7割がルックスに自信なし! おブスな女性が人生を楽しむための極意

【相談者:10代女性】
ブスで本当に嫌になります。彼氏がいたこともありません。可愛く生まれたかった。こんなことで悩みたくなかった。

a 女性の7割は「あたしってブスかも」と思っています。

こんにちは、恋愛系動画ブロガーSAKURAです。

女のやるせなさがむきだしのご相談に、心を打たれました。ルックスに関する悩みの深刻さは、こと10代の若いお嬢さんならなおのこと、想像を絶するものがあると思います。

しかし、実は、女性の約7割が、「自分はブスかもしれない」と思っている……というデータがあるのです。

美容クーポンサイト『キレナビ』が、20~56歳の女性124名に対し、「自分のことを“ブスかもしれない”と思うことはありますか?」というアンケートを実施しました。

その結果、20%が「よくある」、48%が「時々ある」と答え、合計で68%もの女性が自分のことを「ブスかもしれない」と思っていることが判明したのです!

「ああ、あたしってブス」という思いは、多くの女性が抱えているものだったんですね。通学電車で一緒のあの女性も、コーヒーショップで寛いでいるあの女性も、心の声を聞いてみると、「ああもう今日もブスで困っちゃう」なんて思っているのかもしれません。

140828sakura

年齢を重ねるとともに“ブス対策”も上手くなるからご安心を

かく言う私も、常々自分のことをブスだと思っています。顔中に水疱瘡やニキビの跡がある私の素顔は、まごうかたなきブスです。でも、お化粧や髪型、照明でなんとか隠しています。

ご質問者様は、今はまだ10代とのことで、できる対策も限られているかとは思いますが、大人になるにつれて様々なブス対策を習得していかれるかと思いますので、ご安心ください。

むしろブスであることに感謝するシーンは多い

私は、仕事に真剣に取り組むようになった20代の半ばくらいから、自分が美人ではないことに感謝することが多くなりました。仕事でどんなに手柄を上げても、「若くて美人だからよ」と言われてしまう、かわいそうな美人にたくさん遭遇したからです。

彼女たちに素敵な彼氏やダンナさんができた時にも、「まあ、あの人は美人だから……」と、ずいぶんと含みのある言い方をする人たちがいました。ただ美人ってだけなのに、可哀想なことです。

ブスを逆手にとって、人生を120%楽しもう

多感な10代の女性に、「ブスを受け入れましょう」と言うのも残酷な話ですが、ルックスに縛られずに人生を楽しめるって素敵だと思いませんか?

10代のうちから、「ブスだからって人生を楽しめないはずはない」「ブスにも良いことがある」と思って過ごせたら、どんなに素晴らしい人生になることかと思います。

そして、ふと気付くと、いつの間にか習得した“ブス対策”のお陰で、さしてブスでもなくなっているはずです。前向きにいきましょう!

【関連リンク】
ブスは1億円の損!?

【関連コラム】
ブスでもモテる“ポジティブス的”恋愛戦略術
恋愛カーストに負けない! 非美人でも愛される「ポジティ・ブス」な生き方
勘違い女子が陥りがちなポジティブス思考

●ライター/SAKURA(恋愛系動画ブロガー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする