成功率9割強! 上手なデートの誘い方2ステップ

【相談者:20代男性】
同じサークルの子を好きになりました。できれば付き合ってほしいと思います。いつもはサークル活動でみんなと一緒に会うので、団体だし話もそれなりにできているのですが、二人きりになったらうまく話ができるか自信がありません。

ていうか、デートに誘いたいのですが、突然過ぎて変に思われないかとか、断られたらどうしようとか心配です。何か上手な誘い方とかないでしょうか。

a 思わず反応してしまう心理メカニズムを使って自然な流れを作る!

迷宮脱出ガイドの咲坂好宥です。

同じサークルとなると、もし断られたら、この先どんな顔してサークル活動をすればいいんだろうとか、きっと色々と考えてしまうのではないでしょうか。ちょっとドキドキですよね。

とはいえ、お二人が知り合ってからの時間やココロの距離なども千差万別なので、残念ながら、「これさえ言えばOK! イエイ!」みたいなフレーズはありません。

でも、相手が断りにくくなるような誘い方があるのも事実です。そこで、今回はそんな視点で2つのポイントをお話しします。

140908sakisaka

STEP1:「Yes」を引き出す問いかけを重ねる

まずは、セールストークなどで知られるテクニックをご紹介しましょう。それは、相手がおそらく「Yes」と答えるだろう質問を繰り返し続けてから、本来のお誘いをする、というものです。

人間の心理は、「Yes」という答えを連発していると、ちょっと抵抗を感じるようなことでも、つい「Yes」と答えてしまう傾向があることがわかっています。

「今日は良い天気だね?」
「知り合った頃より髪がずいぶん長くなったよね?」
「最近、前より忙しそうだよね?」
「○○が好きなんだってね?」

ただ、これらの質問はいわばコンディション作りですから、度を越して質問し続けると本題に入りにくくなるばかりか、なんだか尋問(苦笑)されているような気持ちにさせかねません。3つ、4つを目安にしておけばいいのではないでしょうか。

STEP2:理由をつけて誘う

2つ目のポイントは、誘った理由を相手に伝える、ということです。

心理学者のエレン・ランガーが行った実験をご紹介しますね。それは、コピー機の順番待ちの先頭へ行って、「先にコピーをとらせてほしい」と依頼する、というものです。

「すみません、5枚だけなんですけど、先にコピーをとらせてもらえませんか?」と依頼すると、60%の人しか承諾してくれないのですが、「すみません、5枚だけなんですけど、急いでいるので先にコピーをとらせてもらえませんか?」と理由をつけると、なんと94%の人が承諾してくれたそうです。

さらに、「すみません、5枚だけなんですけど、コピーをとらなければならないので、先にコピーをとらせてもらえませんか?」という意味不明な(苦笑)理由を伝えた場合でも、承諾率は93%に達したそうです!

つまり、人間は何かを頼まれる時に理由をつけられると、つい自動的にOKしやすい、というワケです。

映画を誘うにしても、「前から観たかったので」「もうすぐ公開が終わっちゃうので」「コメディが好きってこの前言っていたので」……と、もっともらしい理由を添えてお誘いすれば、OKをもらえる確率は高くなりそうです。

とはいえ、「映画に行かなければならないので映画に行きませんか?」なんてコピー機の実験丸パクリな理由はあまりおススメできません(苦笑)。

STEP1で重ねた、「Yes」を導く質問と関連させた理由なんて最高ですね。たとえば、「コメディとか好き?」「Yes」「え、ぼくも好きなんだ。観たかったコメディ映画があるので、週末一緒に行かない?」みたいに。

あ、念のためですが、いきなり、「あなたと結婚したいので映画に行きませんか?」なんて超ヘビー級の理由は避けましょうね(笑)。じっくり重ねた「Yes」の質問が台無しになりそうなくらい、慎重に検討されることはほぼ間違いないので……。

初デート、うまく行きますように!

●ライター/咲坂好宥(脱・恋愛迷宮専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、成功しやすいデートの誘い方として、“「Yes」を引き出す問いかけを重ねてみましょう”という視点でアドバイスをいただきました。

「デートの誘い方」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151217sakuraii

成功しやすいデートの誘い方

好きな人をデートに誘いたいけれど断られるのが怖い……そんな人も少なくないですよね。だったら、できるだけ断られる確率を下げる誘い方をしましょう。

男女どちらにもOKな、人間心理をうまく使った成功しやすいデートの誘い方についてご紹介します!

『ダブルバインド』テクニックを使って誘う

ダブルバインド(二重拘束)』は、デートや仕事などで相手をうまく誘導するのに応用できる心理テクニックです。

1度に2つの選択肢を相手に与え、どちらかを選ばなければならない状況を作ることで、デートの誘いが成功しやすくなります。

たとえば、「土曜か日曜に映画へ行こう」や、「食事に行くなら土曜と日曜どっちがいい?」などと誘うことで、相手は必然的に土曜か日曜かを選ばなければならないという心理になります。これにより、断られるという選択肢がなくなるわけです。

とはいえ、何の前触れもなくこの質問をしても、相手は「いきなり何を言ってるの?」と腹が立つかもしれません。

そのため、この質問をする前には、映画に誘いたい場合は好きな映画の話や話題になっている映画の話をしておくこと、食事に誘いたい場合は好きな食べ物や好きなお店、話題のお店の話をしておくことが肝心です。

話の中で、「その映画、観たいんだ〜」とか、「あのお店行ってみたいんだよね」などと相手が言ったらチャンス。「じゃあ……」という流れで前述した質問をすればいいのです。

『ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック』を使って誘う

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック』とは、心理学で説得技法として用いられるテクニック。

最初に相手が受け入れるのは無理だと思う要求をします。たとえば、「旅行へ行こう」や「USJへ行こう」など、「どうせOKしてくれないだろうな」と思うような要求(デートの誘い)をするのです。

その誘いが断られるのは当然。断られた後にすかさず、「じゃあ、今度できたカフェでお茶しない?」などと本来の目的である場所へ誘います。

大きな要求の後に続けて小さな要求をすれば、相手は最初の誘いを断ってしまった罪悪感と「旅行は無理だけどカフェくらいならいっか」という考えから、誘いをOKしやすくなります。

口実を作って誘う

デートだということを相手に意識させないというのも一つの手です。

たとえば、「友達の誕生日プレゼントを買いたいんだけど、センスがなくて……。○○さん、オシャレだから一緒に選んでくれない?」など。一緒に出かける目的はあくまでもデートではなくプレゼント探しである、ということを相手に意識させるのです。

デートではないと相手に認識させれば、断られる確率も下がるでしょう。そして、プレゼントを選んでもらった後にお礼として食事をおごるなどすれば、よりデートらしい時間を過ごせます。

回数を限定して誘う

奥の手は、「1回だけ!」と懇願することです。「1回だけでいいからお願いっ!」と頼めば、相手も「1回だけならいいかな」と思うでしょう。

そして、「1回だけって言われたけど、また会ってもいいな」と相手に思ってもらえるよう、デート当日を楽しく過ごしましょう。

151109tasaka

LINEやメールで成功するデートの誘い方

LINEやメールでデートに誘う場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

「今度」という曖昧な表現は避ける

LINEやメールで漠然と、「今度どっかご飯でも食べに行こう」と送っても、「そうだね、今度ね」など、社交辞令として流されてしまうことが多いです。結局いつまでたっても“今度”はやってこない……なんてことにも。

そうならないためには、「今月の日曜日で都合のいい日があったら、恵比寿で食事でもいない?」というように、大体でも日程を決めて誘うようにしましょう。

あまり具体的に限定してしまうと断られそうな場合は、「今度、映画でも観に行こう」と誘い、OKだったらすかさず、「いつなら予定空いてる?」と聞いて相手に具体的な日にちを決めさせるのもいいでしょう。

返事を急がせない

返信がなかなか来ないからと言って、何度もメッセージを送ってはいけません。“しつこい人”“面倒くさい人”というイメージがついてしまい、嫌われる原因になります。

焦らず、相手にも都合があるんだと理解して、気長に待ちましょう。

会話の流れで自然に誘う

LINEやメールで会話しているときに、自然な流れで誘えば断られる確率は低くなります。たとえば、好きなバンドの話で盛り上がったタイミングで、「じゃあ一緒にライブ行かない?」と誘えば、相手もハイテンションなので、「行く行く!」となる可能性が高いでしょう。

会話の流れを意識して、盛り上がったテンションそのままで誘うことがポイントです。

160104lisa

男性向け“成功しやすいデートの誘い方”

男性から女性をデートに誘う場合に成功しやすい方法をご紹介します。気になるあの子を積極的に誘っちゃいましょう!

夜ではなく昼間のデートに誘う

同じ食事に誘うとしても、ディナーに誘うよりはランチに誘う方が女性から断られる確率は低くなります。

特にまだあまり親しくない間柄の場合、夜の時間帯に二人きりで会うことには抵抗があり、警戒されます。でも、ランチであればどんなに遅くなっても電車がなくなることもないですし、人目があるので安心です。

「男だけじゃ入りづらいから……」と理由をつける

かわいいカフェや話題のパンケーキ店など、男性だけでは入りづらい場所ってありますよね。そんなお店を口実に使ってしまうのもアリです。

「代官山の○○ってカフェのタルトがすごく美味しいんだけど、男だけじゃ行きづらいから、一緒に行ってくれない?」という具合に、そこへ行きたい理由と女性とでないと行きづらいことを伝えれば、相手も「しょうがないなぁ」と言ってOKしてくれるでしょう。

落ち込んでいるときを狙う

女性が仕事や人間関係で悩んでいるときなど、落ち込んでいそうなときに「最近元気がないけど、大丈夫? 俺でよかったら相談に乗るよ」などと誘えば、その優しさにキュンとするはず。

お酒が好きな女性であれば、「話を聞くから、パーッと飲んでストレス発散しようよ」などと誘うのもいいでしょう。

151106kobayashi

女性向け“成功しやすいデートの誘い方”

「女性からのデートの誘いのほうがうまくいきやすい」とか、「男性よりも女性のほうが恋愛に積極的」だなんて言われていますが、やはり女性からデートに誘うのは勇気がいるものですよね。

そこで、女性から男性をデートに誘う際に成功しやすい方法をご紹介します。

褒めた後に頼み事をする

男性は人に頼られるのが嬉しいもの。その習性を利用してデートへ誘いましょう。

たとえば、「○○君、パソコンとか詳しいよね! うちのパソコンが壊れちゃったから新しいのを買いたいんだけど、全然詳しくないから一緒に選んでくれない?」や、「○○君っていつも仕事が早くて尊敬するよ! よかったら仕事のことで今度相談に乗ってくれない?」など。

相手の男性を褒めて気分良くさせ、続けてそれに関連した頼み事をします。この流れで断る男性はそうそういないのではないでしょうか。

デートと意識させずに“お願い”をする

「○○に行きたいんだけど、一緒に行ってくれる友達がいなくて……。一人じゃさみしいし心細いし、○○君が一緒に行ってくれたら心強いんだけどなぁ」のように、“お願い”をしてみるのも一つの手です。

「女性一人でラーメン屋に入るのは気が引けるから、一緒に行ってくれない?」「父の日のプレゼントを買いたいんだけど、男性の目で一緒に選んでくれない?」なども有効です。

相手の趣味をリサーチして趣味にあった場所へ誘う

好きな男性がサッカー好きならサッカー観戦に誘う、アート好きな男性なら美術館へ誘うなど、相手の趣味をよくリサーチしておき、それに合うようなイベントがあればすかさず誘いましょう。

自分の好きなものを理解してくれる女性には、男性も心を開きやすいものです。

151106tissue

断られやすいNGなデートの誘い方〜男性編〜

こんな誘い方は断られやすいというものを、男女別にご紹介します。まずは男性から誘う場合です。

強引に誘う・高圧的な態度で誘う

たとえ相手の女性が自分に気があるとわかっていても、上から目線で誘うのはNGです。デートしてやるよといった雰囲気を出すのは絶対にやめましょう。

また、女性が乗り気でないことがわかっているのに強引にグイグイ誘うのもやめてください。さらに引かれます。

自分から誘っておいて相手任せ

デートに誘ってOKはもらえたものの、「じゃあ場所と時間を決めてくれる?」などと女性に丸投げするのは問題外! せめていくつか候補をあげる、提案をするなどしましょう。頼りない男性だと思った瞬間、女性の気持ちは冷めてしまいます。

当日など急に誘う

女性は身支度に時間がかかるもの。突然、「今日、午後から空いてる?」なんて連絡されても、そうそう付き合ってもいない男性のために出かけようとは思いません。予定が何もなかったとしてもです。

また、急に誘われる=ヒマな女だと思われている、と感じて気分を悪くする場合もありますので、くれぐれも当日連絡はやめましょう。

自宅やドライブなど密室のデートへ誘う

付き合う前から自宅やドライブなど、二人っきりの密室に長時間いなくてはならないデートに誘うのもやめましょう。警戒されてしまいます。

断られやすいNGなデートの誘い方〜女性編〜

続いて、女性から誘う場合のNGな誘い方をご紹介します。

ガツガツしすぎ

女性にリードされたい草食系男子もいるかもしれませんが、「どこへ行こう! あそこへ行こう!」と自分から誘いまくったり、何度もメールやLINEでお誘いメールを送ったりして、ガツガツしすぎても引かれてしまいます。

また、好意を感じさせることは良いのですが、あまりに好き好きオーラを出しすぎると男性から「重い」と思われてしまうこともあるので、ほどほどにしましょう。

相手の趣味を理解していない

インドア派な男性をアウトドアデートに誘ったり、逆にアウトドア派な男性を美術館デートに誘ったりしても、断られる可能性が高いです。

デートへ誘う前に、相手の興味関心をよく調べておくようにしましょう。的外れな行き先では、彼も乗り気になれません。

クリックで詳細ページへ

一度断られた相手の誘い方

デートに誘ってはみたものの、一度断られてしまったことがある。そんなときでも大丈夫です。「一度断られたから……」と臆病にならず、今度こそOKがもらえるよう頑張りましょう!

そこで、一度断られた相手をデートに誘う方法をご紹介します。諦めずに再度アタックあるのみですよ!

2回目の誘いは1週間~1か月ほど空ける

断られてすぐに間を空けずに誘っても、しつこいと思われてまた撃沈するだけです。断られてから次に誘うまで、1週間~1か月は時間を空けるようにしましょう。

相手が思わず行きたくなるプランを考えて誘う

前回デートに誘ったとき、自分が行きたい場所を選んでしまったという人は、今度は相手が行きたいであろう場所を選びましょう。そのためには、相手としっかりコミュニケーションをとって、相手の関心がどんなものにあるのか調査することも大切です。

笑顔で明るく誘う

一度断られた手前、またデートに誘うときに卑屈になってしまう人も少なくありません。「どうせ無理でしょ」なんてネガティブな気持ちは表情や態度にも出てしまいます。

そんなネガティブな人と一緒に出かけたいと思ってもらえるはずがありませんよね。だからこそ、前回のことはなかったものとして、気持ちを新たに誘いましょう。笑顔で明るく、が鉄則です!

数人で会うことを提案する

デートを断られた理由として、「まだ二人きりで会うのはちょっと……」と思われた可能性もあります。そこで、友達を誘って複数人で遊びに行くことを提案するのもおすすめです。

グループで遊びに行って、そこであなたのことをさらに知ってもらえれば、次回は二人きりで会ってもらえるかもしれません。

151103kino

2回目のデートの誘い方

初デートに成功したら、2回目のデートも成功させたいですよね。そこで、2回目のデートに誘うコツをご紹介します。

2回目のデートに誘うタイミング

2回目のデートは、前回のデートからどれくらい間を空ければいいのか。人によりけりではありますが、あまり期間が空きすぎても短すぎてもいけません。

ベストな間隔というのは、デート後の会話から探ってみるといいでしょう。1回目のデートが終わった後、自然に「次はいつ会おうか?」という話題になればしめたもの。二人で相談して決めましょう。

次のデートの話にならなかったら、LINEやメール、電話での会話が盛り上がったところで、「ところで次はいつ会える?」と聞いてみるのもいいでしょう。

1回目のデートで相手が興味を持っていたことをデートに取り入れる

1回目のデートで相手が「好き」といった食べ物があれば、それが美味しく食べられるお店へ誘うというように、前回のデートでの相手との会話を思い出しましょう。

相手が好きだと言っていたことをデートプランとして提案できれば、断られる可能性は低いはずです。

3回目のデートの誘い方

3回目のデートができれば付き合える可能性が高い、とよく言われているだけに、なんとしても3回目のデートの誘いも成功させたいものですよね。3回目のデートに誘うコツをご紹介します。

相手が脈アリの可能性が高いときに誘うべき場所

1回目、2回目とデートをして、相手が自分に脈アリか脈ナシか、大体わかると思います。脈アリだなと思ったら、スキンシップを取りやすい場所や、告白するのに向いている静かな場所、夜景スポットなどのロマンチックな場所をデート先に選んで誘ってみるのもいいでしょう。

また、1回目、2回目がデートらしいデートではなかったのなら、3回目はデートの定番スポットである遊園地や動物園、水族館などに誘ってみるのもおすすめです。

脈アリかどうか不明なときは会話が弾んでいる瞬間に誘う

2回デートしても相手の気持ちがイマイチわからない……という場合には、2回目のデートと同様、会話が弾んでいるときに次のデートの約束をしましょう。

会話が盛り上がっているときに誘えばOKされる可能性は高いので、会話中はタイミングをよく見計らってくださいね。

151022coco

血液型別デートの誘い方

血液型によって性格が違うなんて迷信! と思っている方も少なくないと思いますが、血液型による性格の傾向を生かしたデートの誘い方もあるようなので、参考までにご紹介したいと思います。

A型の誘い方

A型は計画的で現実的だと言われています。そのため、デートに誘うときには前もって相手のスケジュール確認や当日の予定をある程度決めておくことが有効だそうです。

アバウトな提案ではなく、相手の空いている日を確認してから、「○月○日に○○へ行かない?」と具体的な行き先や店名を伝えるのがおすすめだとか。

また、男性がA型女性を誘う場合には、「ご馳走する」ということを伝えるのもアリだそうです。

O型の誘い方

社交的で、みんなでワイワイ楽しむことが好きなのがO型。そのため、「みんなで遊園地でも行かない?」とグループデートの誘いをして、そのあとで「みんなで行くのも楽しいけど、二人で飲みにも行ってみたいな」と誘ってみるといいでしょう。

また、情熱的、ロマンチストな一面もあるため、夜景が見えるレストランや公園などへ誘ってみるのもいいそうです。

B型の誘い方

B型はマイペースで縛られることが嫌いなため、自由度の高いデートを提案するのがおすすめです。

A型の場合とは逆に、具体的にデートプランを決めなくても、“行き当たりばったりを楽しむ”感覚のデートでも楽しんでもらえるのではないでしょうか。

束縛を嫌うため、何度もしつこく誘ったり、返信がないのに何度もメールを送ったりするのはNGです。

AB型の誘い方

独特の世界観を持っており、ミステリアスな雰囲気が漂うAB型。直感で動く傾向があるようなので、突然デートに誘ってみるというサプライズも効果的だそうです。相手の興味を引くような変わった場所へ誘うのもいいでしょう。

メールで誘う場合には短文がいいそうです。ダラダラと長文を送るのはやめておきましょう。


「男女別“成功しやすいデートの誘い方”」や「断られやすいNGなデートの誘い方」「一度断られた相手の誘い方」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

大切なのは、自分本位ではなく相手も興味を持ってくれるような場所へ誘うこと。そして、相手に配慮したコミュニケーションをとることです。

デートの誘いにOKがもらえたら、当日もしっかり相手を思いやった言動をとってくださいね。 それが恋愛成就の秘訣です!

【関連コラム】
ポイントはシズル感! 女性からデートに誘うコツ3つ
女性から2回目以降のデートを誘う方法3つ

(恋愛jp編集部/渡邉)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (52)
  • うーん (26)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする