天真爛漫で、見ているだけで気分が明るくなります。

一方で、「注目されたい」「甘えたい」といった子どもっぽい願望が隠れているかもしれません。

元気いっぱいなイメージですが、集中力や記憶力を高めるといった知的な効果もあります。

【プラス】
バランスの取れた、優しさ、思いやりのある、愛情豊かな、癒し系、穏やかな、公平な、協調性のある、保守的、自由な、仲間を大切にする

【マイナス】
優柔不断、断れない、我慢する、他人に利用される、騙されやすい、没個性的、意志が弱い、嫉妬深い、足ることを知らない

【特徴】
緑といえば自然の色。穏やかで落ちついていて、控えめな方が多いそうです。

協調性が高いのですが、調和を保ちたいがために優柔不断になってしまう一面も。リラックスさせてくれる癒し系です。

【プラス】
誠実、正直、内省的、精神的、包容力、母性的、信頼、自己表現が出来る、純粋、集中力のある、哲学的

【マイナス】
完璧主義、厳格すぎる、融通がきかない、孤立、内気、憂鬱、非活動的、内にこもる、間違いを認めない

【特徴】
冷静沈着で知的なイメージの青。誠実で判断力に優れているため、人から頼りにされることも多いはずです。

赤とは反対に食欲を減退させる効果があります。落ちついているイメージは緑と近いですね。

空や海などの自然をイメージさせる爽やかな青ですが、内向的で自分の考えを正しいと信じこんでしまうという欠点もあります。

【プラス】
深い洞察力、本質を見る、感性、感受性が鋭い、直感力、霊感、サイキック、スピリチュアル、特別、希少、謙虚、霊性が高い、気高い精神

【マイナス】
地に足が着かない、威圧的、現実逃避、生活が不安定、夢見がち、空想に浸る、現実的ではない、絶望、考え過ぎる、理解されにくい

【特徴】
ミステリアスな紫は、美意識が高い人が好みます。自分磨きに励み、ファッションへのこだわりが強い人が多いそうです。

不思議な魅力を持っている紫は想像力をかき立てます。それが感受性の鋭さといったいい方向にはたらくこともあれば、不安定で夢見がちといったネガティブな方向にはたらくことも。

そんな二面性が異性を惹きつける魅力になるのかもしれません。

ピンク

【プラス】
愛情豊か、親切、思いやり、優しさ、同情心、共感、犠牲心、人を惹きつける、魅力的、かわいらしさ

【マイナス】
尽くし過ぎる、自分を大切にしない、偽善者、見せかけの愛、見返りを求める、押し付けがましい

【特徴】
ピンクがイメージカラーの人は繊細なロマンチスト。かわいらしさや若さを連想させる女性的な色です。

依存心が強く傷つきやすい傾向がありますが、“幸福”“優しさ”といったポジティブなイメージも多くあります。

ゴールド

【プラス】
自信に満ちた、豊かさ、誇り高い、自尊心、親に大切に育てられた、よく褒められた

【マイナス】
エゴイスト、成金、物欲が強い、俗っぽい、浪費家、贅沢、世間知らず、甘やかされた、わがまま

【特徴】
光り輝くゴールドは高級感があり特別に感じる色なので、自分に自信を持たせてくれます。

お金や才能、成功などを象徴するような色でもあり、中には嫌らしく感じる方もいるかもしれません。

【プラス】
純粋、崇高、気高い、穢れのない、清潔感、清らか、処女性、無垢、正義感の強い、リスタート、再出発

【マイナス】
潔癖、無個性、脆弱、完璧主義、ストレスに弱い、敏感過ぎる

【特徴】
ピュアで清潔な印象の白がイメージカラーの人は、完璧主義で正義感が強い傾向があります。

真面目な性格で、嘘は大嫌い。シンプルなものを好むそうです。

茶色

【プラス】
調和、自然、素朴、温もり、安心、安定、伝統、信頼

【マイナス】
頑固、保守的、汚い、退屈、地味、陰気

【特徴】
緑と同様、自然を連想させるため、安心感やぬくもりを感じさせます。

面倒見がよく尽くすタイプで周囲からは信頼されていますが、保守的で頑固なところもあるそうです。

若い方というよりは、大人が好む色かもしれません。

【プラス】
威厳、クール、高級、自信、神秘、知的

【マイナス】
悪、闇、恐怖、死、沈黙、絶望

【特徴】
黒を好む人は、感性が鋭く個性的な人が多いそうです。頑固なのでなかなか自分の考えを曲げません。

他の色と並べたときに黒が与える影響が大きいように、人を動かしてリーダーシップをとれるのも特徴です。

グレー

【プラス】
穏やか、落ち着き、信頼、大人、上品、エレガント、洗練、知的

【マイナス】
陰気、地味、無機質、憂うつ、保守的、面白みに欠ける

【特徴】
他のどの色とも相性がよく、協調性の高いグレー。上品な物腰の柔らかさを感じさせます。

周囲の人からは、落ちついていて信頼の置ける人物だと思われていることでしょう。

ただし、あまり社交的ではなく、恋愛は苦手分野なのだとか。


以上、代表的な12のカラーのプラスとマイナス両方のキーワードを挙げてみました。

ちなみに、ある人に私のイメージカラーを尋ねたところ、「ゴールド、オレンジ、紫、緑」と4色答えてくれました。

おそらくその人は、ゴールドとオレンジを私の外面性、紫と緑を私の内面性を表す色だと直感でイメージされたのでしょう。

プラスとマイナスのキーワード、どちらも微妙に当てはまっていて、なかなか鋭い色選びだな〜と感心しました。

さて、あなたの彼はあなたのことをどんなイメージカラーで見ているのでしょう。キーワードを参考にして、ワクワクドキドキしながら分析してみてくださいね。

イメージカラーを持つメリット2つ

160419color01

イメージカラーといえば、最近はアイドルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

メンバーの1人ひとりに色が割り当てられ、各々のイメージカラーが衣装に反映されたり、ファンは推しメンの色を身につけてコンサートに行ったりと活用されています。

では、アイドルではない一般人のがイメージカラーを持つことには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

(1)プレゼントを選びやすい

プレゼントを選ぶとき、カラーバリエーションがあるものだとちょっと迷いますよね。

しかし、その人がよく持っている色やイメージにぴったりの色があれば選びやすいですし、ハズレも少なくなります。

(2)色を見て思い出してもらえる

イメージカラーがはっきりと決まっている人は、その色を見ただけで思い出してもらえます。それがめずらしい色だと、さらにその傾向が強くなります。

その人のイメージカラーの物が見つかると、「○○さんっぽかったから」とついつい買ってプレゼントしたくなることもあるかもしれません。

【番外編】『イメージカラー』作詞・作曲:つんく

2008年に発売された『℃-ute』のアルバム『3rd〜LOVE エスカレーション!〜』の2曲目に、『イメージカラー』という曲が入っています。

作詞・作曲はつんくさん、歌っているのは『℃-ute』メンバーの矢島舞美さん、鈴木愛理さんのお二人です。

ドライブデートで運転してくれている彼のイメージカラーが歌われています。気になる方はぜひ聴いてみてくださいね!

ちなみに、『℃-ute』のメンバー1人ひとりにもイメージカラーがあります(2016年4月時点)。

・矢島舞美……レッド
・中島早貴……スカイブルー
・鈴木愛理……ライトピンク
・岡井千聖……グリーン
・萩原舞……イエロー

コンサートに行くときはぜひ推しメンのカラーを身につけていってみてくださいね。

まとめ

「色に含まれるプラスとマイナスのキーワード」や「イメージカラーを持つメリット」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

何となく好みや印象で選んでいたイメージカラーも、色も持つ意味を知ると新たな発見があって面白いですね。

イメージカラーの持つ意味が当たっているかどうか、友達や恋人同士で答え合わせをするのも楽しいかもしれません。ぜひ試してみてください。

【関連トーク】
カラー診断と骨格診断の結果から最適な服のブランドを探したいです

●ライター/KIMI(カラーセラピー専門家)

●追記/恋愛jp編集部・佐藤

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (32)
  • うーん (11)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする