スッピンなのに綺麗! 女性より男性の方がお手入れいらずで美肌なワケ

【相談者:20代女性】
女性より男性の方がお肌が美しいと思います。女性はメイクしないと外に出られないのに、男性はいつもすっぴんで、キレイだと思いませんか? 肌荒れやニキビができることもないみたいに思えます。なぜでしょうか?

a 男性と女性の肌質の違い、それが答えです。

こんにちは。美容・健康ライターのHARUNAです。

スキンケア、メイクとお肌に手間をかけている私たち女性。それなのに、男性のお肌の方がキレイだなんて、なんだかな~と思ってしまいますよね。お肌のケアに無頓着な方が、素肌がキレイになるという説もありますが、ここではまず男女の肌質の違いを知っておきましょう。

141029haruna

男性の方が女性より皮膚が厚く、ダメージに強い

一般的に、男性の方が皮膚が分厚く、キメが荒い、そして、かたいです。それに比べて女性の肌は、キメが細かくて柔らかい。お肌は美しく見えますが、ダメージを受けやすいというデメリットがあるのです。

そのため、紫外線、乾燥などの外的ダメージ、生活習慣の乱れや加齢による内的ダメージ共に、女性のお肌の方が“肌荒れ”として現れやすいのです。

男性の方が皮脂の分泌量が多く、乾燥に強い

また、男性の皮脂の分泌量は、女性に比べておよそ2.5倍多いと言われています。肌表面の皮脂量が多いため、乾燥に負けない強い肌質をしています。実際には、女性の肌水分量の方が高く、約半分ほど違いがあります。それでも皮脂量が高い方が、肌表面の乾燥を防ぐ力が働きます。

女性は水分量が高くても皮脂が少ないため、湿度が下がると“乾燥している”と敏感に反応しやすい肌質をしています。

女性ホルモンの変化という最大の違い

女性の1番の悩みといえば、“肌荒れ”ではないでしょうか。2、3日前まではあんなに調子が良かったのに、今日はカサカサ。ニキビもできてしまった、という突然の変化。誰でも1度は経験があるはずです。

肌質の変化は、生理周期に伴うホルモンバランスの変化により起こります。月経前~月経時には、精神的なイライラ、落ち込み、不安などを感じやすく、身体もだるい。寝つきが悪い、何度も目が覚める。甘いものばかり食べたくなって食事が偏るなど、ホルモンバランスの変化により精神、身体共に不調が現われやすく、生活習慣や食生活の乱れにつながり、結果的にお肌にも悪影響を与えてしまうのです。

弱い女性のお肌を守るために、毎日のケアを

毎日メイクをしている女性に比べて、素肌で過ごす男性のお肌の方がキレイ。とはいえ、何もしないでいることがお肌に良い影響を与えているわけではありません。

皮膚が薄く、皮脂が少ない女性には、毎日のスキンケアが必須。化粧水で潤いを与えて、乳液・クリームで皮脂を補う。そして、紫外線や乾燥からのダメージを最小限に抑えるように工夫しなければいけません。男性の素肌習慣を真似て、スキンケア+UVケアのみ。メイクは控えめにして過ごす時間を増やすと、お肌に余計な負担がかかりにくくなります。

また、最大の違い、女性ホルモンバランスの変化。生理前に肌荒れするのは、きちんとホルモンが働いているから=健康な証拠でもあります。少しでも理想のお肌で生理期を乗り切るために、食事、睡眠、運動のバランスがとれた規則正しい生活、リラックス習慣を心がけてみましょう。

【関連コラム】
美肌を育む! 副交感神経を優位にする方法5つ
美肌づくりに役立つお酒の飲み方のポイント3つ
“女性の薄毛”の原因と予防・改善する対処法4つ

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする