嫁ぎ先は大家族! 結婚したインドネシア人の旦那家族とうまく付き合う心得3つ

【相談者:20代女性】
インドネシア人と結婚が決まりました。付き合っているときから、色々な親戚宅へ連れて行かれましたが、結婚すると親戚付き合いが大変だとよく聞きます。彼が日本語が堪能なこともあり、私はまだそこまでインドネシア語が話せません。

親戚付き合いを上手くやっていくために、何かアドバイスがあれば教えてください。

a 経験者からアドバイス! インドネシアでの親戚付き合いポイント。

はじめまして。国際恋愛専門家のCocoです。

私の周りのインドネシア人と結婚し、親戚付き合いを上手くやっている人に聞いてみました!

140912coco

(1)イベント事はもちろん、何もなくても顔出しを!

『何かのイベントのときは必ず、何もないときでも、定期的に家を訪ねて行くことを欠かさなかった』というHさん。結婚して以来ずっと続けているらしく、それが、たくさんいる親戚と上手くやっていく秘訣だと言います。

インドネシア人は、とにかく親戚宅や友人宅に顔を出すことが大好きですし、来客もいつだって大歓迎されます。何もなくても顔を見に寄る、という行為は、その人のことを大切に思っている、気にかけている、という気持ちの表れだと捉えられるのです。

逆に、長い間、顔も見せない、連絡もしないという状態だと、「鼻が高い」と言われ、どんどん疎遠になってしまいます。言葉が上手く通じなくても、ちょくちょく家に寄ることを心掛けると良いですね。

(2)「食べる?」で一気に距離が縮まる!

『家に寄ってくれた親戚の人には必ず、「ご飯食べて行って!」と誘い、一緒に食事をすることを欠かさない』というAさんは、食を共にすることで、日本人だからと敬遠されていた自分にも近づいてきてくれるようになったと話してくれました。

インドネシアでは、自分が何かを食べる際には、必ず、「一緒に食べる?」と声掛けをすることが礼儀とされています。食堂で隣に座った知らない人にでも声をかけるのです。

一緒に食事をすることで、相手も心を開いてくれるかもしれません。相手の好きな食べ物が何かとか、難しいことは考えず、とにかく笑顔で誘ってみましょう!

(3)困っている親戚は快く引き受けましょう!

『職を失った親戚の子どもを居候させたり、出稼ぎに出てきた旦那の兄弟を何年も住まわせてあげたりしていた』というKさん。その面倒見のよさが受けて、親戚中から慕われるようになったそうです。

インドネシアでは、職を失ったり、住む所がないという人は親戚の家にお世話になるのが普通なのです。いきなり親戚の誰かが、「家に住ませてくれ」と言ってくると、日本人にとってはビックリするかもしれませんが、そこは快く引き受けましょう。

“助け合いの精神”が根付いているインドネシア。自分もいつ困って、誰かに助けを求める立場になるか分かりません。ギブアンドテイクの精神を忘れずに、助けてあげられるときは助けてあげると良いですね。


いかがでしたでしょうか。実際に経験者に聞いた、親戚付き合いのアドバイスです。参考にしていただけましたら幸いです。

異国での結婚生活や親戚付き合いは、戸惑うことも多いかと思いますが、幸せな毎日をお過ごしくださいね!

●ライター/Coco(国際恋愛専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする