溜め込んで後悔! 恋人への不満が大爆発してしまうワケと対処法

【相談者:20代女性】
付き合って3か月目の彼と初めてケンカしてしまいました。でも、ケンカというよりも、私がたまっていた気持ちを爆発させて一方的にぶつけてしまったという形で、それ以来すごく気まずくて後悔しています。

私はいつも我慢して限界を越えると爆発するっていうパターンが多くて、その度後悔してしまいます。どうしたらそうならなくなるでしょうか。

a 爆発してしまうのは心の浄化作用、必要以上に責めないように。

迷宮脱出ガイドの咲坂好宥です。

ケンカならまだしも、一方的に爆発しちゃったとなると、確かに気まずいですよね。お気持ちお察しします。なるべくなら平和な関係を続けていきたいものですが、付き合いがだんだん長くなれば不満だって出てきますよね。これは、どんなにラブラブなカップルでも避けられないものじゃないでしょうか。

それだけに、大事なのは、その感情をため込まずにキチンと言葉で伝え合うこと。でも、もちろん、その度に爆発してケンカになっていたら、お互いウンザリですし、何より疲れちゃいますよね。

ですから、気持ちを相手に上手に伝えるコミュニケーションスキルや、男女の考え方の違いなどを学ぶというのは有効なことだと思います。

ぼくも度々そのようなお話をしていますが、ただ、今回はちょっと違うお話をしようと思うのです。

140911sakisaka

やっちゃったものはしょうがない

コミュニケーションスキルや男女の違いを学ぶのは、前向きにやっていきましょう。でも、あなたは今、気まずくて後悔しているワケです。そっちの方を早く何とかした方がよさそうですよね。

まず、こんなことを言っちゃったら元も子もないのですが、「やっちゃったものはしょうがない」のです。そして、やっちゃったその爆発は、あなた自身にとってはしっかり意味のあるコトなんだということを覚えておいてください。

心理学用語で『カタルシス効果』というものがあります。これは、『心の浄化作用』とも呼ばれるもので、不安・葛藤・緊張など、対処できなくてたまってしまった気持ちを、言葉や行為で発散することで、その苦痛が軽減されることをいいます。

心に積もり積もったモヤモヤって、具体的にどんな気持ちなのか、実は無自覚で理解できていないことが多いのです。それを言葉や行為で表現することで、しっかりどんな気持ちなのか意識することができるワケですね。そして、自覚できたその気持ちを発散してあげることで、いわゆる“浄化”ができるのです。

あなたのやり方は、ちょっとだけ強引でしたが(苦笑)、カタルシス効果、つまり、心の浄化作用はあったのではないでしょうか。要するに、あれはあなたが心のバランスを取った出来事。ですから、必要以上に落ち込んだり後悔したりするのは、そろそろおしまいにしましょう。

ただ、浄化の仕方に気まずいものを感じてしまった以上、ここは工夫の余地がありそうですね。

ため込むタイプのあなたは、こまめにガス抜きを

あなたはいつも我慢して限界を越えると爆発するっていうパターンが多いとのことですが、これに気づけているということは素晴らしいことです。なぜって、気づけていれば対処ができるからです。

あなたはそれだけ、ご自分の気持ちをため込みがちなタイプなワケですから、小まめに浄化するように意識してみましょう。そう、大爆発する前にガス抜きをするということですね。

これ、ホントに大切ですよ。なぜなら、この発散ができないと大ゲンカになるどころか、心や身体への影響さえあるからです。ですから、そうなる前に発散しましょう。一人でため込まないで、お友達に話を聞いてもらうのも手ですし、カラオケで熱唱するのもアリです。

でも、一番なのは、やっぱり彼氏に話を聞いてもらうことでしょう。ここでは、「あなたはこうなのよ」と相手を主語にして責める言い方ではなく、「私はこう感じている」と、ご自分の感情にフォーカスしてお話ししてくださいね。

そして何より、話を聞いてくれた彼氏に、「聞いてくれてありがとう」の一言を忘れずに。

どうか上手に心が浄化できますように!

●ライター/咲坂好宥(脱・恋愛迷宮専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする