カラーセラピーで癒しの時間を! ネガティブな感情を浄化できるイメージング法

【相談者:20代女性】
最近の私は、仕事や家族関係でイライラすることが多く、あまり良い精神状態ではありません。先日、そんな不安定な状態のまま彼とデートしたのですが、案の定、些細なことで彼と口論になってしまいました。いつもならすぐに仲直りするのですが、今回は珍しく尾を引いてしまい、彼から、「お互い距離を置いてしばらく考えよう」と言われてしまいました。

そのときは、私も一旦その意見に同意したものの、後から、一体いつまで待てばいいのか、距離を置いて本当にお互いのためになるのか、もしかしたらこのまま別れてしまうのではないか……など、ネガティブな感情で一杯になってしまい、何も手につきません。

こんなとき、どうすれば良いのでしょうか。よろしくお願いします。

a 感情に蓋をせずただ感じることが重要です。

ご質問ありがとうございます。カラーセラピー専門家のKIMIです。

大好きな彼としばらく距離を置くことになったのですね。待つ間、不安や焦りでネガティブな感情が出てくるお気持ち、痛いほど良く分かります。

でも、ここは目先のことに捕らわれず、長いスパンで考えて本当に大切なものは何なのか、一緒に考えてみましょうね。

第一に、あなたがやるべきことは、どんなに辛くても今感じている感情に蓋をせず、しっかり向き合い浄化することです。

とは言え、ネガティブな感情と向き合うには勇気がいりそうだし、めんどくさそうだし……と逃げ出したくなるかもしれませんね。

しかし、この作業をクリアしない限り、どんなに前向きになろうと頑張ってみても、ネガティブな感情にブロックされ上滑り状態で、まさに砂上の楼閣。

ですから、ネガティブな感情を浄化することは、家を立てる時の土台作りと同じくらい大切なことなのです。

それでは、私がカラーセラピーのセッションで感情の浄化をするときに行っている、イメージングの方法をお教えしましょう。

140815kimi

簡単にできる浄化のイメージング法

まず、一人きりになれる静かな空間で、ソファや椅子にゆっくり腰掛けてください。ベッドで横になっても大丈夫です。時間は、夜寝る前か早朝が良いでしょう。どちらもできれば更にgoodです。

では、静かに目を閉じゆっくり深呼吸を繰り返しながら、あなたがとても美しい透明なブルーの光りに優しく包まれているところをイメージしましょう。

イメージができたら、あなたが今感じている感情を怖がらずに出してみてください。不安、悲しみ、苦しみ、怒りなど、いろんなネガティブな感情が出てきたら、それをジャッジすることなく、また否定することなく、ただひたすら感じてください。涙が出たら、止めることなく流れるままにしてください。

そして、あなたを包んでいる美しいブルーの光りがそれらの感情を全て洗い流し、浄化してくれるのをしっかり感じましょう。

感情をある程度出し切ったら、再び深呼吸を繰り返し、そのブルーの光りに感謝しながら静かに目を開けます。

以上、私がカラーセラピーのセッションのときに行う浄化の方法です。

ブルーには“浄化”の作用がありますので、このようにイメージで取り入れるだけでもかなりの効果があるのです。

このイメージングをあなたの感情のバランスが取れるまで毎日行います。すると、いつしかあなたの中で、不安や焦りが消えていることに気づくでしょう。それは、感情のバランスが取れるようになったサインでもあります。

愛を感じるイメージングで本来のあなたに戻りましょう

でも、これで終わりではありません。次にあなたがやるべきことは、あなたが自分自身に愛情をしっかり注ぐことです。

これも先ほどのイメージングと同じで、光りの色を浄化のブルーから愛情のピンクに変えるだけで良いのです。

自分自身が美しい柔らかなピンクの光りに包まれて、愛情をたくさん受けているイメージを感じ、そして、素直に受け取りましょう。

このイメージングを続けていると、あなたの日々の生活も変化してきます。自分自身を大切にできるようになってくるのです。

そして、いつしかあなたは愛情豊かで魅力的な女性になっていることに気付くはずです。それはきっと、周りの人たちのあなたへの反応によって分かるでしょう。

しかし、それはあなたが別のものに変化したせいではありません。本来のあなたに戻っただけなのです。

思い出してください。最初に彼と出会ったときのあなたを。キラキラと輝く優しい笑顔で、彼を励まし勇気づけ、素直な愛情を彼に注いでいたときのあなたを。

あなたは今、ネガティブな感情に翻弄されて、一時本来の自分を見失っているだけなのです。

冷却期間は癒しの時間

冷却期間は決して辛く苦しい時間ではありません。あなたがしっかりと感情を浄化して、本来の魅力的なあなたへ戻るための“癒しの時間”なのです。これを乗り越えると、彼との間にも何かしらの変化がきっとあるはずです。

今回の癒しの時間が、お二人の絆を更に深めることになれば良いですね。

【参考リンク】
・色には独自の意味がある!? “色”が人に与える心理的効果のまとめ | Libbon [リボン]

●ライター/KIMI(カラーセラピー専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする