年齢がモロ出る! 首にシワができる原因と対処法6つ

こんにちは。健康・美容ライターのMAKIです。

首にしわができると、顔のようにメイクでうまくごまかせないので悩んでしまいますよね。しかも年齢が出やすい部分なので余計に気になります。

今回は、首にしわができる原因と対策についてご紹介したいと思います。

首の皮膚の特徴

首は顔の皮膚に比べると汗腺が2倍あり、水分保持力が1.6倍あるため、べたつきやすく大人ニキビができやすい場所です。また、皮膚が薄く、たるみやすいため、加齢に伴って首や頭部を支える筋力が低下するせいで、しわができやすいという特徴もあります。

首にしわができる原因

首にしわができる原因は、単純に加齢のせいと思われることが多いのですが、原因は1つだけではありません。年齢に関係なくしわを作る原因となるものもあるので注意が必要です。

・加齢により首や頭部を支える筋力が低下
・紫外線やストレスで活性酸素が増加し、首の弾力を保つコラーゲンが断裂する
・肌の乾燥によるバリア機能低下
・睡眠不足や不規則な食事により、新陳代謝が低下しターンオーバーが遅れる
・ストレートネック、猫背、高すぎる枕などの悪い姿勢により、しわが習慣化するため

141030maki

首のしわの対処法6つ

では、首のしわがこれ以上深くならないようにするには、できてしまった首のしわを目立たなくするには、どうすれば良いのでしょうか。

(1)普段のスキンケア

顔のお手入れは入念にしていても、デコルテ部分まで顔と同じように意識してお手入れしている人は少ないです。首のしわ対策には、特に意識して保湿を心がけるようにしましょう。

(2)内側からのケア

しわ対策にはスキンケアと併行して内側からのケアもおすすめです。コラーゲンの生成を促すビタミンAやビタミンC誘導体、新陳代謝を促すビタミンB群の摂取がおすすめです。

(3)紫外線対策

紫外線は肌を乾燥させ、活性酸素を増加するため、肌の弾力のもとであるコラーゲンを破壊してしまいます。夏だけではなく、一年を通して紫外線対策をしましょう。また、首のスキンケアや紫外線対策は、首の後ろまできちんと行うようにしましょう。

(4)姿勢に注意する

高すぎる枕を使っている人は、首に負担をかけ、しわを作ってしまいますので、低い枕に変えるようにしましょう。また、スマートフォンやパソコンをするときの姿勢を見直し、猫背にならないように注意しましょう。

(5)肌の露出が多い服は控える

首元の露出が多いと、乾燥しやすくなります。首元が大きく開いた洋服は避けるようにしましょう。

(6)リンパマッサージ

首には大きなリンパ節がたくさんあるので、血行を良くするマッサージも効果的です。お風呂上がりに、首の真ん中から鎖骨に向かってゆっくりとマッサージをしてみましょう。

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする