必死過ぎる女はイタイ!? さりげなく自分の長所をアピールできる心理テク2STEP

【相談者:20代女性】
私は自分の長所をうまくアピールできません。気になる人はもちろんですが、合コンでもサークルでも、とにかく苦手なんです。アピール上手の人を見ると、「図々しい」とか「ウザい」とか感じて正直嫌いで、そんな風にアピールすることに罪の意識みたいなものを感じてしまいます。

友達にはいつも、「何とかしなよ」って言われるんですが、どうしたらいいでしょうか。

a 短所でコントラストをつけて印象的に長所をアピールしましょう。

迷宮脱出ガイドの咲坂好宥です。

自分をうまくアピールできないって、よくわかりますよ。相手のことが好きなほど、そんな気持ちが強くなるかもしれませんね。何しろ、日本人って謙遜を美徳とする傾向がありますから、アピール下手の人が多いのも事実ではないでしょうか。

でも、朝から晩まで、しかも何から何まで謙遜している人がそばにいたら、どうでしょう? さすがにウザいし、イラッと来るかもしれません。あなたはさすがにそこまで行ってはいないと思いますが、やっぱりある程度のバランスは必要ですよね。

そこで、比較的抵抗感が少なくて、かつ印象的にあなたの長所を伝えるコツをお話しします。

140924sakisaka

STEP1:さりげなく、説得力アップでアピールする方法

人間の心理には、『両面提示の法則』と呼ばれるものがあります。これは、長所だけを提示されると不信感が芽生えるのですが、短所と合わせて示すことでコントラストがついて、信頼感のみならず長所の説得力もアップする、というものです。

この心理メカニズムは、セールスで上手に使われています。たとえば、「この炊飯ジャーはちょっと値段が高いですけど、このクラスではありえない羽釜を使っていて、圧力スチーム機能付なんです!」と言われれば、なんだか相当おいしいご飯が食べられそうですよね(笑)。

この法則、あなたにとってありがたくないですか? だって、ひたすら長所をアピールしなくてもいいどころか、むしろ、短所も混ぜることで効果的にご自分をアピールできるわけですから。

STEP2:長所と短所を伝えるときの、絶対守るべき順番

こんなに素晴らしい『両面提示の法則』ですが、使い方を間違えてはいけません。短所と長所は、提示する順番があるのです。試しに、次のそれぞれの文章を読んで、印象の違いについて考えてみてください。

(a)「ぼくは貯金ゼロだけど、絶対お前を幸せにするよ!」
(b)「ぼくは絶対お前を幸せにするけど、貯金ゼロだよ!」

(a)の方は、これから一生懸命がんばってくれるんだろうなぁ……という感じが伝わってきますが、(b)の方は、これから上昇するムードがイマイチ伝わってこない気がしませんか?

そうなんです、『両面提示の法則』を上手に使いこなすためには、“まず短所を伝えてから長所をアピールする”という順番が重要なのです。

でも、長所のアピール初心者マークなあなたには、むしろこの順番はラッキーじゃないですか? だって、いきなり長所アピールから始めなくていいんですから。まず、短所の話をしてから、「“でも”、こんな長所もある……」ってさりげなく話すことを意識してみてくださいね。

あ、ひょっとして今、こそばゆいような感じがして居心地が悪いですか? うーん、そんなときは、イチかバチか言ってみますか? 「てへぺろ」とか(注:効果は保証できません)。

さりげなくアピールできますように!

●ライター/咲坂好宥(脱・恋愛迷宮専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする