花嫁のイメージが決まる!? 結婚式で着るカラードレスの色が与える印象7選

【相談者:20代女性】
はじめまして。来月末に、3年間付き合った彼と結婚することになりました。結婚式まであと1か月ちょっとしかないので、バタバタ準備に追われているところです。そこで、今一番悩んでいるのが、披露宴のお色直しのときに着るカラードレスの色です。私は青が好きなので、青のドレスにしたいのですが、彼はもっと明るい色のドレスがいいんじゃないか……と意見が割れています。

そこで、色に含まれる意味などを詳しく知りたいと思い、質問させていただきました。よろしくお願いします。

a カラー別ドレスが与える印象とは?

ご質問ありがとうございます。カラーセラピー専門家のKIMIです。

来月ご結婚なさるとのこと、本当におめでとうございます。ドレスの色選びに悩むお気持ち、よく分かります。自分の好きな色にしたいけど、周りからいろんな意見をされると本当に迷ってしまいますよね。

一生に一度の晴れの舞台、納得いくカラードレスにするために、色が持つキーワードをいくつかご紹介しましょう。

141017kimi2

(1)赤

赤のドレスは、情熱的で自信に溢れた花嫁のイメージを演出するにはもってこいです。お色直しのインパクトとして一番強い色なので、かなり印象に残るドレスになるでしょう。

(2)オレンジ

オレンジのドレスは、周りをパッと明るくし、元気いっぱいに喜びを振りまくイメージです。周りの人たちも思わず楽しくなるような、はつらつとした可愛い花嫁の印象を与えるでしょう。

(3)イエロー

イエローのドレスは、まさに幸せの象徴。ハッピーオーラ全開で眩しく輝やく太陽のような明るい花嫁のイメージを演出できるでしょう。

(4)グリーン

グリーンのドレスは、癒し系花嫁を演出するにはぴったりです。優しさと思いやりに溢れた良妻賢母のイメージで、周りにかなりの好印象を与えるでしょう。

(5)ブルー

ブルーのドレスは、誠実で母性的な花嫁のイメージです。静謐で気品溢れる雰囲気は、まるでマリア様のよう。ワンランク上の上質なお色直しを演出できるでしょう。

(6)紫

紫のドレスは、高貴で神秘的な花嫁の印象を周りに与えるでしょう。大人のエレガンスを演出するには最適なカラーです。

(7)ピンク

ピンクのドレスは、可愛らしさに溢れた、まさにお伽話のプリンセスのイメージ。ピンクパワーで女性に生まれた喜びと幸せをとことん感じ切ることができるでしょう。


以上、7色の代表的なカラーの持つ意味と、周りに与える印象などをあげてみました。

1つの色でも濃淡によりイメージが違ってきます。ビビッド系は個性的で自己主張の強さを、パステル系はふんわりと周りに溶け込む優しい印象を与えます。

お色直しで、どんなイメージの花嫁を演出したいのかが分かれば、それに合わせてカラードレスを選ぶことができます。ぜひ上記をご参考になさって、あなたらしさを大切にした素敵な花嫁さんになってくださいね。

【参考リンク】
・色には独自の意味がある!? “色”が人に与える心理的効果のまとめ | Libbon [リボン]

【関連コラム】
恋愛運がアップするファッションカラーとは!?
色別! ファッションの色と恋愛の関係性

●ライター/KIMI(カラーセラピー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする