ダサ男とは一緒に歩けない!? いい人だけどオシャレに無頓着な恋人との付き合い方

【相談者:10代女性】
悩みがあります。ウチの彼は服の選び方に無頓着です。私は19歳で大学生、彼は1つ年上です。私はデートのときは気合いを入れて洋服を選ぶのに、彼は全然オシャレをしてきません。彼はイイ人だし、このまま付き合って学校を卒業したら結婚したいのですが、ずっとこのまま変わらないのかなと思うと悩みます。デートで友達に会ったときとか恥ずかしくて……。

彼を変えるためにはどうしたらイイのでしょうか?

a 大好きな彼氏だけどちょっと不満。彼を変えるには?

ご相談ありがとうございます。毎週木曜日掲載“恋愛言語専門家”東野まどかです。

さて、大好きな彼氏だけど、服選びのセンスに不満があるとのお悩みです。どんなに好きな人でも、100%完璧なんてコトありませんよね。大好きな彼氏ですから、もちろん自分の友達にも自慢したい。では、どうしたらいいのでしょうか?

140918higashino

服は自分を守る鎧? 『身体像境界』をハッキリさせて不安を解消したい

例えば、あなたの身の回りにもいませんか? やけに派手な服を着て、人の注目を集めるタイプ。他人から見たら、「そんなに頑張らなくてもいいのでは?」と思うのですが、当人は全く聞き入れない。「これが自分の個性だから」と言いますが、個性なんて黙っていても出てしまうもの。わざわざ派手な服装で主張する必要は無いのです。

彼らは、なぜそんなに服にこだわるのでしょう?

自分と外の世界を隔てているものを感じる境界を、『身体像境界』または『ボディイメージバウンダリー』といいます。裸のときであれば“皮膚”、服を着ているときであれば“服”です。

この『身体像境界』がハッキリしていれば、自分と相手とのほどよい距離が保たれるので、人間関係も円滑に進みます。逆に、この『身体像境界』がハッキリしていないと、自分と相手との距離が上手く取れないので、外の世界に対し不安を感じるようになります。

彼らにとっては、“派手な服”は“自分を守る鎧”になっているのです。

彼の服のセンスを変えるより、自分の考え方を変えてみましょう

自信のある人は、『身体像境界』がハッキリしています。ありのままの自分が受け入れられることを知っているので、服で自分を良く見せようという虚栄心が無いために、あまり服にこだわりを持ちません。

あなたは、「友達に彼を自慢したいけど、恥ずかしい」と言っています。あなたが好きになってお付き合いしている彼氏です。ちょっと服のセンスがイマイチなだけで、そんなに彼の評価を落とさなくてもいいのではありませんか? あなたが彼を好きになったキッカケは何ですか? 彼の素敵なところは?

服のセンスなんて問題にならないくらい、彼は素敵な男性なのではありませんか?

人は簡単に変えられません。それよりも、あなたが変わる方が簡単ですよ。あなたの素敵な彼氏を友達にどんどん自慢してくださいね☆

【参考文献】
・『Body image and personality』セイモア・フィッシャー(著)

●ライター/東野まどか(恋愛言語専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする