“女性の薄毛”の原因と予防・改善する対処法5つ

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

一般的に男性の悩みというイメージが強い“薄毛”。最近、女性の間でも、「抜け毛が気になる」「量が減ってきた」と悩んでいる方が増えています。「女なのにどうして?」とショックを受けてしまいますが、実は女性だからこそ起きる薄毛のトラブルがたくさんあります。

まずは、女性型脱毛症について知っておきましょう!

男性の薄毛とは違います! 女性型脱毛症って何?

髪の毛のボリュームが減ってきた……。女性の薄毛の大きな原因のひとつが“ホルモンバランスの乱れ”です。

通常、1つの毛穴から3本程度の髪が生えていますが、ストレスなどの影響によりホルモンバランスが崩れてしまうと、髪の成長が上手に行われません。すると、1つの毛穴から生える毛髪の本数が減る、髪そのものが細く痩せてしまう、色が薄くなるなどのトラブルにつながります。

男性は生え際、頭頂部など部分的な薄毛が気になりますが、女性の場合は頭頂部を中心に髪の隙間から頭皮が見えてしまう状態(全体的に薄くなる)が特徴です。

ホルモンバランスの乱れが一番の原因!

刺激が強いヘアカラーを繰り返し使う、髪を引っ張るようなヘアアレンジを続けている。

これらの習慣も抜け毛や薄毛の原因になります。原因は色々ありますが、中でも一番の注意したいのはホルモンバランスの乱れです。女性ホルモンの1つ『エストロゲン』と髪の状態は密接な関係でつながっています。

髪の成長を促す作用があるエストロゲンは、減少すると抜け毛や薄毛につながります。ストレス、寝不足など生活習慣の乱れには注意しましょう。また加齢によりホルモンバランスが崩れることも……。エストロゲンの分泌は28歳ごろがピーク。その後は年齢を重ねるごとに減少。閉経後は髪が薄くなってしまう方が多いです。

140923haruna

薄毛を予防・改善する対処法4つ

(1)十分な睡眠をとること

毎日忙しくて就寝時間が遅くなってしまう。ストレスや不安が頭から離れず寝付けない。なんてことはありませんか? 髪の成長を促すためには十分な睡眠をとることが欠かせません! リラックス感がアップする副交感神経が優位になる22時~翌2時の間に睡眠をとると成長ホルモンの分泌が促進されて、健康な頭皮と髪を守ることができます。

(2)頭皮マッサージで血行を促進

頭皮を触ってみて、「硬い」と感じませんか? だとしたら血行が滞っている可能性が。頭皮の血行が悪くなると、健康な髪を育む『毛母細胞』に栄養が行き届かなくなってしまいます。5本の指先で軽く、「トントン!」と頭皮をマッサージ。

ブラッシングで頭皮に程よい刺激を与えたり、美容室でスカルプケアを受けてみるのも良いでしょう。

(3)髪のもと『たんぱく質』を摂取する

毛髪の95%は、18種類ものアミノ酸が結合しているケラチンというたんぱく質からできています。ダイエットで肉、魚、卵などを避けていると健康な美髪が育ちません。カロリーが気になる方、脂質が気になる方は、高たんぱく・低カロリーの女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含む大豆製品がオススメです。

(4)たんぱく質を吸収させるには、ビタミンが必要

たんぱく質だけ食べればよいというわけではありません。たんぱく質を体内に吸収させるためには、ビタミンも必須です。髪に良いとされている『ビタミンA』『ビタミンB6』『ビタミンE』も摂取しましょう。

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする