強がりな女性の心理とカラーセラピーの対処法

【相談者:30代女性】
最近付き合い出した彼がいます。その人は私より9歳年下なのですが、とてもしっかりしていて私をリードしてくれる、男性的なタイプです。問題なのは、性格的に姉御肌の私が彼に弱みを見せたり甘えたりすることができないということです……。

実は先日、私の誕生日に彼と会う予定だったのですが、彼に急遽予定が入ってしまい、キャンセルになってしまいました。本当はかなりショックだったのですが、つい平気なふりをして強がってしまいました。

こんな時は、やはり自分の気持ちを素直に伝えた方がいいのでしょうか。よろしくお願いします。

a 心の癖を知ることが大切です。

ご質問ありがとうございます。カラーセラピー専門家のKIMIです。

楽しみにしていたデートのキャンセルは、本当に悲しいですよね。まして、あなたの誕生日という特別な日であるだけに、そのショックは相当大きかったことと思います。

素直になれない、強がってしまう、平気なふりをしてしまう、弱みを見せられない……これは、彼が9歳年下という理由だけではなく、恐らくあなたの心の癖がそうさせているのだと思いました。

心の癖は誰もが持っています。小さい頃、両親はじめ周りの人たちから良くも悪くもプログラミングされたメッセージや、ある出来事がきっかけで自分を守るための呪縛のような思い込みのことです。

例えば……

・「長女だからしっかりしなさい」
・「男の子だから泣いちゃダメ」
・「ピンクよりブルーが似合うね」
・「簡単に人を信じたらいけません」

などなど、私たちは育って行く過程で良きにつけ悪しきにつけこのようなメッセージを植え付けられ、自分本来の心の声にどんどんベールを被せて行ってしまうのです。

もしかしたら、あなたも小さい頃、「素直になったり弱みを見せることは良くないことなのだ」というメッセージを、知らず知らずのうちに植え付けられたり、そう思わざるを得ない出来事が過去にあったのかもしれませんね。

そして、いつしか自分を守るための手段として、その心の癖を無意識に使っていたのでしょう。

しかし、彼との恋愛において、これまで自分を守るために使って来たこの方法が、実は違うのではないか……? と、なんとなく違和感を感じている今こそ、そのプログラミングを解く良い機会なのです。

140829kimi

心の癖を取り除きハートを開く色とは?

プログラミングを解くためには、「素直になる」「甘える」「弱みを見せる」ことは、恋愛のみならず、人間関係を円滑にする上で実はとても重要な要素になるという事実を、あなたは理解しなければなりません。

これらが自然にできる人は、本当の意味で“自分に自信がある人”です。

自分自身との関係が上手くできているので、他人にも同じように接することができるのですね。つまり、自分のハートが開いている証拠なのです。ハートが開いていると、強がったり平気なふりをして自分を守る必要はありません。

それでは、ハートを開くために必要な色をお教えしましょう。

それはズバリ、「ピンク」です。

あなたの場合は、薄いピンク(ベビーピンク)が特に良いでしょう。ベビーピンクはその名の通り、赤ちゃんをイメージさせる色です。

そう、あなたは赤ちゃんのように弱みを見せたり甘えたりしても全然大丈夫なのですよ……というメッセージが、ベビーピンクには含まれているのです。

ベビーピンクは、きっとあなたのこれまでの心の癖を優しく解し、彼に対して素直になるための後押しをしてくれることでしょう。

また、男性の庇護本能を刺激する色でもあるので、彼もあなたを守りたい気持ちが一段と強くなり、これからの二人の関係が自然な形でスムーズに進むことになるきっかけを作ってくれるカラーになるはずです。

あなたの素直な心の声が彼に届くことを、私も心から応援しています。

【参考文献】
・『魂からの癒し チャクラ・ヒーリング』ブレンダ・デーヴィス(著)

●ライター/KIMI(カラーセラピー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする