体の老化をSTOP! 酵素ジュースを飲むメリットと作り方

こんにちは、フードコーティネーターのエミオです。

生の野菜や果物に含まれる酵素を上手に体に取り入れて、太りにくい体質を手に入れる酵素ダイエット。酵素に加え、乳酸菌も一緒に摂ることができる酵素ジュースを取り入れれば、さらに効果的! 市販の酵素ジュースやシロップよりもリーズナブルで安心。

141015emio

酵素ってなに?

酵素は私たちの食べたものを体の中で消化や吸収をして、代謝を促すために必要な栄養素です。人間の体の中には決まった数の酵素がありますが、食べ物を消化するために酵素が使われ、年齢と共に数が減っていきます。

揚げ物やお肉、ファストフードといった油分の多い食事を日常的にしていると、これらを消化するために多くの酵素を使います。

酵素が不足すると肌にハリや若さがなくなり、体の老化を早めます。体内酵素を使いすぎないようにし、生野菜や果物から酵素を上手に摂取することで健康的で若々しい肌やカラダを作ることができるのです。また、代謝がよくなるため健康的にダイエットをすることができます。

酵素ジュースを手作りする理由

酵素は生野菜や果物に含まれていますが、生野菜を毎日たくさん食べつづけることはなかなか難しいもの。

そういった方には酵素ジュースやシロップがオススメですが、市販の物は高いうえに、選ぶのも一苦労。酵素ジュースを手作りすれば、リーズナブルな上に添加物の心配もなし。発酵の段階が見えるのは面白いですし、出来上がりに愛着がわきますよ。

酵素ジュースの作り方

まずは、自分の好きな食材を選びます。季節の果物や野菜で、なるべく国産でオーガニックや無農薬の物を選びましょう。ミカンやリンゴ、キウイなど数種類を混ぜてもOK、発酵しやすいように小さくカットしておきます。野菜・果物に対して1.1倍の白砂糖を用意します。清潔な瓶やジャーに以下の要領で砂糖と果物を詰めていきます。

(1)保存瓶に果物の4分の1量を入れ、砂糖も4分の1量を入れ、手でよく混ぜる。
(2)(1)を3回繰り返したあと、一番上を砂糖で覆う。
(3)保存瓶のフタを密封しないようにし、直射日光を避けて20〜25度の場所で保管。
(4)10〜12日間、毎日2回手で混ぜる。
(5)かき混ぜると細かい泡がたつようになって来たらできあがり!

ザルで漉して、キレイな瓶で保存しましょう。いろいろなフルーツを組み合わせて、オリジナル酵素ジュースを作るのも楽しいですよ。

●ライター/エミオ(フードコーディネーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする