依存しすぎるとモテない? 占いや風水にハマる女性が自力で出会いをつかむ方法3つ

【相談者:30代女性】
私はもともと占いなどが好きで、縁結びの神社などを巡ったり、風水なども趣味程度で楽しんだりしていました。それに応じて素敵な出会いも期待していましたが、未だ縁もなく、そろそろ本格的に結婚を考える年齢になった今、だんだん自分がそれに依存してきていると感じました。

というのも、先日、知り合いの占い師に、「次の職場で彼氏ができる。結婚は来年頃と思われる」と言われ、とても舞い上がっていたのですが、転職先の素敵な男性はみな結婚していました。それよりも、邪な思いで仕事に向かおうとしていた自分が、とても恥ずかしいです。

自分でうまくいかないことを、何かのせいにするのは良くないとは思いますが、どうしたら自分で積極的に行動できるようになりますか? アドバイスをお願いします。

a 占いも風水も、行動を起こすきっかけのひとつです。楽しみながらするものですよ。

相談ありがとうございます、ライターの貴千尋です。

占い、風水、女性は特に好きな方が多いのではないでしょうか? 信じるも信じないも個人の自由ですが、それに頼っている時間は嫌なことが忘れられたり、気持ちが明るくなったりするなら、いいことづくしですよね。

少し心配なのは、趣味の範疇を超え、多額の費用をつぎ込んだり、それらをすることで余計に気分が落ち込むこと、相談者さんの言う通り、『依存』です。そんな相談者さんに、アドバイスをいくつか。

140925chihiro

(1)分散していたものを、選別していく

『今まであれこれ試していたものを、1つか2つに絞りましょう。量よりも質です。アナタの気持ちの質も高めましょう』(40代女性/インテリア関係)

多くの神社のお守りに、風水だらけの部屋。これでは、相談者さん自身もすでに忘れてしまっているものもあるのでは? それはあまりいいことだとは言えないそうです。効果があるとかないとかの話ではなく、相談者さんの気持ちの問題だそうですよ。

例えば、自分が本当に気に入ったお守りを1つだけ身につけるとか、お部屋の風水も、1番ピンときたものを1つだけ試すとか、これは行動から考え方を変えていく方法ですね。“最良のものを1つだけ”、シンプル・イズ・ザ・ベストですね。

(2)趣味に費やすエネルギーを、自分磨きにシフトチェンジする

『少しの間、趣味をお休みして、自分磨きをしてみるのはいかがですか? お守りを買うお金を、エステかヘアサロンで使うのです。目に見える変化がわかりやすいのは、断然後者の方ですよ』(30代女性/メイクアップアーティスト)

取材した彼女は、趣味をやめろとまでは言いませんが、少しの間休憩して、自分と向き合う時間を作ることだと話してくれました。鏡を見て、最近ほったらかしていたことを探すことだそうです。

メイクや髪型を変える、洋服や靴を買う、エステに行ってみるなど。色々ある中で、何となくでも気になるものから試してみていいそうですよ。

ジムに通ったり、習いごとをしたりするのも、いいかもしれませんね!

(3)最終的に結果を出すのは自分

『相談者さんも気付いている通り、行動を起こしたり、いい出会いを次に繋げていくのは自分自身です。それを忘れないで、現状の何のせいにもしてはいけません』(40代男性/心理カウンセラー)

占いなんて、いいことだけ信じて、あとは楽しく過ごしていればいいそうです。相談者さん、転職先も見つかって、そこで素敵な出会いがあると言われているのに、どうしてそんなに落ち込んでいるのでしょうか? 千載一遇のチャンスじゃないですか。

そんなときこそ、神社に行くのではなく、会社の飲み会に参加しましょうよ。「職場で」と言ったって、取引先の男性である可能性もあるのですから。とりあえず今は、邪な思いはスパッと捨てて、仕事を覚え、周りの信頼を得ること。アナタが職場で輝いてこそ、素敵な出会いがあるのはそれからではないでしょうか?


いかがでしたか?

3つ目のアドバイスでもあるように、気持ちの持ちようとしては“いいことだけ信じる”が基本ですね。人それぞれですし、否定も肯定もできるものではありませんが、自分自身が見えなくなるまでハマるものでもありませんからね。

相談者さんが焦っているのなら、今すぐ2つ目のアドバイスを試すこと! これはオススメですよ。次の週末、神社ではなく、エステに行ってみてくださいね。

新しい職場にだって、まだ入ったばかりじゃないですか。出会いの可能性もこれからです。相談者さん自身が努力して、キレイになった髪や肌や表情は、どんなお守りよりも出会いに効果的だと思いますよ♪

【関連コラム】
占いにどんどんハマっていく“バーナム効果”とは?
占いに人生を左右されず、恋も仕事も幸せになるススメ
血液型占いが当たる気がする心理学的理由3つ

●ライター/貴千尋(恋愛観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする