浮気性男性が語る“2番手の女”になりやすい人の特徴3つ

【相談者:20代女性】
私はいつも、彼女のいる人や結婚している人から、「付き合ってほしい」と言われることが多く、常に“2番手の女”です。2番手になりやすい女性の傾向とか法則って、男性から見ると何かあるんでしょうか?

a 2番手になりやすい人は、基本“いい人”だから厄介です……。

ご質問ありがとうございます。放送作家の坂上小豆堂です。

僕のまわりにいる、“2番手”の女性とお付き合いしたことがある、もしくはエッチな関係を持ったことがある男性たちに、いろいろと話を聞いてみました。彼らは今までの人生で複数の“2番手女性”と交際しています。いわゆる浮気性の男性ですね。

140917sakagami

男性が“2番手”女性に求めることは?

20~40代の男性たちに聞いたのですが、「体目的」という回答は3割くらいで意外と少なく、体の関係がありながらも、“一緒にいて落ち着く、安らぐ”という「癒し目的」が6割を超えました。

というのも、最初は体目的であったとしても、次第に安らぐ存在に変わっていくようで、基本的には1番手の女性からそういった幸せを得られていない場合に、2番手の女性を求めるようです。

体目的という割り切った(?)関係ならまだしも、「落ち着く」とか「安らぐ」とか言われると、2番手女性としてもなかなかその関係から抜け出しにくいのかなぁとも思います。

“2番手になりやすい女性”のタイプとは?

これも先ほどの男性たちに聞いてみました。3つのタイプのうち、あてはまるものはありますか?

(1)すぐ家について行く、家に入れる女性

飲み会の後など、誘われるがまま男性の家に行ったり、または自宅に男性を招き入れるタイプの女性です。当の女性は気軽な家飲みのつもりや、友だち感覚でのお泊まりのつもりでも、それをきっかけに都合のいい2番手へと発展することはあるようです。意外と清楚だったり、派手ではない女性にも多いそうです。

あと、甘えたで人懐っこい人、スキのあるボーっとした人も該当するようです。

(2)つい尽くしてしまう女性

男性に対して尽くしてしまうタイプの女性です。男性にとってはありがたい存在なので、特に1番手から尽くしてもらっていない人にとっては憩いの女性となるようです。

尽くすことが好きな女性は、男性から「必要とされている」と感じることで、2番手であっても関係を保ち続けてしまうのでしょう。

(3)今が楽しければいい女性

とにかく誰からも好かれる明るいタイプで、ノリのいい女性です。本人は2番手であることもあまり気にならないようです。

ただ、このタイプで多いのは、そのまま30代40代へと独身で突入していく人。将来のことも考えなきゃと思いつつ、今を楽しんでしまうがためにそうなるんだそう。

しかも、浮気性の男性たちいわく、「年をとるほど1番手候補にはなりにくいのにね」とのこと……。ひどい意見ですねー!


どのタイプも、悪い女性ではないところがなかなか難しいところですね。

そうならないためには、やはり強い意志を持つことや、2番手から1番手に上がる“したたかさ”というのも必要なんだと思いますが、そういうことができない優しさがその女性の魅力であったりもしますもんね……。

●ライター/坂上小豆堂(放送作家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (13)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする