ハンドマッサージで得られる意外な美容効果3つ

【相談者:20代女性】
冷え性で悩んでいます。彼氏と手をつなげば「冷たい」と言われますし、血行不良でむくみやすく、冬は手足がしもやけやあかぎれだらけに……。彼のためにも、むくみや肌荒れ知らずのキレイな身体になりたいです!

秋になり、また冷えが心配な季節が近づいてきました。寒さに負けない美容法を教えてください。

a ハンドマッサージで癒されるほっこりタイムを取り入れて!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

“冷え”は美容の大敵。血行不良は栄養の配達を渋滞させてしまいますから、老廃物がたまりやすく新しい細胞が生み出されにくい“代謝の悪い身体”を育ててしまいます。

むくみや肌荒れを改善するためには、体内の循環をよくすることで、老廃物を流して新しい細胞を生み出しやすい体質にすることが必要不可欠。巡りが良くなれば隅々にまで栄養が行き渡り、髪や爪の艶まで回復します。

体内循環は24時間休むことなく行われているはたらきですから、たまーに行うエクササイズではなかなか改善できません。とはいえ、忙しい毎日の中でできることは限られていますから、できるだけ手軽に続けられる方法で体内の巡りを活性化させたいもの。

そんな場合におすすめなのが、隙間時間に取り入れられる『ハンドマッサージ』です。場所も時間も選ばないハンドマッサージなら、隙間時間のたった5分をぷるっと潤う美人トレーニングに変えることが可能です。

141104nao

ハンドマッサージの美容効果3つ

温めるために手をさすることは自然と行っていますし、手で触ったり、さすったり、揉んだりするだけで心も身体もほっこり温かくなる経験は誰しも持っているのではないでしょうか。

そんなハンドマッサージは手軽すぎて見落としがちですが、実は美容効果抜群! 驚きの効果を3つご紹介します。

(1)血行が良くなり、冷え性を緩和

手をさするだけで温かくなり、手のひらが赤らんできますよね。“ぐー・ぱー”と大きく動かすことも効果的。血行が良くなり、冷え性を緩和することができます。

(2)こわばった筋肉がほぐれ、しなやかで巡りのよい体質に

筋肉がこわばれば体内の循環も滞ります。しなやかで柔らかい身体は体内循環を良くし、栄養を隅々まで行き渡らせるのが得意。ぜひ柔らかい状態をキープしましょう。

(3)老廃物や余分な水分を排出し、むくみを改善

体内循環が滞っていると老廃物が排出されず、むくみやすい体質に。「不要なものは溜め込まずに出す」が美の鉄則! 揉み込むことで老廃物を流すことが可能です。

さらに、お気に入りの香りのハンドクリームやマッサージオイルを使用すれば、アロマテラピー効果まで。リラックス効果も期待できるためおすすめです。手を動かすことで全身のめぐりがよくなれば、脳への血流もUP。認知症や物忘れ防止効果まであると言われています。

チョコレートよりもすごい! マッサージの癒し効果

『株式会社ポーラ』が行った“ハンドマッサージに関する調査”によると、ハンドマッサージにはストレス軽減効果があることが判明。マッサージを受けた後には、ストレスの指標である唾液中の『コルチゾール』濃度が有意に低下していることがわかったそうです。

このコルチゾール濃度の低減レベルは、一般にストレス低減効果があるとされるチョコレートを摂取した場合と同等とのこと。

さらに、ストレスに関連する項目に関して、精神面・身体面の両方の自覚変化を調べたところ、マイナス面の改善やポジティブ面の増加など、複数の項目で変化を確認。特に、マイナスな感情である“イライラ”の改善、“ほっとする”といったポジティブな感情の増加、“だるさ”の改善において、ハンドマッサージを受けた後の効果は、チョコレートを摂取した場合より大きいことが判明しました。

ハンドマッサージには、全身の美容効果に加えてリラックス効果もあり。冷えやむくみを改善するだけでなく、心のコリもほぐすことができますから、何事も前向きに取り組める幸せ美人になれちゃいます。手をマッサージするだけ……こんな身近で手軽な美容法があること、ご存知でしたか?

毎日の隙間時間で冷え知らずの潤い美人に

手足や足先の冷えは循環が滞っているSOSサイン。さする、揉む、動かすだけなら数十秒でだってできますよね。「冷えてきたかも!」と感じたら、隙間時間に手のひらや指のマッサージを取り入れてみてはいかがでしょうか。

筆者も冷えに悩む女の1人。気づいたら隙間時間を利用して、大好きな香りのハンドクリームを塗りながら手のひらや指を揉み込んでいます。ほっこり癒されて次の行動へと前向きに進むことができますし、実際に温かさを感じることで血流が良くなったことも実感でき、「今よりもっとキレイになれる!」とウキウキできます。

わくわく感やウキウキ感は物事を続けるための脳への栄養。冷えやむくみの改善に悩み過ぎたり躍起になったりせず、ドキドキわくわくしながらキレイになれるトレーニングを続けてくださいね。

【関連コラム】
プロ直伝の簡単フェイスマッサージのやり方
家でできる“おこもり美容法”3つ

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする