暗い女がモテる彼氏と結婚するための心得3つ

【相談者:20代女性】
結子さん、Tさん聞いてください。最近、彼氏ができました。女性によくモテて仕事仲間にも人気があって、引く手あまたな彼です。忙しいからとデートの約束がなかなかできなかったり、メールの返事を待たされたり。私の頭の中は彼でいっぱいで、振り回されている状態です。

どう考えても、私の「好き」という気持ちが、彼の「好き」よりも上回っているようで、辛いです。この先、彼と付き合い続けていると、他の女性に取られてしまうとか、もっと辛いことが起きるような気もします。

でも、彼のことが好きなので、別れたくはありません。彼に結婚願望があるかどうかについてもよくわからないのですが、私が最終的に彼に選んでもらう(=結婚する)ためにはどうすれば良いのでしょうか。

a 「結婚」という目的ありきで相手を探すなら、“冷静さ”が必要です!

こんにちは! 結婚相談所で夫をゲットした熱き仲人、結婚相談所きららマリッジ代表・山本結子です。

このコラムでは、私の友人である“合コンは常に一人勝ち、10代の頃から彼氏が途切れたことのない最強のモテ女”Tさん(現在アラフォー)と、ディスカッションの上で、皆様からのご質問に回答させていただいております♪

Tさん:「う~ん! この相談者さん、暗い!」

山本:「なんて鋭利なコトバを……」

Tさん:「だって、ダメよこれじゃ。男性はね、虫と一緒! 明るい方に引き寄せられるの! だからね、女性はいつも明るく笑顔でポジティブに! そうすれば、男性は自然と引き寄せられてくるから」

山本:「そうね。ネガティブな考え方をしていると、彼といるときも、知らず知らずのうちにそういう内面が現れてしまっていそうだよね」

Tさん:「そう。それと私が気になるのはここ! “私の「好き」という気持ちが、彼の「好き」よりも上回っているようで、辛いです”。なんで辛いの? これ」

山本:「“愛は求めるものでなく、与えるもの”だもんね。私たちに言わせると(笑)」

Tさん:「そもそも“好き”の重さを計ろうとすることが間違ってる」

山本:「相手の気持ちを疑うヒマがあったら、愛を惜しみなく与えなきゃ、ね! というわけで、まとめると……」

140828yamamoto

(1)男性は明るい方に引き付けられる

男性は、虫と一緒だから(笑)! たとえ他に何人女性がいたとしても、最終的には明るくポジティブな女性の勝ちなのです。

(2)愛は求めるものでなく、与えるもの

「愛して欲しい」とばかり求める女にならないこと。愛されたかったら、見返りを求めずに愛することです。

(3)“好き”の重さを計ろうとしない

目に見えない“好き”の重さを計ろうとして何になるのでしょう。大切なのは、あなたが相手を好きだということ。それだけで充分なのではないでしょうか。


Tさん:「それとね。私が気になるのは、この女性は“結婚”がしたいのか、この男性と一緒にいたいのか、どっちなの? っていうこと」

山本:「どっちも、だと思うんだけど」

Tさん:「それなら、まずは彼がどうしたいのかを確かめるべきね。結婚願望が全くない男性もいるわけだから」

山本:「結婚できないくらいなら一緒にいたくない、というのなら……」

Tさん:「すぐに別れるべき」

山本:「結婚できなくてもいい。ずっと彼と一緒にいたいというのなら……」

Tさん:「それもまた良し。彼の気が変わることもあるし」

山本:「いずれにしろ、確認が必要ということね」

Tさん:「そういうこと!」

「結婚」という目的ありきで相手を探すなら、まずはそれに見合う相手かを見極める冷静さも必要、ということですね。盲目的に相手を好きになってしまう前に、その部分を確認することが大切です。

相談者さんは、既に相当、彼のことを好きになってしまっているようですが、ここは一度クールダウンして、彼の将来と、自分の将来についてじっくり考えてみるべきなのかもしれません。

幸せな未来が待っていますように。心から応援しています!

●ライター/山本結子(お見合い専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする