すれ違う男女の心! ケンカした恋人と距離を置くことになった時の対処法

【相談者:30代女性】
はじめまして。ブログを拝見させていただき、私も相談したいと思いました。よろしくお願いします。5歳年下の彼が今、仕事でも家族のことでも大変な時期を迎えています。だから、私と会う時間が減っていることは理解しているつもりでしたが、寂しさから強い口調になり、ケンカしてしまいました。

そのとき、「今は○○(私)のことを十分に考えてあげられないから、距離を置きたい。信じて待っていてほしい」と言われたのですが、私からは彼に連絡など一切しないほうがいいでしょうか?

a ケンカしたときや気持ちがすれ違ったときの男心と女心の違い。

はじめまして、恋愛コラムニストの内埜さくらです。ブログをご覧になってご相談メールをいただいたとのこと、ありがとうございます。

相談者さんカップルは些細なできごとから気持ちがすれ違って、距離を置くことになってしまったとのこと。このケースは、男心と女心の違いから来ていると思います。

以前、ケンカしたときや気持ちがすれ違ってしまったときの男女の対処法について、男性に取材をしたときの結果をお伝えしますね。

例えば、ケンカをしてしまったとき、女性である相談者さんはその場で話し合って解決したいと思いませんか? しかし、男性は違います。一度、相手と物理的な距離を置きたがる傾向が強いのです。女性が泣くなど感情的になっていればいるほど、その傾向は強くなります。

気持ちがすれ違ってしまったときも然り。女性は話し合ってすぐに問題を解決したがる人が多いのですが、男性側は一度、距離を置きたがるケースが多いのです。

140915uchino2

以前、とある識者の先生に取材をしたときに、「女性より男性のほうが語彙数が少ない」と教えていただいたことがあります。女性より語彙数が少ないということは、感情を上手く言葉で表現できないこととイコールですから、自分の感情を言葉で説明するよりは、事態の収束を待つほうを選ぶ、ということだとも言えると思います。

ですから今回の場合、相談者さんはもう少しだけ前向きに今の現実をとらえて、“距離を置くということは、自分とまた元通りになりたいからだ”と考えてみてはいかがでしょうか。

ご相談内容を拝読する限り、彼は相談者さんとの今後を決して悲観的に考えているような印象は受けなかったので、“前向きに”とお伝えしています。彼が相談者さんと別れたいような雰囲気が文面から感じられたら、「即話し合ったほうがいい」と勧めていたと思います。

そして、「彼に連絡など一切しないほうがいいのでしょうか?」というご質問ですが、連絡はしても大丈夫だと思います。

ただし、連絡をする前に、相談者さんに覚えておいてほしいことがあります。もう十分、ご存知かもしれませんが、彼は今、とても過酷な状況下に置かれていて、相談者さんのことを考える余裕はありません。

彼の立場になったら……と、考えてみてください。休日、いつも通りのデートをしたり、頻繁に連絡を取り合って恋人という関係を楽しむ気持ちにはなれないと思います。相談者さんを優先して予定を組むこともできないはずです。

ですから、相談者さんから連絡をする際は、「返事はいつでもいいから」と、彼の気持ちを少しでも楽にしてあげてください。そして、メールを送る際、前もって、「支えになりたいから、辛くなったらいつでも連絡して」などと伝えてあげてください。

彼の心のよりどころと逃げ道になってあげてください。彼を、静かに見守って、待っていてあげてください。「大好きだよ」と伝えるのは、あくまでも自分のスタンスから出てくる言葉です。そうではなく、常に彼の置かれている状況を考えて、彼の負担にならないような、かつ、癒やしになるような言葉を考えて送ってあげてください。

気持ちが焦ると相手の気持ちを確かめたくなりがちですが、今は彼を温かい目で見守ってみてくださいね。また何かありましたら、いつでも連絡をください。

●ライター/内埜さくら(恋愛力アップ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする