国際カップルの試練! 日本へ移住してきた外国人が戸惑うことTOP3

【相談者:20代女性】
今、オーストラリア人の彼氏と遠距離恋愛中です。遠距離恋愛が始まった頃から、彼はずっと日本で働きたいと言っていて、近々日本へ引越ししてくることになりました。彼が日本へ来るのは初めてで、日本語もほとんど話せません。

彼が日本に住むにあたり、どんな点に気を付けてあげれば良いでしょうか。少しでも彼が快適に過ごせるように、何かアドバイスがあればお願いします!

a 外国人が日本に来て戸惑うことトップ3!

はじめまして。国際恋愛専門家のCocoです。

近々彼が日本へお引越しとのこと、今からとても楽しみですね! 少しでも快適な暮らしを送って欲しいと願うお気持ち、お察しします。

今回は、実際に日本に住んでいる外国人の方に、日本へ引っ越してきた当初、どんなことに戸惑ったかを聞いて、多かった3つをご紹介します。是非、彼へのサポートの参考になさってください!

141020coco

(1)日本語が読めない! 一人での外出が億劫に……

「日本語が読めなくて苦労した」という声が多かったです。日本に住んでいると、耳に入ってくるのは日本語ばかりで、比較的早く日常会話に困らない程度の日本語を話せるようにはなったとしても、ひらがなやカタカナ、漢字の読み書きを覚えるのには、とても苦労される方が多いようです。

地名や駅はローマ字表記があるので、そこまで困らないものの、飲食店のメニューやお店の看板、パンフレットなど、漢字やひらがな表記だけの場合、何が書いてあるのか想像もつかず、困り果ててしまうようです。

彼に教えてあげるか、初めのうちは日本語学校に通って、日本での生活に困らない程度の勉強をしておくのも良いかもしれませんね。

(2)日本人の曖昧な返事に戸惑う日々。自分の返事もどうすれば?

日本人の特徴として、世界的に有名なのが、“曖昧な返事”です。断るときも、ハッキリと「いいえ!」とは言わず、言葉を濁したり、社交辞令を言ったりすることに、外国人の皆さんは戸惑うようです。言葉のニュアンスから気持ちをくみ取ることは、外国人からしたら至難の業です。

何事もハッキリと言ってくれないことで、相手の気持ちが分からないため、なかなか日本人の中に打ち解けられず、寂しい思いをする方も多いようです。

彼の来日が初めてなら尚のこと、日本人の“曖昧な返事”について、予め彼に話しておくと良いですよ。

(3)仕事を探すのに苦労。アルバイトばかりで、収入が安定しない

日本で仕事をするには、やはり日本語が必須となってきます。探せば、中にはあるかもしれませんが、日本人でも職探しが難しい不景気の今、外国人となると更にハードルが上がるようです。

言葉があまり必要とされない職に就いたとしても、アルバイト契約な場合も多く、収入は安定せず、なかなか結婚に踏み出せないというカップルも少なくありません。そこで、自営業へと踏み切る国際カップルも少なくありませんが、これも上手くいくかどうかは、やってみなければ分かりません。

将来のことは、二人でちゃんと話し合い、計画と目標をしっかり立てておく方が良さそうです。


いかがでしたでしょうか。

言葉、文化、そして職探しに困ることが、やはり多いようです。あなたのサポートで、彼に日本での生活を気に入ってもらえると良いですね!

【関連コラム】
フィンランド人男性が思う日本人女性の3つの不思議
外国人男性に不評な“日本人女性のNGファッション”4つ

●ライター/Coco(国際恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする