月に○kg以上はアブナイ!? 急激な減量ダイエットが及ぼす健康リスクと対処法

【相談者:20代女性】
ダイエットを決意しました。10kgほど減らして美しい身体になりたい! と思っているのですが、3か月以内に10kgも体重を減らすことは可能でしょうか。

a 短期間に大きく体重を減らすダイエットはNG!

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

急激に体重を減らそうと過度な食事制限をしたり、キツすぎるトレーニングを続けたりしても、美しい身体はデザインできません。

単品ダイエットや極端な食事制限をすれば、体内が栄養不足の状態になり、消化器官のはたらきが低下。あまりエネルギーを使わないようにする“省エネモード”になってしまいます。

さらに、少ない食事から少しでも多くの栄養を取り入れ、栄養が入ってきたときにはできるだけ脂肪として溜め込もうとする太りやすい体質に。体重は減っても水分や筋肉、骨が減っただけで、脂肪は逆に増えてしまう、といった逆効果を招くためおすすめできません。

体内のはたらきを活性化させ、健康的にやせるためには、1か月に0.5kg前後の減量にとどめるのが理想的。1kg以上減らすことは、健康を害するリスクが高まり危険です。

また、体重を減らしてもシルエットが変わらなければ意味がありませんよね。美しいボディラインをデザインするためには、体重にこだわるよりもカラダを引き締める自然のコルセットである“筋肉”を育てることの方が重要です。

141022nao2

過度なダイエットが引き起こす悲劇とは!?

実際に、「食事制限をして数か月で10kg以上やせた!」なんて成功体験も多いですよね。たしかに体重を減らすことは可能ですし、見た目の変化にも成功したのかもしれません。しかし、その人の体内がどうなっているのか、また、その後キープできているのかは、誰にも分かりません。

慶応義塾大学特認教授の栗原毅氏は、著書『美人ダイエットノート』の中で、過度なダイエットによる『低栄養性脂肪肝』のリスクを説明しています。著書によると、

・極端なダイエットによる低栄養性脂肪肝が急増している
・1か月に3kg以上の急激なダイエットでエネルギー不足に陥ると、肝臓が体中から脂肪を集め、脂肪肝になる。これが『低栄養性脂肪肝』
・コンテストなどで3か月間に15kg位やせた人たちを調べた結果、ほとんどの人が脂肪肝であった

とのこと。急激な体重・体脂肪の変化は体内に悪影響を及ぼすだけですし、筋肉が減ってしまえば引き締まった身体にはなりません。

美は1日にしてならず。健康的な生活と引き締めトレーニングを

どんなに体重が減っても、生活習慣病になってしまったり、健康を失ってしまったりしては成功とは言えませんよね。幸せになるためのダイエットで、不幸をもぎ取ってはいけません。

筋肉は脂肪よりも重いため、筋トレなどで身体を引き締めると体重が変化しなかったり、むしろ増えたりする場合もあります。体重を減らすことだけがダイエットではありません。体重計の数値にとらわれず、必要な栄養を摂った上で運動を取り入れ、美しいボディラインをデザインしてください。

【参考文献】
・『美人ダイエットノート』栗原毅・著

【関連コラム】
間違ったダイエットによる健康リスクと正しい痩せ方
成功者が語る“挫折しないダイエットのコツ”4つ
仕事中にもできる簡単筋トレ方法2つ

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする