美容液はNG? 肌荒れしやすい“季節の変わり目”のスキンケア対策

【相談者:30代女性】
季節の変わり目になると、肌荒れが気になります。気温の変化によるものでしょうか? 毎シーズンごとにお肌の状態が悪化してしまうので、何か対策方法を教えてください!

a 肌荒れ知らずの安定したお肌には、普段通りのケア+α!

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

いつもと変わらないケアや生活習慣を心がけているのに、お肌の調子が不安定になってしまう季節の変わり目。「どうしたらいいの? もしかして、化粧品が合わない?」と、むやみにスキンケア用品を変えてしまう方も多いようです。実は、これがお肌に負担を与えてしまい、さらに肌質のブレを引き起こしてしまうことも。

141028haruna

季節の変わり目、スキンケア対策は?

なぜ、季節が変わるときにお肌も不安定になるのでしょうか。その原因として、お肌の免疫力や抵抗力が弱くなっていることが考えられます。

気温・天候がめまぐるしく変わる時期は、心身ともに調子を崩しやすく、免疫力など“肌力”が低下。普段と変わらないケアをしていても、ダメージに弱いお肌になっているのです。そんな状態ですから、刺激の強い美白やアンチエイジング化粧品は避けた方がベター。お肌にやさしい成分でつくられたスキンケアを使うように心がけましょう!

化粧水がしみるなら、油分で保護を!

もし、化粧水など水分の多い化粧品が、「しみる」「ピリピリする」と感じたら、使用量を控えて、クリームやワセリンなど油分が多いものでお肌を保護してあげましょう。1週間ほど様子を見て、お肌が落ち着いてきたら普段通りのケアに戻せば、バリア機能も正常に働きやすくなります。

美白美容液、保湿美容液……と、たくさんのスキンケア用品を使うとお肌に負担がかかりやすい時期なので、アイテム数は極力減らして、最低限のものを塗るように。お肌への刺激を控えることで、肌本来が持つ免疫力を上げる効果があります。シンプルなスキンケアが鍵です。

季節の変わり目は、ストレスで肌荒れが悪化する?

最近、いつも以上に疲れやすい……と感じませんか? 同じような生活をしているはずなのにストレスを感じるのは、この季節特有の“免疫力低下”によるものかもしれません。

ストレスは、その人の弱い部分になって現われます。お腹をこわす人、胃が痛くなる人、生理が遅れる人、お肌が荒れる人。症状は人それぞれ違います。

ストレスが肌荒れを起こすのはなぜ?

ストレスを感じると、体内に老化の元である『活性酸素』が発生します。この活性酸素が細胞を傷つけて、エイジングを促進させるのです。また、季節の変わり目は免疫力も低下するので、ニキビができやすかったりダメージに弱かったりします。

ストレスを軽減して季節の変わり目を乗り越える!

ストレスの元をなくすことができれば一番ですが、仕事や家事、人間関係など、悩みはつきませんよね。ストレスと上手に付き合うためには、まず“体をしっかり動かすこと”。

運動をすると自律神経が安定して、ホルモンバランスの状態が安定しやすくなります。また、“きちんと食べる”“ゆっくり眠る”ことも大切です。できるだけバランス良く食べて、1時間でも早く眠れるように意識してみましょう。

その他、香りで気分をリラックスさせるのも◎。仕事の合間に、自分が好きな香りを嗅いだり、入浴剤にお気に入りの香りを選んでみたり……。疲れが溜まらないように工夫をしてみましょう!

気候とともに肌状態も不安定な日が続いてしまうものです。無理にスキンケアを変えると負担になるので、使用量を調整したり、アイテム数を減らして様子をみたりしてくださいね!

ストレスや疲れのケアも意識して、揺らぎ肌の改善を目指しましょう。

【関連コラム】
アラサー女性が若さを保つための生活習慣4つ

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする