ラブラブなのに何故? 女性が不安を感じやすい理由と安心させるポイント3つ

【相談者:20代男性】
付き合って半年になりますが、彼女はいつも2人のことが不安になるみたいで、すぐに凹んだり泣いたりします。2人の仲は全然問題ないんです。もちろん、ぼくは浮気や彼女を悲しませるようなことはしていないので、どうしてそうなるのか全然わかりません。彼女に安心してもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

a 男女の違いを意識した上で、小さな安心を積み上げましょう。

迷宮脱出ガイドの咲坂好宥です。

特に理由もないのに彼女が不安になるというのは、対応に困りますよね。それはあなたがイケメンすぎるのかもしれませんし(笑)、別の理由があるのかもしれません。

ただ、女性は男性よりも不安になりやすい、ということが言えるみたいです。なぜそうなのか、“神経伝達物質”の観点からお話ししますね。

141024sakisaka

幸せホルモンの量に男女差があった!

『セロトニン』のことはあなたもよくご存知かもしれません。心身の安定に関与することから、『幸せホルモン』なんて呼ばれる神経伝達物質ですね。

カロリンスカ研究所のAnna-Lena Nordstrom准教授らの研究結果で、セロトニンに関与する受容体の数やタンパク質の濃度などに、男女差があることがわかりました。

一般的に、女性のセロトニンの量は男性の半分しかないそうです。『幸せホルモン』が半分……! あなたの彼女がすぐに凹んだり不安になったりするのも無理がないと思いませんか?

もちろん、このセロトニンの量には個人差がありますから、全ての女性がすぐに不安になる、ということではないでしょう。でも、少なくともあなたの彼女は、不安になりやすいタイプなのかもしれません。

そうである以上、あなたが意識しなければならないことがあります。それは、ご自分で感じている以上に彼女を安心させてあげる必要がある、ということです。

彼女の安心を積み上げる3つのポイント

「で、どうやったらいいの?」あなたのそんな声が聞こえた気がしますが、残念ながら、「普段より倍は安心できるテク」みたいなものはありません。彼女が安心できるようなことをたくさん積み上げていくしかないのです。

とはいえ、それでおしまいでは身も蓋もありませんので(苦笑)、あなたがちょっと意識するだけで変わることができる、不安解消ポイントを3つご紹介します。

(1)まめに連絡する

試しに今までの2倍、まめに連絡してみたら、彼女の気持ちはどのくらい安定するでしょうか。そこまでは難しいとしても、あなたにとっての“普通”は、彼女にとっては“連絡がなくて寂しい”なのかもしれません。それを意識してみてくださいね。

(2)気持ちを話す

男性というのは、女性に比べて自分の感情をなかなか話しません。それが、「何を考えているかわからない」という不安を生む種にもなるワケです。慣れないと少し恥ずかしいですが、あなたが感じている気持ちを表現してみましょう。

(3)オープンになる

謎めいたオトコの魅力も捨てがたいですが、相手が不安なら、そこは考え直さなくてはいけませんね。隠し事や嘘はありませんか? そういう不安の種は全部摘んで、両手を広げて彼女を受け入れてあげてください。


以上、ちょっと意識するだけの不安解消ポイントを3つご紹介しました。彼女のセロトニンはあなたの半分しかないという意識を忘れずに、小さな安心を積み上げてくださいね。

おだやかな時間を楽しめますように!

【関連コラム】
彼氏の愛情表現がわからない……男女間の愛情の伝え方の違い
「私なんて」が口癖のネガティブ彼女の深層心理4つ
彼女を満足させる愛情表現テク4つ

●ライター/咲坂好宥(脱・恋愛迷宮専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする