アラサー女子に自覚ナシ!? 顔がたるむ3大原因とセルフケア方法

【相談者:30代女性】
30代になり、顔のたるみが気になりはじめました。いつまでも若々しい肌でいたいので、予防にも解消にも効果的な方法を教えてください!

a 毎日のセルフトレーニングで潤い美人に。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

顔がたるむと老け込んだ印象になってしまいますし、腕や足がたるめばファッションが楽しめなくなってしまいますよね。

若々しくぷるっと潤った肌を保つためには、たるみに発展する前に対処することが重要。ぜひ、毎日の生活習慣をたるみ予防のトレーニングに変えてください。

私たちは年齢を重ねると美容成分が減少し、細胞は衰えます。これまで支えてきた皮膚や皮下組織を支えきれなくなると、シワやたるみに発展。予防&解消するためには、原因を知って正しいケアをすることが大切です。

たるみの3大原因とその対処法をご紹介します。

141031nao

たるみの3大原因とその対処法

(1)肌の老化

加齢とともに肌の水分や保湿成分は減少し、弾力が失われてしまいます。たとえば、肌表面で活躍している重要な保湿成分『セラミド』は、赤ちゃんの頃が一番多く、加齢とともにどんどん減少。セラミドは肌のバリアになって外界の刺激から肌を守ったり、細胞同士をくっつける接着剤のような役割を果たしたりしていますから、これが不足すると潤いも弾力もどんどん減少してしまいます。

肌の老化によるたるみを防ぐ方法は、新しい細胞を生み出すための栄養素をしっかり補給することと、保湿ケアを欠かさないこと。細胞の材料である『たんぱく質』や『ビタミン』『ミネラル』をバランスよく補給しましょう。

セラミド入りの保湿ケア化粧品を使用した保湿を欠かさないこともおすすめです。

(2)代謝の低下

代謝が衰えると老廃物が蓄積し、皮下脂肪が肥大化。すると、支えきれずにたるみに発展します。代謝の衰えを知らせる“SOSサイン”は、“むくみ”。実は“むくみ”がたるみに発展するということをご存知ですか?

『株式会社ドクターシーラボ』が行った「“顔のむくみ”に関するアンケート調査」の結果、約9割もの人が顔のむくみがたるみに発展する事実を「知らない」と回答。大多数の人が、むくんでもケアをせずに放置している事実が判明しました。むくみは代謝が衰えたことを示すサイン。ぜひむくみに敏感になって早めの対処を!

むくみを解消するおすすめの方法は、リンパマッサージでリンパや血液の流れをスムーズにすることや、カリウムの多い食品の摂取、適度な運動。老廃物は溜め込まない生活を心がけましょう。

(3)筋肉の衰え

筋肉は使わなければどんどん衰えてしまいます。筋肉が衰え、肌を支えきれなくなると、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなり、たるみに発展。『アスカ鍼灸治療院』の福辻鋭記氏も著書『二の腕だけやせる技術』の中で、「老化=伸筋の衰え」と語っています。

伸筋が衰え脂肪量が増加し、支えきれなくなると二の腕に流れて二の腕がたるんでしまうのだそう。筋力が低下すると美しい姿勢が保てなくなり、全身がたるみ脂肪が増えてしまうため要注意。いつまでも美しいボディラインを維持するためには、筋力の維持が欠かせません。

筋力は使わなければ衰える……ということは、たまに長時間筋トレをしてもダメ。毎日の生活に少しずつでいいのでストレッチや筋トレを取り入れることが大切です。

また、生活している中で姿勢を意識するだけでも効果絶大。デスクワーク中も美しい姿勢を保つだけで、多くの筋肉を使うことができ、その場で見た目も美しくなり、筋力UPも可能。こんなにお得なトレーニングはありませんね。

毎日のちょっとした工夫が美人を育てる

いかがでしょうか。数か月に1度高級なエステに行く、たまに栄養満点の食事をする、気が向いたら筋トレ……などはトレーニングとは言えません! サボっているあいだにどんどん老化が進行してしまいます。

毎日のちょっとしたトレーニングが老廃物を溜め込まずに皮膚を支える筋力を育てるカギ。毎日のセルフトレーニングにて、「もっと美しくなれる!」と実感することで、明日がもっと楽しみになりますよ。ぜひ今日できることから始めてみてください。

【参考文献】
・『二の腕だけやせる技術』福辻鋭記・著

【関連コラム】
アラフォー女子の目元がたるむ原因と改善方法3つ
アラサー世代が悩む口元のほうれい線を消す方法

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする