最近褒められてないカモ? だんだん「可愛い」と言わなくなる彼氏の心理3つ

【相談者:20代女性】
彼氏と付き合い始めて1年です。たった1年なのに、全然「可愛いね」とか言ってくれなくなったし、食事に行っても会話がなくて、私がネットで見つけた面白い話とかをしても、「へぇ~」と流されるだけです。もう何を話したらいいか分からないし、最近、他にアプローチしてくれてる男性も気になるし、別れた方がいいのか悩んでいます。

a 「可愛いね」と言わなくなる男性心理とは。

こんにちは。心理食育インストラクターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。

とかく女性は何年付き合っても、例え結婚をしても、「きれいだね」「可愛いね」と言ってほしいものですよね。しかし、日本の男性は特にそういった褒め言葉を言わなくなる傾向が強いようです。それはなぜでしょうか?

140918sayuri

(1)自分を大きく見せたいという本能

男性は恋愛対象となる女性を前にすると、本能的に自分を大きく見せようとします。なぜなら、女性の脳は男性を見て、“この人は自分を守ってくれる人かどうか”を判断するからです。これは、子孫を残すという生物として本能的な脳の反応です。

しかし、野生動物と違い、本能的な部分だけでは振り向いてもらえないので、最初は恥ずかしさを抑えて必死で、「きれいだね」「可愛いね」「好きだよ」と自分の気持ちを言葉にしているのが、付き合い始めの男性心理といったところでしょう。

(2)謙遜という日本の文化も影響している

日本には「謙遜」という文化が何百年にも続いています。特に自分の身内に対しては、「愚息」「愚妻」と「愚か」という漢字を用いる習慣が長く続いていたため、今でも恋人や家族を褒めるのは恥ずかしいことだと考えているのです。特に、社会に出るとそういった傾向があります。

これはある意味、心理学でいう『インプリンティング(刷り込み)』ですよね。この観点から見ると、付き合い始めてある程度の期間が過ぎると、一緒にいて落ち着ける、違和感のない家族のような存在になっているとも言えるのではないでしょうか?

(3)態度で分かって欲しい

心理カウンセラーとして、10年ほどカウンセリングをしていますが、男性は女性ほど言葉で自分の気持ちを表現するのが上手くなく、恋人に対しても付き合う期間と比例して、「言わなくても分かって欲しい」という気持ちが強くなるようです。

女性の立場から見ると、それは“ワガママだ”とか“傲慢だ”と感じるかもしれませんが、そうではなく、やはり、「恥ずかしくて言えない」というのが本音のようです。


現在、恋人の他にあなたにアプローチしている男性もいるようですが、その男性が好きなのか、それとも、「可愛いね」と言ってくれるその行為が心地いいだけなのか、少し冷静に自分の気持ちを見つめてみてはいかがでしょうか?

●ライター/SAYURI(生活心理専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (8)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする