脱・地味ファッション! 女子力がグンとUPする“ちょい足しピンクコーデ”4選

【相談者:10代女性】
いつもは茶、紺、クロ、グレーばかり着ている地味な女です。ピンクの似合う子になりたいですが、自分なんかには似合わないというコンプレックスもあります。どうしたらかわいい色が似合うようになりますか。

a “ピンク×いつもの色”で自分らしいかわいらしさと出会いましょう!

ご相談ありがとうございます。元ショップ店員で自分売り専門家の酒井なるみです。

まさに、わたしの得意分野のご相談ですから、お任せくださいな! ショップ店員仲間からも意見を聞いて、相談者さまに似合うであろうピンクコーデを提案します。

テーマはズバリ、“ピンク×いつもの色”。無理のないかわいらしさを極めましょう! ポイントは、ピンクにもさまざまな色味があり、自分らしいと感じるピンクコーデは必ずあるということです。

140930sakai

いつもの色でもグッとイメージが変わる、ちょい足しピンク4選

(1)ピンク×茶=アポロチョココーデ

アポロチョコみたいにかわいらしく、誰にでも愛されるコーディネート。ミルキーな薄めのピンクを選ぶことで、自然に茶色となじみます。茶色との面積比を変えると印象が変わります。

(2)ピンク×紺=清楚系コーデ

紺だけでは大人しすぎる印象ですが、ピンクをプラスすることで女子力がグンとアップします。ポイントは2つ。濃すぎず薄すぎないピンクの色味を選ぶことと、ピンクの面積を大きくしすぎないこと。

(3)ピンク×クロ=ちょいギャルコーデ

夏の浴衣で流行った配色をイメージしてください。クロ2×ピンク1の配分です。ビビットなピンクをチョイスし、さらにシロを入れるとおしゃれっぽいです。

(4)ピンク×グレー=カジュアルコーデ

濃いピンク×濃いグレーなら、ポップで元気な印象になりますし、薄いピンク×薄いグレーなら、ガーリィーな印象になりますよ。いろんな色味のピンクとグレーで遊んでみてください。

さりげないかわいさを目指そう!

頑張りすぎて居心地の悪いおしゃれは長続きしませんよね。もしも、服にピンクを入れることはハードルが高いと感じたら、いつもの服にアクセサリーやバッグでピンクをチョイスすることから始めてみてください。

そして、「これ、着てみたい!」という服を見つけたら、最初は今の服を持ってショップに行って、店員さんにコーディネートしてもらうという裏ワザもありますよ。

できることからおしゃれを楽しみましょう。応援しています。

【関連コラム】
色別! ファッションの色と恋愛の関係性
白・黒・ピンク色以外に“男性が萌える”女性の下着とは?
黒髪女性が華やかに見えるカラーアイライナー3色

●ライター/酒井なるみ(自分売り専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする