結婚相談所でフィーリングの合う相手に出会う心得2つ

【相談者:30代男性】
結婚相談所に登録し、結婚相手を探している30代男性です。私は、相手の女性に対して寛容な方だと思います。容姿・家柄などにも細かい注文を付けていません。ただ、フィーリングが合う相手を探しています。それなのに、ピンと来る相手がなかなかいません。

結婚相談所に登録している女性というのは、特殊な人が多いのですか? この間など、お見合い中、あからさまにつまらなそうな態度を取られてしまって、本当にイヤになりました。

こんなことなら、生涯独身を貫くのも良いかもしれないと、気持ちが萎えかけています。

a フィーリングが合う人を探すのは難しい。合わせるという意識を持って。

こんにちは! 結婚相談所で夫をゲットした熱き仲人、結婚相談所きららマリッジ代表・山本結子です。

このコラムでは、私の友人である“合コンは常に一人勝ち、10代の頃から彼氏が途切れたことのない最強のモテ女”Tさん(現在アラフォー)と、ディスカッションの上で、皆様からのご質問に回答させていただいております♪

Tさん:「“フィーリングが合う相手”って、すごく便利なコトバだよね」

山本:「お見合いで相手に“お断り”をするときの決まり文句でもあるよ。“フィーリングが合わないと感じました”ってね」

Tさん:「“フィーリングが合う相手”を探している人って、結局は自分がどういう相手を求めているのかわかっていないんじゃないかな。だから、曖昧な言葉で片付けようとする。恋愛経験が乏しい人に多い気がする」

山本:「確かに。バツイチの人には、お相手探しの条件を具体的に挙げられる人が多い気がするね。かつ、高望みもしなければすぐに決まる。結婚の“実際”を良くわかっている人は、やはり強い」

Tさん:「そうだね。私みたいに(笑)」

山本:「あなたはわかり過ぎてしまったよね(笑)。そもそも、フィーリングって“合わせるもの”だと思うよ。合う人を探したって、見つかるわけがない。他人だっていうだけでも違うのに、男と女っていう生物学的な違いもあるんだから」

というわけで、質問者さんへのアドバイスを。

140911yamamoto

(1)お相手に求める条件を具体的にしよう

オススメなのは、条件を紙に書きだしてみること。2~3個しか挙がらない人もいれば、数十個挙がる人もいるでしょう。その中から、厳選した“3つ以内”を選んで、お相手探しの指針としましょう。

(2)フィーリングは“合わせるもの”

合う人を探していても、見つかるわけがない。そもそも男と女は全く別の生き物です。そういう視点に立って相手を眺めると、合わない点も許せるかも。


山本:「質問者さんも書いてるけど、“結婚相談所に登録している人は特殊な人が多いのですか?”って、入会面談のときによく訊かれるよ。実際どうだと思う?」

Tさん:「私は相談所でお見合いをしたことは無いけれど、そもそも人間ってみんな特殊なんじゃない? それに、特殊な人が多いと思うなら“そういうことを言うあなたはどうなのよ”ってことになるでしょう?」

山本:「まさにその通り」

Tさん:「人と人は所詮違うものだから、共通点を探して歩み寄る姿勢が大切なのよね。相手につまらない態度を取られてしまったのならば、その原因は自分に端を発していると考えたほうがいい」

山本:「“やまびこ”のようなものだからね。全て」

自分が探している人のイメージを具体的に描けているか。そして、相手との違いを楽しみ、自分を相手に合わせていくことと、相手に合わせてもらうことの両方ができているか。結婚相談所でのお相手探しに苦労している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

頑張ってください。心から応援しています!

●ライター/山本結子(お見合い専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする