可愛いキャラでもイケる! 女子が男友達を異性として意識するキッカケ4選

【相談者:10代男性】
女の子と気が合い、女友達も多いです。好きになった女友達には、「かわいすぎる」「男としては無理」といつも言われてしまって玉砕します。次に行く勇気はもうないかも、と傷ついています。アドバイスをお願いします。

a 告白しない恋もある。いつか“守りたい子”に出会えるときまで。

ご相談ありがとうございます。自分売り専門家の酒井なるみです。

なるほど~、「女友達はたくさんできるのに、恋人ができない」という悩み、そして、「女友達を好きになっても、男として見てもらえない」という悩み。2つの悩みが繊細に絡み合っていますね。

欲しいアドバイスは、「女友達に男として見てもらうにはどうすればよいか」ですよね? そこで、友達期間から始まって、男友達と付き合った経験のある女子にリサーチをかけてみました。男友達を“男”として意識したシチュエーションについてお届けします。

141015sakai

男友達を“男”として意識したシチュエーション4つ

(1)一緒に失恋を乗り越えてくれたとき

『ずっと恋バナを聞いてもらっていた男友達に、失恋の報告をしました。立ち直るまで半年以上かかりましたが、ずっと隣りにいてくれた優しい彼に、気づけば惹かれていました』(20代/学生)

いてほしいときに、そっと傍にいてくれたその絆が“友達”を超える!

(2)ふとした優しさに気づいたとき

『重い物をさりげなく持ってくれたり、走っているときにさりげなく速度を合わせてくれたり、そんなさりげない優しさに気づいたら急に頼もしく感じました』(20代/学生)

普段は見逃してしまうくらいの、さりげない男らしさを目指しましょう!

(3)手を差し伸べてくれたとき

『学校に行けなくなったとき、毎日迎えに来てくれたのは彼でした。卒業してからずいぶんたって付き合いだした私たちは、今でもお互いの辛いとき、苦しいとき、一番の理解者です』(20代/IT)

友達から始まったからこそ生まれた絆を大切に、一緒にい続ける恋のカタチもあります。

(4)「かわいい」が沁みたとき

『泣きすぎてブサイクな私に、「かわいい」と言ってくれたとき、これは恋なのかもしれないと思いました』(10代/学生)

ブサイクなシチュエーションで言われた「かわいい」だからこそ、説得力が増したのかも。

告白しない勇気もある

「かわいすぎる」と言われることは、高校生という今だから持っている相談者さまの魅力なのかもしれませんよ。したがって、無理に男を出す必要もないかと思います。

次に女友達を好きになったら、告白しないで一緒にいる時間を楽しんでみたらどうでしょうか。それは勇気がなくて告白できないのとは、違います。むしろ、告白にこだわらない勇気なのです。

いつか、守りたい子に出会ったとき、自然と男らしくなれる日が……きっと来ます! 応援しています。

【関連コラム】
好きな女子に男として意識させる「○○タッチ」4つ
振られた後からでもできるアプローチ3つ
女性たちに聞いた「好きな男性のタイプ」5つ

●ライター/酒井なるみ(自分売り専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする